東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

川越喜多院で自分さがし Vol.3 (2013.7)

ようやく第3弾です。第2弾も好評でよかったです。知人から、「写真技術より文章に力を入れてんじゃないの」と言われてしまいました。まあ、私にとって、写真は1点もののアートではなくて、小説みたいなものですから、それでいいんです。全体を鑑賞して楽しんでいただけたらと思っています。

ところで、前回は、前文で「心」について書きましたが、今回は、タイトルにあります、「自分さがし」について、思いつくままに書いてみます。

若い頃は、誰でも自分さがしをするものです。自分自身や自分の生き方に対して、不安を感じたり、苛立ちや寂しさを抱いたとき、人は自分がわからなくなり、自分さがしを始めます。自分の能力や資質を信じて、どこかに、今よりもっと大きな自分がいるはず、もっと幸せな自分がいるはずと、青い鳥さがしを始めます。若者だけではありません。還暦を過ぎてなお、さがし続けている人もたくさんいます。一生さがし続けて、見つからないまま逝って、転生して、またさがし続けるのでしょうか。まるでさがし続けることが目的であるかのように。こんな人たちに、こんな一言を差し上げます。

『失敗しない人は成功しない。何故ならチャレンジしないからである』

大きい小さいは関係ありません。世間体も気にするのはやめましょう。結果を気にせず、面白いと思ったことをやればいいんです。何事もまず一歩を踏み出さなければ始まりませんから。その意味で、写真はいいですね。『致知』という雑誌の先月号に、サトーカメラの専務さんの話が掲載されていました。その概要はこんな話です。

私は「栃木で1番の店にする」と公言して、朝から夜まで店に立って働きました。当時は、売ることしか頭になかったですね。3年間必死に働いて栃木1番の店になりました。私生活では高級外車を乗り回し、毎晩飲み歩き、スノボやゴルフやサーフィンもやりました。これが若い頃夢に描いた成功した大人のイメージでした。しかし、商品はどんどん売れるけど、それだけでいいのかという気持ちがだんだん芽生えてきました。

それが決定的に変わったのは本店がオープンした時でした。そのときの写真撮影会で、70歳代のおばあちゃんが、「こんにちは、私のこと憶えている?」と言うんです。しかし、さっぱり分からない。おばあちゃんは「60歳の時に旦那が亡くなって、やることもないから毎日パチンコをしてた。65歳の時、息子に子供が生まれてカメラを買った。でも使い方がよく分からないから何度もこのお店に来て、あなたにカメラの使い方を教えてもらった。それから、楽しく写真を撮るようになって、賞もいろいろもらった。あなたと知り合い、カメラを憶えたこの10年間が人生の中で一番幸せだった、ありがとう」って。

本当に感動しましたね。おばあちゃんのひと言がきっかけで、これからはきちんとお客さんのことを考えてカメラを売らなくてはいけないと思うようになりました。

こんな話です。頭で他人のためになんて考えなくていいんです。自分が楽しいと思うことを一生懸命やってみましょうよ。心から楽しんでいる姿を見ていれば、周りの誰もが楽しくなるものです。

rojist





よし、こんどはオレの番だ。3mは飛ばしたいな



くさ~。これヒドイ。死にそう。だから中国製の食べ物買うなって言っただろ



真夏に裸足でフルマラソンはしんどいわ。僧侶部門の記録更新狙ってないし。まあのんびり行くよ
オレはもうダメだ、これ以上走れない。今日はいつもより耳が大きいから調子悪いんだよ



昨日八百屋で竹の子買ってきて、穴あけて尺八作ったんだけど、指で押さえるとつぶれちゃうし、音でないし、使えないよ、これ
この場所は誰にも渡さんぞ。死ぬまでどかないぞ



おでこが重くて肩こりするし、真上見えないし、超困る。このでっぱり、何が入ってんのかな、誰か教えてよ



江戸時代じゃ、ペットといえばネコ。イヌがペットなんてずっと後の話だよ。オレなんか最先端なんだぜ
珍しさじゃ負けないぜ。オレのペットはこいつだぜ。ワイルドだろ~



ワタシのシカちゃんだって可愛いでしょ。シカってもシカトしてもなついてくるんだから。(し~ん)
オレみんなから土偶ってあだ名付けられてんだけど、似てないよな



ほおっておくと、なぜか頭がぐらぐら動いちゃうから、こうして押さえてるんだ。すっごい疲れるんだぞ、君にはわからんだろ



誰だよ、10円玉脳天に置いてったの。腹立つなあ。それより、これ持ってると疲れるから、カバン持ってきてよ。スーパーの袋でもいいから
私の顔ヘンですか。普通ですよね。私大丈夫ですよね。



これな~んだ。自分で大きくしたり、小さくしたりできるんだぞ。(ちょっと大きすぎない?)(^_^;)



座禅は好きじゃない。この座り方が一番落ち着く。昔近所の土手で、仲良しの女の子と二人並んでよくこうしておしゃべりしたもんだよ



お師匠さま、ふんどし替えてくださいよ。いくらなんだって、もう一週間ですから



「すみません、チョンボしちゃって」「はっはっは、法要の格好のまま結婚式に出る奴なんぞ、めったにない。オモロイやんか」



ちょっと目閉じて聴いてみて。いつもの牛じゃなくて、死んでる鹿見つけたから、皮はいで張ったんだけど



僧侶ファッションショー初めてだけど、ハデというか、奇抜というか、オレたち浮いてない?



パンパン。ギャ~。パンパン。ギャ~。パンパンパン。オギャ~

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/07/12(金) 08:29:34|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本門寺で1/f ゆらぎを体験する (2013.7) | ホーム | 羽田空港で「ヒコちゃん」のまね (2013.7)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/96-2f2a40ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (13)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (4)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ