ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

羽田空港で「ヒコちゃん」のまね (2013.7)

新しくなった羽田空港には、用事で何度か行ったことがあります。ですが、京浜急行を利用したのは今回が初めてです。都内からも横浜方面からも、ターミナル駅まで直通で行けるようになって、ずいぶん便利になりました。国際線ターミナルもできて、成田追撃体制も徐々に整いつつあるようです。

世界中の旅行者1200万人に聞いた、「世界のベスト空港」調査によれば、羽田が国内線空港部門で世界一、総合でも第9位だそうです。はとバスやクラブツーリズムでも、羽田空港は、旅行先としても大人気。飛行場は観光地ではなく、あくまでも経由地だと思っていただけに、新鮮な驚きです。

さて、今回は初めて飛行機の撮影にチャレンジしました。展望デッキには、予想通り、たくさんの飛行機写真マニアが出張っていました。こういう人たちはなんて呼ばれているのでしょう。鉄道写真マニアが「鉄ちゃん」ですから、「ヒコちゃん」になるのでしょうか。ゆるキャラみたいかな。「空ちゃん」はどうでしょう。いやむしろ「翼くん」のほうがかっこいいかもしれません。でも、鳥撮影マニアからクレームが入りそう。やっぱり「ヒコちゃん」ですかね。一応、ここだけの呼び方ですが、「ヒコちゃん」に決まり!

でも私は「ヒコちゃん」ではありませんし、飛行機オタクでもありません。どこに行っても、ミラーレス機に28-300mm(35mm換算)の一本挿し、望遠側の開放値もF5.6が限界です。基本夜景も撮りません。なので、できることは限られていますが、これで撮れるだけ撮る、撮れなければあきらめる、です。結果は、流し撮りはほぼ全滅でしたが、初めてのチャレンジにしては、飛行機が写っていただけで満足です。それよりも、飛行機を撮ることに注意が向きすぎて、羽田空港の楽しさを伝えられなかったことが残念でなりません。

アベノミクス効果だけではないのでしょうが、最近は豪華客船や豪華列車のクルーズが人気だそうです。それに対して、空の旅となると、激安のLCCが人気です。この両極端はどこから来ているのでしょう。なんとも不思議な現象です。

ひとつ事実から推察できるのは、LCCを利用する人は、豪華クルーズを利用しないということです。疑問は、むしろ、豪華クルーズを利用する人は、なぜ飛行機のファーストクラスを利用しないのか、です。おそらく、豪華クルーズはそれ自体が旅の目的のひとつなので、おカネをかけるが、飛行機は移動手段なので、おカネをかけたくない、そういう人が多いのでしょうか。飛行機も以前はそれ自体がステイタスの代表だったときもありましたが、時代も社会も変わってきたのでしょう。

rojist





カラフルな飛行機が多いなか、こんなスタイリッシュで男らしい飛行機が見たくていざ羽田へ



実際の雄姿がこれ。インテリアも上質の黒。空を駆けるシャチのイメージかな



飛ぶまでも、飛んでからも、重そうなジャンボ。重すぎていいことないよ、人間も
JALが普通の会社になって戻ってきた。再び驕ることなかれ



堅牢・軽量コンテナが当たり前の世の中。このコンテナは改善の余地がたくさんありそうだ



予報外れの曇り空。晴れたらもっときれいだったのに



小型はすぐにテイクオフできる。あわててパチリ。これくらいの大きさだと、空中浮遊の気分を味わえるね



どこへ行ってもおばちゃまたち。抜け殻男とパワフル女、分かれ道はどこだったんだろう
空港の結婚式は10分で準備完了。おカネ払って客寄せパンダになりたい人がたくさんいるみたい。これなら、どこかのショッピングセンターでもできそう



昔は煙突が乱立してスモッグまみれの京浜工業地帯。今や工場夜景ファン垂涎の場所。生きてればいいこともある



世界一周のPA001便に、その昔何度か乗ったことがある。大勢が旗振って見送る、まるで出征するような気分の時代だった
子供の頃、空を飛びたくていろいろ工夫したけど夢で終わった。そんなロマン好きなら、飯島和一著「始祖鳥記」がおすすめ



パイプトラス構造の空港が増えている。明るく開放的になった分、独特の空気と臭いが抜けてしまったみたい



電車内でスマホばかり見る人が、エレベーターを待つ間も、乗っている間も、階数表示ランプをずっと見ている。笑ってしまう
やらせじゃないよ。そのうち左手が出て、頭が出たら、怖いかも



影を消して撮ることが多い写真。もったいない。立体感と生命感は影から生まれるのに
この座り方がすごい!



4ヶ月ぶりに運行を再開した787機。気をつけていってらっしゃい



ゲートブリッジを見ながらのテイクオフ。国内地方空港便ならこれくらいのサイズのほうが機動性も稼動性もいいと思うけど
死を覚悟した人は強いという。着陸前はいつも死を覚悟してきたのに、全然強くなれない



千住博さんの大作「夜の湖畔」をこんなにしてすみません <(_ _)>



国際線のチェックインカウンターはシ~ン。成田に追いつくにはまだハードルが高そうだ
あいさつ。飛行機同士は頭を下げられないけど、人間同士ならいくらでも下げられる。頭を下げて損することはないし



世はまさにLCC時代。でも原発と同じで、事故が起きてからでは遅い。安全を最大のウリにしてほしい
飛行機も待合室もぜ~んぶkitty world。おもてなしは徹底してこそ効果がある。台湾の会社もやるね



雲の上の人になるより、地上の星になろうよ。地上のほうがよっぽど面白い



有名キャラクターのロイヤリティはんぱなく高い。費用対効果は冷静に分析するほうがいいよ
国際線ターミナルの「江戸小路」。ちょっとしたタイムスリップ感を楽しめる



カメラクルーがぞろぞろと8人も。一人でもすごい写真撮る人もいるのに



今回の撮影ターゲットは飛行機。いずれ電車と競馬、そしてモータースポーツ。先が長すぎる



ロウソクの炎の1/f ゆらぎをLEDで再現できる提灯があるそうな。ハイテクとローテクのコラボ、現代と伝統のコラボがすごい
今年の夏は猛烈に暑いとの予報。部屋にいて熱射病になるくらいなら、外でなってやる



永久脱毛したから袖なしが着れるけど、腕が太くて着たくないって。娘のグチ。努力せいよ



いってきま~す。bon voyage



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/07/04(木) 11:23:41|
  2. 大田区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川越喜多院で自分さがし Vol.3 (2013.7) | ホーム | かっぱ橋で景気ウォッチング (2013.6)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/95-d50cc63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ