ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

両国でやぐら太鼓を聞きながら (2013.5)

夏場所が始まりました。いつもながら白鳳中心の「1強他弱」のデジャブを見せられていささかウンザリです。一時は、毎年のように、年3回の東京場所を楽しみに出かけていましたが、日本人力士のあまりの期待外れに歯噛みするばかりで、最近は足が遠のいてしまいました。

今回、国技館の外の歩道で出待ちして、力士をカメラにおさめようとしていたところ、出口の正面に、おじさんたちの一群が陣取っていました。この人たちがすごかった。まだ幕下から十両くらいの力士でしょうか、相撲を終えて出てくるたびに、「OO(力士の名前)、ごくろうさん。明日またがんばってな」と声をかけていました。それもはるか遠くに姿が見えたときから、「OOが出てきた」と言い当てるのです。言い当てることもすごいのですが、それよりも、国技館で相撲を見ることもなく、力士に直接労わりの声かけをしていることに感動しました。返事はしなくても、力士はきっとうれしかったと思います。

それだけでなく、近くにいる相撲ファンの女性たちに、こうやって力士に声をかければ、一緒に写真を撮ってくれるよと、アドバイスをしていました。この人たち、ほとんど毎日ずっと同じところで出待ちしているそうです。ほんとに、相撲が好きなんだなと感心しました。

その後、駅の南側の相撲部屋6ヶ所を巡回してから、相撲の神様を祀った、野見宿禰神社にご挨拶。この神社のある亀沢には小規模の工場がたくさんあります。その中のひとつで、おやじさんとおしゃべり。アベノミクス景気なんてどこの世界の話だ、みたいなグチを聞かされました。やっぱりですね。マスコミの偏向報道もいい加減にしてほしいと思います。

続いて、横網公園へ。うっかりしたことに、両国なのでてっきり「横綱」だと思っていたら、なんと「横網」なんです。ここは元、陸軍省の被服廠跡地。年配の人なら、被服廠跡と聞いただけで、わかると思いますが、関東大震災のとき、ここに避難した人たちが持ち込んだ家具などに、火災の旋風が飛び火して、6万人ちかくが焼死してしまいました。公園内の記念館で、震災・戦災の遺品を見せていただきました。二度とこんな悲劇を起こさないように、震災対策を急がないといけません。復興予算の流用などもってのほかです。関係者は、みんなこの記念館を見て欲しいくらいです。

最後に、残念だったのは回向院です。なんといっても、回向院は江戸相撲の本拠地ですから、両国に来るたびに見ておかないと。でも、当日は、長野善光寺の仏様の出開帳が回向院で行われていました。戦後初、73年ぶりとのことで、すごい行列でした。そのため、普段は出入り自由な境内にも入れずじまいでした。しかたありません。またの機会にします。

rojist





大相撲トリビア。「満員御礼」の垂れ幕は満員でなくてもおろす。自己申告。満員御礼で出す「大入袋」の中身は10円ぽっち。満員の大安売り




どの相撲部屋もビルの1階にひっそりと。看板がなければ気づかないけど、あと50mくらいになると鬢付け油のにおいでわかる
大島部屋に看板はないけど、手形でわかった。右下はたぶん看板の痕




昆布じゃないよ廻しだよ。花柄や水玉があったら面白いけど、きっとひんしゅくかうよね




スポーツ・芸能の世界の繁栄にはタニマチが欠かせない。スポンサーなんて言葉使わないでほしい




相撲取りには独特のオーラがある。いいオーラは小手先のテクニックで出せるもんじゃない、毎日一生懸命やっているから出るんだ
相撲が体重別でないのは不公平だという人がいる。でも、小が大を制することこそ相撲の醍醐味と思う




歴史は事実でなく、作られたものが多いことを知っておきたい




四十七士の揮毫(サインのこと)。吉良邸にあるのは解せない。いつ移してくれるの。今でしょ




相撲の神様を祀る野見宿禰神社。本場所前はいつもここで神事が行われる




芥川龍之介歌碑。”阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている”(「河童」より)。”我以外皆我師”を忘れまい




言葉を記憶するのは難しいけど、歌は世につれ、世は歌につれ。歌なら記憶できる。ミューズ神のパワーはすごい




機械があまり動いていないから、ワンちゃんが爆睡できる。アベノミクスでてこい!




虫除けのビール缶。虫は反射光が嫌いなんだって。中身は好きかもね




フリーハンドで縦線は描きやすいけど、横線は描きにくい。紙を縦にすれば問題ないけど




関東大震災直後の浅草仲見世。悲劇再びにならないよう、震災対策を急がねば
震災の熱風で溶けたビン。人間ならどうなるか、想像してみよう




震災の熱風で溶けたビルの柱が痛々しい。可憐に咲く紫蘭が救い




元陸軍被服廠跡にたつ慰霊堂。震災の猛火によって、ここに避難した約6万人の命が一瞬のうちに奪われた




慰霊堂の上空。B29じゃなくてよかった

スポンサーサイト
  1. 2013/05/17(金) 08:05:40|
  2. 江東区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川越喜多院で自分さがし Vol.2 (2013.5) | ホーム | オヤジ目線で見たアキバ (2013.5)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/88-fbf3f940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ