東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

幻のマッカーサー道路&シオサイトを歩く(2013.4)

テレビ番組で、幻のマッカーサー道路が来年にはお目見えすることを知りました。1946年当時の計画では、虎ノ門から汐留までを道幅100mで通すことになっていましたが、どこかのタレントじゃないですが、「まぼろし~」になってしまいました。それが、道幅は40mに短縮されますが、ようやく実現します。本線の環状2号線は地下化され、地上部は街路樹を植えて、日本のシャンゼリゼ通りをめざすそうです。マッカーサーが日本を離れるときに言った言葉、”I shall return”(私は必ず戻ってきます)がほんとうになります。

このシャンゼリゼ通り(仮称)が汐留地区に入ると、そこはシオサイトです。旧新橋停車場跡地も、高層ビルが10棟以上もあるニュータウンに生まれ変わって10年がたちました。そのひとつ、カレッタ汐留の46階まで昇ると、東京の全貌を見ることができます。それがなんと「無料」なんです。ここは穴場ですね。押し合いへし合いしながらスカイツリーに昇らなくてもいいのですから。

上から東京湾を眺めると、東京がどんどん海に伸びていることを実感できます。そこで思ったのは、いっそのこと、東京湾を全部埋め立てたらどうだろうということです。東京湾の埋め立てをめぐって、江東区と大田区が領土争いをしていますが、小さい、小さい。中途半端だから争うのです。全部埋め立てるなら、まったく違う世界が見えてきます。なにしろ東京湾だけで東京23区が2つ入る大きさですから、東京69区になります。そうすれば区同士の争いなんて起こりません。液状化対策さえクリアーできたら、すべての土地が有効利用でき、房総半島も三浦半島も地続きになりますから、その経済効果といったら計算不能なほどすごいことになります。

山手線品川駅と田町駅の間にある品川車両基地も、来年には用済みになるので、ここにもまた巨大な再開発構想が持ち上がっています。でも一言、再開発というと、どの街も、似たり寄ったり、クローンタウンになりがちです。どうせ作るなら、22世紀の街のあり方、仕事の仕方、暮らし方などを想定したモデル地区造りにチャレンジしてほしいと思います。

丸の内でも、三菱地所と星野リゾートがタッグを組んで、大型天然温泉施設を建設中です。和風旅館というところがいいですね。海外旅行客の人気を集めることは間違いないでしょう。働いたあと、「一杯飲むよりも一汗流す」ことが、オシャレなシティライフになるような予感がします。いずれにしても、しばらく東京の再開発から目が離せません。

rojist






上棟なった虎ノ門ヒルズ。どこにいってもOOヒルズ。OO銀座みたいに安っぽくなりそう





52階のビルなのに、地下を高速道路が通り、地上をこの柱で支える。大丈夫だろうか。文系頭の限界を超えている




この道路が虎ノ門ヒルズの股下を通る。年中微振動するって、からだにどうなんだろう
現在は瞬時にして過去へと流れ去る。でも過去現在なくして未来は存在しない




幻のマッカーサー道路が約70年の眠りから覚める




歴史に弄ばれて遷宮を繰り返す日比谷神社。今度もマッカーサー道路の突き当たり。神様の無事を祈りたい
10歳を過ぎたシオサイト。いい子に育ったけど、もっとやんちゃでもいいと思う




丹下健三氏が設計したカプセル型のビル。どうせやるなら、カプセルが上下したり、360度回転すると面白いのに




こっちは黒川紀章氏の設計。カプセルホテルが誕生する10年も前にできた




ストリートマガジン『ビッグイシュー』はホームレスが発行し自ら路上で販売する。ホームレスでも自ら稼ぐ努力をしている。生活保護者にはできないこと?
なぜ狸は縁起がいいの?大きな金袋だからおカネが貯まるらしい




グラフィックデザイン界の綺羅星、平野敬子さんの展覧会がシオサイトで行われていた
楽ちんそうでいいけど、メタボになっちゃうよ




臭い空かしオナラと、大きな音の無臭オナラ、どっちが恥ずかしい?
パーソナルスペース。日本は鈍感、中韓は意識過剰




都心の昼間、視界に誰もいない空間って、けっこう恐怖体験なんだ




海に伸びていく東京を実感できる。どうせなら東京湾全部埋め立てちゃおうよ




どこまでも続くゼロメートル地帯。ますます心配になってきた
浜離宮の菜の花。こんな感じなので見に行くのや~めた




9本の命綱で支えられた超高層高速エレベータ。あなたの人生にとっての命綱ってなに?




4月1日の午後。入社日である一方、どのファストフード店も会社訪問(?)のリクルートスーツで満員
居眠りは健康にいいけど、長過ぎるのはNG。さあ、そろそろ元気出して次、行こう




鉄道発祥当時のレール。自ら決断してレールを乗り換えることは人生には何度もある。そこで備えている人と備えていない人の差がでる
鉄道起点の0マイルポスト。たまには「0」に想いを馳せてみるのもいいかもしれない




歩道橋もずいぶん人に優しくなったけど、歩道橋がないほうが優しくない?税金を払う人間が遠回りしなければならない世の中って・・・
おもしろい気候計測計。形状のせいで、正確にみえるから不思議




最近は就職先としてサービス業を選ぶ学生ばかりで、モノ作り人材の枯渇が心配。モノ作りあってのサービス業なのに
足の指が巻き爪だとこんな感じかと思って。歩きにくいだろうね




イタリア街が閑散としている。理由がわかる気がする。街区が小さ過ぎるし、キレイ過ぎるし、下町の猥雑さがまったくない。器だけ作ってもねえ
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/04/05(金) 11:13:11|
  2. 港区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<目黒のらかんさんに会いに行く (2013.4) | ホーム | 天国に一番近い街、巣鴨(2013.3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/82-e5fe5942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (13)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (4)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ