東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

天国に一番近い街、巣鴨(2013.3)

「おばあちゃんの原宿」とはよく言ったものです。竹下通りならぬ、地蔵通りは、この日もまたお祭のような賑わいです。人は年を重ねると、なぜ巣鴨に向かうのでしょうか。巣鴨のどこにそんな吸引力があるのでしょう。

それを確かめたいと、いつもよりゆったり歩いてみます。まず、目につくのは、ババ服専門店の多さです。婦人衣料・小物のお店が全体のおよそ2割を占めます。ハンガーが重なり合って、床から天井まで所狭しと並んでいるさまは、まるでドンキです。有名な赤パンツの店を除けば、どの店も似たり寄ったりの品揃えに見えるのに、共倒れもせずにがんばっているのが不思議です。また、ほかの街と比べると、和菓子・佃煮・漢方薬のお店も多いようです。さすがに、おばあちゃん御用達のお店は強い。よく似た商品でも、巣鴨で買ったというブランド価値は、想像以上に大きいのかもしれません。そのせいか、通りは、独特の空気感に包まれています。

これだけ大きなシニアマーケットがあれば、企業も力が入ります。地下鉄・巣鴨駅や西友巣鴨店のエスカレータは、お年寄りが転倒しないように、びっくりするくらい遅いのです。また、巣鴨信金は、振り込めサギの被害を防止するため、顔写真と合言葉が一致しないと、預金を引き出せない口座を商品化したり、ATMの手数料を年中無料にしたり、店頭で住民票や印鑑証明を自動交付できたり、年金を無料で宅配してくれたり、かゆいところに手が届くサービスをしているそうです。駅前のマクドナルドは、飲物サイズ表記は大・中・小ですし、レジの前にはバッグを置いて、財布を出しやすいようにカウンターがあります。なにしろ、お年寄りは神様なのですから。それにしても、想定しているお客は、おじいちゃんではなく、おばあちゃんです。寂しいのは、巣鴨が「おばあちゃんの原宿」なのに対して、「おじいちゃんのOO」、がないことです。世のおじいちゃんたちよ、もっと街に出よう!

この日、東京では早くも桜が満開となりました。統計上、二番目に早いそうです。ということで、巣鴨を後にして、染井霊園経由、ソメイヨシノ誕生の地、駒込をめざしました。せっかくだから、しだれ桜も見ようと、六義園まで足を伸ばしました。この日からライトアップということで、すごい行列でした。でも、正直、行かなくてもよかったかな、という感想です。

日本人の常識では、「花」といえば桜です。桜を鑑賞するから「花見」なので、梅でもないし、木蓮でもありません。桜はそれだけ特別な存在です。なぜ日本人は、桜に特別な感情を持つのでしょうか。私が納得できる理由が二つあります。一つは、短い命の散り際の美しさに対して、日本人のDNAが反応すること。もう一つは、人をウキウキさせる物質を桜花が放出することです。科学的に根拠のあることかどうかはわかりませんが、実際に、花見をしている人たちを見ていると、説得力があります。

最後になりますが、「おばあちゃんの原宿」訪問記念として、友達が送ってくれた川柳を紹介します。思い切り笑ってあげてください。

「日帰りで 行ってみたいな 天国へ」
「起きたけど 寝るまでとくに 用もなし」
「女子会と 言って出かける デイケアー」
「延命は 不要と書いて 医者通い」
「できました 老人会の 青年部」

rojist





辻説法している托鉢僧を見かけなくなった。お寺の門前には「托鉢僧お断り」の貼り紙も。歩く賽銭箱と揶揄されないようにしてね



旧中山道沿いにある地蔵尊。ジャイアント馬場より大きいのに、まだよだれかけしてる。恥ずかしいよ



不便な江戸時代の旅は手ぶらに近いくらい身軽だった。なぜ?もう一度「東海道中膝栗毛」を読んでみよう
神仏は、毎日普段着でお参りしてくれると喜ぶんだよね



ケロヨンおひさしぶり。やっぱり巣鴨は野外博物館や~



駅前太陽光発電所だって。いいね、これ
地下鉄巣鴨駅のエスカレータ。お年寄りが転ばないように、ゆっくり動いている



巣鴨のゆるキャラ「すがもん」のおしり、おもちろいよ



おばあちゃんの原宿は今日も元気で~す
お年寄りの好物は、意外にも堅焼きせんべいなんだって



巣鴨らしいといえばそうなんだけど・・・
こっちも巣鴨らしい。歳とるとガニ股歩きの人が増える。かっこ悪いよ。膝周りの筋肉を鍛えてね



なぜだかよくわからない、巣鴨名物の塩大福。商店街には塩分多めの食品が並ぶ。気ぃつけや
テレビクルーを前に舌好調の露天のおじさん



毎日毎日、水をかけられて、擦られて、肌がボロボロの観音さま。以前はタワシだったそうだ



お年寄りに優しい街だから、あちこちに常備されているAED



心配ごとがあると、お参りにも自然と力が入る



これぞ「ガマ口」。シャレと実用は相容れない見本だね
有名な赤パンツの店。服まで赤く染まっている



口あけて 日向ぼっこの ざくろかな



巣鴨の母のほかにもあるある、新宿の母、池袋の母、神田の母、吉祥寺の母・・・。母は強し!
狛犬ならぬ狛猿。庚申信仰の申をもじってのことらしい。そういえば「見ザル言わザル聞かザル」ももじり。猿はいじられやすい



都電、庚申塚駅にもあった、エキナカ。こちらは切符がなくても入れる
催眠商法とわかっちゃいるけどやめられない。騙す人生も、騙される人生も、御免こうむりたい



金物屋の脇道にある有形文化財みたいな万力
寂しげな巣鴨の青物市場。場外市場に野菜・果物中心のヘルシー食堂をたくさん作ればいいのに



警備員のおじさん、優しいなあ。なかなかできるものじゃない



千葉周作に遭いに本妙寺に
ついでに遠山の金さんにも、ごあいさつ



モノクロの世界でも桜色が目に浮かぶ



桜が咲く時期は、いつもより明るい染井霊園



白い桜花は背景の幹に映える



花弁密度が高くて元気そうな幹。さぞ血管(導管)が丈夫なのだろう



一流霊園の守り猫には一流の自覚があるのかもしれない
墓苑もカネ次第。墓石一つの墓地もあれば、塀で囲まれた大邸宅のような墓地もある



カラスにとって、墓石は最高の食卓テーブル



桜並木では誰もが上を向いて歩こう状態になっている



これぞ花道



北島康介や寺川綾を生んだスイミングクラブ。ここでは体罰はないのかな
天の道を裂く



ちびっこ暴走族



気球爆発事故を悼む。人生どこで何があるかわからないから今日を精一杯生きてみよう



一輪車や竹馬は身体のバランス力を高めるばかりでなく、脳の発達を促進するという
学食レシピ本が大ヒットした女子栄養大学



季節の花の分かれ目に立つ観音さま



六義園。控えめな桜吹雪。ぱっとやってくれ、ぱっと



写ボーイは邪魔になるけど、写ガールは絵になる。グスン

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/25(月) 23:05:05|
  2. 豊島区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幻のマッカーサー道路&シオサイトを歩く(2013.4) | ホーム | サクラサク。井の頭公園(2013年3月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/81-276f3dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (13)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (4)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ