東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

シュトーレンをつくりました

近所のドイツパン屋さんの立て看板に、シュトーレンを用意いたしました、とありました。ここのシュトーレンは、ドイツ人マイスター直伝なので、味はホンモノです。ドイツ菓子というと、日本ではバウムクーヘンが有名ですが、ドイツではお菓子パンといえば、シュトーレンです。なにしろ、クリスマスが近づいてくると、国民のほとんどがシュトーレンを食べるのですから。もっとも、シュトーレンを本格的につくると、手間がかかるので、最近ではドイツのパン屋さんでも、あまりつくらず、工場で大量生産されています。シュトーレンは、日本でも、ようやく市民権を得られるようになりましたが、自家製のシュトーレンを売っているパン屋さんは、ほとんどありません。




私も、ドイツに住んでいたときは、毎年この時期になると、シュトーレンの味を楽しんでいましたので、日本に帰ってからも、なつかしくて、あちこち探し歩いていました。でも、なかなか、これはというものが見つからないので、最近は、家でつくっています。私があれこれ細かいことを言うので、今では、自分でつくることになってしまいました。とにかく、私がつくる、唯一の食べ物なのです。

難しいのは、シュトーレンと一口に言いましても、十人十色というか、店で売っているもの、家でつくるもの、それぞれが、別物と思って間違いはありません。材料は、バターが多いもの、マジパンを使うもの、ドライフルーツが多いもの、中にクリームが入っているもの、アーモンドが入っているもの、など多種多様で、それも、分量の違いによって、味・色・硬さが違ってくるので、組み合わせは千差万別です。ですから、自分の好みのシュトーレンとなると、結局は自分でつくるしかないわけです。

シュトーレンは主にパン屋で売られているくらいですから、食物分類としては、パン目、菓子科、季節菓子属です。レシピに共通しているのは、小麦粉が中心ということです。しかし、我が家のシュトーレンは、アーモンドパウダーが70%くらい入っているのが特徴です。邪道といえば、邪道ですが、おいしければいいということでつくっています。その他は栗原はるみさんのレシピをベースにしています。アーモンドパウダーは100gで200円近くと高価ですし、我が家のレシピを、店で売るとビックリの値段になってしまい、商売になりませんから、同じものは売られていません。

というわけで、悪戦苦闘しながらつくったのがこれです。




どうでしょうか。おいしそうに見えますか。とりあえず2本つくりました。さっそく少し食べましたが、いい意味でびっくりしました。今までで一番おいしいシュトーレンができました。ふつうは、少しずつ食べていって、クリスマスに最後を食べるのですが、これではあと5本くらいつくらないとだめなようです。

rojist


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 08:32:22|
  2. 日々のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<代々木・千駄ヶ谷(2012年12月) | ホーム | ランキングを更新しました(2012年11月度)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/56-d6691c7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ