ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

武蔵野3公園(2012.11)

いよいよ東京でも紅葉の季節になりました。昨年の今頃はまだ現役でしたので、それほど目に留めなかったのですが、今年は、やたら目について、なんとなく気持ちがそわそわします。どうも不思議なものです。わずか1年で、見えるものが違っています。見えるというか、”意識して”見るものが違ってきたわけです。

視界に入っていても、それを意識しなければ、情報として脳に入らないのが、脳の仕組みのようです。たとえば、家から駅までの間、丸いものだけを意識して歩いてみるとか、赤いものだけを意識して歩いてみるとか。一度やってみてください。驚くほど、今までとは違った風景を見ることができます。先日もテレビ番組で、道ですれ違った人の特徴を聞いたところ、男性はほとんど何も記憶していなかったのです。その点、女性は気になったところはかなり覚えていました。男脳と女脳の違いもあるでしょうが、女性は、周囲を意識しながら歩いているのかもしれません。同じもの、同じ情報でも、新しい視点で見る訓練を積めば、新しい発見に出会うことがあります。これをセレンディピティといいます。

やりたいことが見つからないとぶつぶつ言っているあなた、言われた通りやっているあなた、ただスケジュールをいっぱいに詰め込んで自己満足しているあなた、実際には、脳はそれほど働いていないかもしれませんよ。「意識する」ことを意識しながら生活してみたら、来年は違った自分に出会うかもしれません。

というわけで、今回は武蔵野3公園といわれる、井の頭公園・善福寺公園・石神井公園に行ってきました。「晩秋の公園で出会うもの」を意識しながら歩いてみました。

まずは紅葉です。文字では「紅」ですが、そこは日本人の鷹揚なところで、黄色でも黄土色でも橙色でも、とにかく緑でなければいいんじゃない、というわけです。意識してよく見ると、さまざまな葉が秋の色に変わっていました。変わり方も時期も千差万別です。日本人もこういった個性が評価されるようになったらいいなと思います。

次に、公園に集う人たちです。天気がよかったためか、平日なのに、どの公園もにぎわっていました。でも公園によって特徴があります。井の頭公園には、女性・カップル・外国人が多くて、誰もが楽しそうな顔をしています。善福寺公園には、母子・ジョガーが多くて、誰もが穏やかな顔をしています。石神井公園には、ジョガー・老人が多くて、表情の乏しい人がたくさんいました。自分が歳をとってきて感じるのですが、歳より若く見える人と、年寄りに見える人と、その差が大きいように感じています。喜怒哀楽に乏しい人は顔の表情筋を動かさないから、知らず知らず顔の筋肉が緩んできて、たるみが早くなるそうです。どうせ表情筋を動かすなら、「喜」と「楽」だけにしたいですね。


rojist




善福寺公園のアートフェスタ。作品名「どんぐりのせいくらべ」。岩と波のイメージだけど、もう少しなんとかならないの?
こちらも、思い入れの強いのはわかるけど、こどもの遊びレベルかなあ





「おかあさ~ん」
おかあさんは、おしゃべりで大忙し。平日の公園の奥様密度はすごく高い





子供は遊びまくるから、夜熟睡できる。熟年も見習わなきゃね
公園の水飲み場には水筒がキープされている





光の魔術をまざまざ見せてくれる





モミジさん、去年より色っぽいね





このグラデすごいと思わない?志茂田景樹みたい
見てるだけで、なぜかうれしくなってきた





前ボケも意外に味わいがある
ちょっと絵葉書っぽすぎるかな





モミジ天井ってかんじ
掃除も遊びにしちゃう柔軟さがいいなあ





水辺のヨシ。あたりがパーっと輝いていた





カワセミを・カルガモ・ダイサギ・ユリカモメ。「カメジイ」は何時間もここにいるんだって
こっちにも





吹き溜まりで枯葉と遊ぶ女の子
これより井の頭公園。季節は変わってもいつもの風景が繰り返される





この日の公園も、写ガールが10人以上いたなあ





う~ん、なんで外国人のほうが様になるんだろう
東京都が進めている「思い出ベンチ」プロジェクトのベンチがたくさんあった





この季節、目まで黄色くなりそう
せっかくのデートなのに、スマホが相手じゃねえ





落陽に染まり始めた杉木立





しまいには、こんなふうになる
ネッシーじゃないよ





落陽の影が水面にも。あらためて太陽のパワーのすごさを実感した





親噴水の上に、子噴水乗せて
霊能者イチオシのパワースポットとして有名な弁財天。でも二社参りはご利益がないというから気をつけて





これより石神井公園。メタセコイアはジュラシックパークを思い出させてくれる





石神井公園は、平日の昼間でも散歩人がいっぱい
石神井池の水辺を照らす柔らかな陽射し





尾花がみんな同じ方向を向いている。行儀がいいね





お~い、空から見えるかい





石神井池の周りは豪邸街だから、一応撮っておこう
池のほとりの有名なレストラン





風見鶏のある豪邸
豪邸だと、枯葉の掃除もたいへんだね





あざやかなトリコロールに思わず足が止まった





水をなめるように枝を伸ばしている
しばし水鏡無私





陽を受けて透けて見える





遊具もあるし、枯葉もあるし、友達もいるし、子供たちは大喜び
子供たちだけじゃないみたい。じいさんムリするな





子供もじいさんも関係ない。ボクはじっとしているほうがいいよ
今晩はおでんにしよう





陸と水の境目がわからないね、って言っているのかな





三宝寺の墓地の向こうに突然現れた巨大な十一面観音
高野山の根本道場と同じデザインの大塔。大師に思いを馳せる





道場寺の鐘楼。お寺さんにはこれくらい控えめなモミジがお似合いかな
寒い日なのに元気に咲いてくれた。ありがとう





鎌倉様式の三重塔。美しかった

スポンサーサイト
  1. 2012/11/23(金) 12:51:14|
  2. 練馬区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ランキングを更新しました(2012年11月度) | ホーム | 新井薬師(2012年11月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/54-194bd08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ