ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

三田・麻布(2012年11月)

麻布は何度行っても面白い。なぜかって?それは麻布ほど平地という感覚をもてない土地は、都内ではほかにないからです。イメージするとすれば、ジェットコースターでしょうか。麻布台地はいくつもの川で削られ、分断されているため、あちこちに深い谷を形作っています。谷があれば山もあり、それをつなぐ坂も多くなります。

少し冗長になりますが、今回歩いたあとを辿りながら、そこが、山なのか、谷なのかを付け加えてみます。まず、田町駅から聖坂を上り、幽霊坂を下って、三田5丁目のレトロ住宅の密集地を巡りました。その後、綱坂を上って、ヨーロッパかと見まごうばかりの整然とした三田綱町を歩き、日向坂を下って、もうひとつのレトロ住宅地、旧三田小山町の雰囲気を楽しみました。「街こわし再開発反対」ののぼりがいくつも立っていました。それから、麻布十番商店街をブラブラ歩き、大黒坂を上り、暗闇坂を下り、途中秘密のドアを通って崖上に上り、普通の道に戻ってから狸坂を上り、一本松坂を下り、善福寺への道を探したけれど見つからず断念して、スロバキア大使館下の階段と坂を下りて谷底の町、旧宮下町の長屋街で一休み。それから狐坂を上り、仙台坂を下り、再び一本松坂、続いて大黒坂を下って麻布十番商店街に戻りました。それから、狸穴の鼠坂を上り、植木坂を下り、「和朗フラット」を一回りしてから、永坂を下り、地下鉄の麻布十番駅までたどり着きました。今日はここで終わり。さあ、いくつの坂を上り、下ったでしょうか?あらためて数えたら、上り7回、下り10回でした。回数だけで距離や坂の勾配はカウントしていませんが、いかにこの街が山と谷ばかりか、わかっていただけるでしょうか。

今回ぜひ訪れたかった「和朗フラット」を見ることができてよかったです。スパニッシュ・コロニアル風の外観は、80年の歴史を経て、まったく斬新さを失っていないばかりか、さらに成長し続けているようです。水洗トイレにタイル貼りの浴室、スチームの暖房など、当時の日本では超のつくほど新しい住宅だったそうです。建物の雰囲気は写真でもわかりますが、優しい空気感は現地を訪れないとわからないかもしれません。現在では、どんな人たちが住み、どんな暮らしをしているのか知りたくなりました。

rojist




こんなに穏やかでゆるやかな空間は珍しい





壁はめくれ、瓦は崩れてる。でもなんとかなるものだ
ダンボが飛んだ、空を飛んだ、そして空を一回りした





へんなとこ撮らないでよ!しょうがないでしょ、したくなったんだから





そうそう、みんな個性があっていいよ
もうちょっとうまく化粧するほうがご利益ありそう





ゴテゴテ飾らず、すっきりしているのに、おしゃれを忘れない。美しく生きるヒントかも
民家と零細工場が共存する町、それにネコも。こういう町にイヌは似合わない





小さな手をいっぱいに広げているみたい。「わーい、わーい」。声が聞こえてきそう
まずい、悪玉コレステロールに見えてきた





震災も戦災も乗り越えた三田小山町(旧称)は開発の嵐に耐えている
坂や階段の多い町。ジムに通うより、ここに住むだけで足腰は強くなる





100年住宅をめざしたアールデコ調の小山湯。目標まであと10年。でも5年前に廃業。残念!
最近の若者にも、これくらいの生命力がほしい





ビル群が巨大な津波に見える
川が交通路として使われていた江戸時代、古川べりに材木商がたくさんいたそうだ





ようこそ麻布十番商店街へ





日本語がなければ、まるでパリの街並みそっくり。驚いた





知る人ぞ知る、秘密のドアを通ると不思議空間が広がっていた





四方を高台に囲まれた谷底に、窮屈そうに暮らすひとたちがいる





超高級マンションと谷底の長屋。ここにも格差が見えた





車幅より狭い家。どんな家族がどんな暮らしをしているんだろう
すべて石造りの安藤記念教会。ステンドグラスは中から見なけりゃねえ。閉まってて残念





外国語もある、麻布の道路標識
この子たちが大人になったとき、世界はもっと仲良くなっていると思う





モミジもいいけど、紅葉したツタはもっと深イイ絵になる
かわいいリュックがいっぱい





狸穴の奥の鼠坂。「令狸執鼠」(適材適所の意味)という言葉があるから、この2つ、まんざら縁がないわけじゃない
掘りすぎじゃないの?危ないよ、右の建物





80年を超えてなお現役の「和朗フラット」。元気をもらえた





洋の建物に和の植栽、不思議にバランスが取れている
好きだな、この感じ





暖かい光が漏れる、小さなお店。歴史の風が優しく流れている

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/11/17(土) 22:40:10|
  2. 港区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新井薬師(2012年11月) | ホーム | 高円寺2(2012年11月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/52-80741ba6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ