東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

神楽坂 2 (2012年7月)


今年二度目の神楽坂。夏祭りの賑わいと谷地の景色を撮りたくて、夕方でかけました。この日の催しは、先輩格の高円寺とのコラボで練り歩く阿波踊りです。私は、祭りが始まるまでの雰囲気が高揚してくるさまに興味があったので、踊りは見ることなく帰りました。でも、祭りの雰囲気は堪能できました。同じ祭りでも、下町のそれとは、空気や匂いや色が違うのですね。粋と気品に満ちていました。神楽坂の自負というんでしょうか。神楽坂の人たちは、心底自分の街が好きなんだ、ということが伝わってきました。

神楽坂というと、料亭街や路地やおしゃれなお店たちが有名ですが、土地の高低差による変化を楽しめることも特徴のひとつではないでしょうか。神楽坂を歩くときのわくわく感は、そういうところにあるのかもしれません。坂の西側の高級住宅地もいいですし、東西線の神楽坂駅の北側の谷地に入ると、一気に庶民的な空気に変わって、これがまたいい感じです。以前赤城神社に行ったとき、眼下に広がる谷地に興味があったので、今回、赤城下町への散歩になりました。

この谷地には、小さな出版社、印刷会社、製本所がたくさんありました。電子出版が台頭してきて、出版業界の勢力地図は今後激変してくると思われます。しかし、いつの世でも、どの業界でも、成功したいと、誰よりも強く願って、不断の努力を続けていけば、成功への道が見つかるものです。どうぞ頑張ってください。

rojist




見たことのない帯の結び方。さすが神楽坂、粋だねえ





トリコロールカラーの着物がシャープなので、帯の結び方をソフトにしてバランスを取っている。頭のぼんぼりもさりげなく色合わせ。おっしゃれー




 
こうして見ると、浅草とは雰囲気がずいぶん違う。気品がある
着物を着ていても、やっていることは同じだね




 
神楽坂通りに陣取る見物人。阿波踊りが始まるのはまだ2時間もあとだよ
沿道には外国人もたくさん。いい思い出を持って帰ってね





人間って、目の高さにあるものに親密感を覚えるかもしれない。上から目線も上目使いも、もうやめようよ





半端ない生命力に感動した





神楽坂の高級住宅街。緑の壁が続く小路




 
巨大な車輪が屋上に。宇宙人と通信するためのアンテナかも
建物全体で力いっぱい自己主張しているところがいい。私もおおいに反省しなきゃ





てぬぐい屋さんの軒先。どれも夏っぽくていいね





玉砂利を埋め込んだおしゃれな路地。突き当たりを右に下り、階段を下りると、下町風の商街が現れる




 
神楽坂の横丁で迎えてくれたねこちゃん
赤城神社の西に広がる谷地、赤城下町の路地奥にあるちいさな児童公園




多くの井戸は谷地にあることに最近気づいた。おそらく庶民が谷地に住んでいたから

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/29(日) 09:01:55|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ランキングを更新しました(7月度) | ホーム | 上池袋(2012年7月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/35-55d7dfc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ