ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

多重の梅雨 (2017.7)


梅雨といって、何をイメージするでしょうか。雨、紫陽花、食中毒、カビ、サビ、コケ ・・・。紫陽花を除けば、どれもこれも湿っぽい。からだが痒くなりそうです。頭の中にもカビがはえそうです。考えていたら、なぜか「イパネマの娘」が頭の中を流れたので、CDをかけてみました。意外でしたが、梅雨空にボサノバがフィットするのです。小さな発見です。そしたら、だんだん元気になって、紫陽花を見に行きたくなりました。突然に。

近所で湿っぽいところといえば哲学堂公園です。旬を過ぎた紫陽花を見ているうちに、すべて多重露光で撮ってみたくなりました。以前にも、この公園で撮ったのですが、どうも、そんな空気に満ちた公園なのかもしれません。

雨あがりの午後、人もまばら。花といっても、紫陽花のほかに、色気もあまりなくて。ウキウキした気分にはなりません。それでも、最初からウキウキしていたわけではないので、無駄な力も入らずに淡々と。

撮影も1時間程度で終わり。帰ってから現像したところ、RAWで撮影したはずなのにJPEGになっていました。マニュアルを調べたところ、「多重露光ではJPEGデータのみ」とのこと。わ~知らなかった。がっかり。できるだけ早く改善してほしいものです。

静かな、静かなアルバムになりました。

rojist







哲学と紫陽花の相思相愛。




日影で頑張る紫陽花は、日本人の気質?




雨も風も嫌い。暑いのも寒いのも嫌い。でも四季のある日本が好き。




小さい頃、空には天井があって、深い池には底がないと思っていた。




井戸、竹垣、紫陽花。日本の夏。少しムシムシしてきた。




細い人は雨に濡れにくい?





季節外れを見つけたとき、なぜか楽しい。




丸いものを見ると、「かわいい」より「強い」と感じてしまう。




観賞用として人気のシダ。我が家にも。部屋が湿っぽいのはそのせい?




移り気と人は言うけれど、それでもいいよ、美しいから。




自然界にはたくさんのキャンバスがある。見つけたいと強く思う人には見つけることができる。




虫のついた女性。




夢。男は白黒、女はカラーが多いという。それとなく納得できる。




透明水彩では白は紙の白のままと先生は言う。けど、真っ白って存在しないと思っている私はどうすればいい?




天の川、みたいな。




梅雨の空気はカラフル。




きのこのき。




湿潤の森 ver.1




湿潤の森 ver.2




紫陽花のかつら。




哲学堂のねこと問答中。




うっ、片目眼帯作戦に出た。




いきなりのウインクでKOされた。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/30(金) 08:46:38|
  2. 中野区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝顔市に集まる人たち | ホーム | 踏切のある風景 (2017.6)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/220-51973b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ