東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

哲学堂で多重露光をやってみました (2016.12)

カメラを始めて5年が経ちました。最初の2年は東京の路地ばかり撮りました。毎週あちこちを歩き回りました。狂ったように。ときどきは不審者扱いされました。とにかく路地は閉鎖的な世界ですから。それほど遠くない将来に、東京からなくなってしまうだろう路地の姿を、ただただ記録に残したいという気持ちから。昭和の東京の生活の場であった、長屋、井戸端、横丁、そういった有機物が、無機質な高層ビルに取って代わられる前に。500以上の路地を巡ったでしょうか、撮りながらも、路地は次々と消滅し、拡幅され続け、まるで撮影とのスピード勝負をしているようでした。そして、思わず微笑んでしまう路地が見つからなくなって、ついに、路地撮影をやめました。路地撮影家、ROJISTの臨終です。

いまだに当初のブログ名「東京路地ランキング」を使っていますが、以来、画はスナップに変わりました。コンセプトも「東京には物語がある」に変わりました。写真技術を競う愛好家が多い中で、技巧を凝らさずシンプルに、ただ、小さな物語を感じるシーンがあれば撮っています。

そんな私が、今回、初めて「多重露光」に挑戦をしました。友人から夜景撮影に誘われたのですが、機材は持っていないし、多重露光?露光間ズーム?などなど、まったく頭になかった技術ばかり。感性だけでは無謀です。機材は後で揃えるとして、まずは練習をしなければ。ということで、手持ちで昼間でもできる多重露光の練習をしてきました。場所は、中野区の哲学堂公園。以前、ここの哲学世界をアルバムにしましたが、今回は、なにしろ、多重露光がテーマですから、右脳と左脳をフルに使いながらあちこちをぶらぶら。二枚目を意識しながら一枚目を撮るなどの高等な技など使えるわけもなく、とにかく二枚を重ねてみました。明度によっては目立たなくなってしまうので、一枚目に何を選ぶかが難しいです。失敗の連続でしたし、ただ重ねただけですが、なんとかアルバムにしました。記念なので。

でも、重ねることで、新しいものが生まれることを知りました。これは面白いかもしれない、そんな一日でした。

rojist





二花繚乱




未確認生物




乾燥肌




かなしばり




モミジ風呂




道端族の視線




あかぎれ注意




役にたたない傘




色域が広くて深い紫色。そんな人になりたい。




肺の血管もどき




懐疑主義のあるべき姿を懐疑する人




眼科に行かなきゃ




上りにくい階段




小さなプロジェクションマッピング




骨粗しょう症




枯れ木に花




瓦にはある「古美る」という言葉が人間にはない。残念ながら。




意外と庶民的な神?




赤はすべての始まりの色、力の源。今日は赤を着よう。




なんとなく雅な雰囲気




哲学堂燃ゆ



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 09:25:37|
  2. 中野区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夜の多重露光でがっかり (2016.12) | ホーム | 都心秋麗 (2016.11)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/205-57d3973f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ