東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

中野の小さな秋祭り (2016.9)

日本全国で秋祭りのシーズンがやってきました。都内でも週末になると、あちこちで「ワッショイ、ワッショイ」の声が聞こえてきます。ついつい腰が浮いてしまいます。大きなお祭りは何度か見に行きましたが、どうもプロっぽい担ぎ手やイベント屋っぽい仕掛けが見え隠れしていて、それはそれで、文句なく楽しめるのですが、今年はなんとなく、小さいお祭りが見たくなりました。

そこで訪れたのが中野です。前回のブログでは50周年を迎えた「ブロードウェイ」でしたので、2回連続です。中野でも、サンプラザやブロードウェイなどの北口駅前の繁華街を素通りして早稲田通りに至り、その向こうの住宅地の、いかにも昔の鎮守様をお祭りする、何のサプライズもない、地元の人による、地元のためのお祭りです。

撮り終えて、「わあ、こんなの、撮れちゃった」みたいな達成感はありませんが、昔からずっと、同じことを、同じように、繰り返しやってきたんだろうなという、お祭りなのに、なぜか心が穏やかになりました。不思議な感覚です。歴史なんて、大事件ばかりが起こっているように見えて、実は日本中ほとんどの地方では、同じことを同じように、繰り返してきたのだと思います。これも歴史なんだと。歴史を色々なベクトルで見ることも必要なのかもしれません。

rojist





子供の頃、こんなに真剣になることがあったら、もっと別の人生を送っていたかもしれない。




お祭り騒ぎは、今や女の子の方が積極的。男の子の10年後が心配。




やっと見つけた男の子。男はやっぱり単純、純粋がいい。




懐かしい駄菓子屋発見!それにしてもモノが多い。う~ん、ちょっと違うかな。




「狭いから、御輿かつぐのやめて!」「御輿をぶつけないように、静かに!」の掛け声。盛り上がらないなあ。




笛は明らかに縦が吹きやすい。でも横笛の方が優雅に見える。ナルシストは横笛を好むのかもしれない。




あっ、やっぱり形から入っている。




形から入りすぎてんじゃないの?




見せられる脚と見せられない脚があることを、もう少し自覚してほしいものだ。男だけじゃないよ。




伝統継承って簡単じゃない。継承する人と、される人の努力忍耐がありがたい。




木密地域の御輿は担ぎ手も気を使う。自転車や植木鉢をどかしながら進む。




女性がいるせいか、動きが緩慢で、写真にもスピード感がでない。




ということで、カメラ側でスピード感をだしてみた。




御輿を下ろして、ふっと一息をついたところ。




最高の笑顔がブレてしまった。残念!




祭りの季節には着物の女性が増える。着物に着られている女性が増えるのも愛嬌。どんどん着てほしい。





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 16:53:59|
  2. 中野区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中野ってどんなとこ?(2016.10) | ホーム | 中野ブロードウェイってどんなとこ?(2016.9)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/200-370f2499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (13)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (4)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ