ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

小石川(2012年5月)

小石川という地名は、加賀の白山神社の分社を本郷元町に祀ったとき、神社とともに移住してきた人々が故郷の「石川」という名をしのんで「小石川」と呼んだことに由来しているという説があります。このほかにもいろいろな説がありますが、私にはこの説がぴったりきます。現在では、小石川後楽園や小石川植物園のように、冠名があることで、多くの人になじみがあるでしょう。

今回巡ったのは、小石川と春日、それほど広い地域ではありません。もっとも期待以上だったのは、慈眼院でした。隣の大きな伝通院と比べると、ちっぽけなお寺さんですが、みどころはたくさんありました。まだ訪れていない人は、おすすめします。

路地探しの点では、収穫なしです。期待していた小石川2丁目と3丁目の崖地のほとんどが、マンション化されていて、みるべきものがありませんでした。地震のことを考えても、前後左右をビルに囲まれてしまうと、ほんとうの高低差や断層が見えなくて、心配になります。

rojist





 

お地蔵さんに清めの塩を盛ると、健康になるそうな(小石川・源覚寺)
これはなんでしょう?(ヒント:参拝者が多くて・・・)




古い家屋が立ち並ぶ小石川二丁目




山門にしては軽すぎ?桃みたいな印の意味がわからない(慈眼院)



 

とり残された小さな祠が悲しそう

古い手水舎の新しい柄杓




温泉なら気持ちいいだろうなあ




すり鉢の底に霊穴(おあな)の祠。空気が湿っていた




 

「この水、放射能大丈夫かな、コンコン」
霊穴(おあな)には迷路のような鳥居の群れ




煩悩の玉をくわえた木魚。自己中心的な人は煩悩を感じないそうです




植物にとっては地面も屋根も関係ないようだ



 

変な腕相撲
あなたの頭みたいにつ~るつるにしてください



 

地震がきたらたいへん
地上を走る地下鉄




おみくじの牛




そうか、水戸徳川家の屋敷だったから後楽園なんだ(小石川後楽園)



 

この石堤、中国の「蛇籠」に由来しているのだろうか
親が子供に寄りかかっている。逆パラサイトみたい




写生は人それぞれの性格も写す




背景の存在感を弱めたら、睡蓮の舟に見えませんか?









関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/04(月) 11:29:26|
  2. 文京区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はじめまして | ホーム | 墨東綺譚の世界(2012年5月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/20-2457aef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ