ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

東池袋・鬼子母神(2012年5月)

路地サイトで見て、なかなか面白そうなので、行ってみたのですが、池袋のサンシャイン60ビルのすぐ裏に、こんなに大きな路地の街が広がっているとは、思ってもみませんでした。正直驚きです。

この路地ワールドの特徴といえば、辻広場がいくつかあることです。路地を巡っていると、閉塞感を感じたり、呼吸が苦しいような感覚に襲われますが、そこに広場が現れるとホッとします。

東池袋から雑司が谷の街を歩き、都電荒川線を越えて鬼子母神に行きました。ここには牧場があったらしいですが、面影が残っていません。鬼子母神は平日なのに、たくさんの人がお参りに来ていました。境内では、40年以上前、馴染み深かった唐十郎劇団の「赤テント」があって、びっくりしました。唐十郎さんは怪我で出演できないそうです。テレビでもそう言っていました。

rojist





ハンサムな板塀にまいってしまった




初夏の匂いを振りまく旧宣教師館




路地に大型消火器。邪魔?それとも安心?




昭和の初めまで、豊島区にはたくさんの牧場があった




路地の町、東池袋5丁目にはいくつもの「辻広場」がある。ベネツィアのピアッツァを思い出す




路地を横切る一両編成の都電




狭い路地の真ん中に電柱でござる




東池袋5丁目の路地ワールドは比類しがたいほどスケールが大きい




路地の家はどうして貼り紙に寛容なんだろう




長い路地で息苦しくなったころに現れる辻広場は人工呼吸器みたいだ



 

ツタのお化けみたい。通りがかる人を襲ってきそうだ

レトロな商店街にはレトロな店とレトロな客が似合う




こんな広場の使い方も下町ならでは



 
「日の出優良商店会」にはゆる~い空気が流れていた

全国から探してきたものが所狭しと。「1年2組」の箱ってどうよ





区境でも町境でも丁目境でもないのに、道路のあちこちに境界板がある







鬼子母神の参道になぜか洋装店





鬼子母神の奉納桶。金属製は珍しい




唐十郎さんの赤テントが鬼子母神の境内に出没。舞台は怪我で延期だそうな





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/03(日) 22:55:34|
  2. 豊島区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大塚(2012年5月) | ホーム | 三社祭2012(2012年5月)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/17-692b0a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ