ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

URaHaRa street art (2014.8)

しばらく行かない間、原宿はまた膨張していました。肥大といえば失礼ですが、進化といえば褒めすぎでしょうか。原宿駅から表参道を行って、明治通りを越えたあたりから、青山通りまでの広い地域は、誰が名づけたのか、「裏原」(ウラハラ)と呼ばれています。スペース的には、駅から明治通りまでの、いわゆる「表原宿」の5倍以上もあります。

竹下通りと表参道をメインストリートとする表原宿に対して、裏原のメインストリートは表参道のほかには、原宿通りと南北のキャットストリートです。今回は裏原地区のあちこちで見るストリート・アートが中心です。アートと言いましたが、実は落書きです。しかしこの落書きがこの街に不思議にフィットしています。落書きというより、英語のグラフティのほうが似合います。

グラフティアートでは、NYのクイーンズが有名ですが、裏原の落書きも、グラフティ+アートとして認められるようになれば、それを見に集まってくる人たちも増えて、より面白い街になるのではと思います。

「前衛芸術」という範疇は、いつの世でもラディカルで、イリーガルで、アナーキーで、デストラクティブなものです。それが、ごく限定的な空間を占拠している間は、文化に成りえませんが、それが、ひとつの街を占拠するくらいに膨張してくると、「前衛」が「文化」に変わる瞬間がやってきます。裏原にはそこの極みを目指してほしいと願っています。いや、もう「文化」の領域に達しているかもしれません。

ただ、夜中に住人の許可も得ず、スプレーしていくようなことは厳しく取り締まるべきです。そのかわり、住民の理解を得ながら、街ぐるみで、落書きスペースを確保するとともに、アーティストを公募して、選別し、レベルの高い作品を展示していってはどうでしょう。期待しています。

rojist






国立駅が趣をなくした今、都内にある停車場風の駅舎は原宿駅だけ。いつまでもガンバレ




超軽量シューズに慣れた今、硬くて重い靴が押入れの奥に山になっている。そろそろ処分どき




「永遠」「forever」が好きな人たちは、きっと会話に「絶対」という言葉を使いたがると思う




せっかくのキレイな落書きに、汚い落書きを重ねないでほしい。それが落書きのルールだと思う




落書きと壁絵との違いがあいまいになってきた




姉妹かな。似ているね。落書きバックでも絵になる彼女たち。落書きをパブリック・エクステリアのひとつに認めてくれた人ってすごいと思う




汚れたガレージの中。うわべじゃないよ中身だよって言いたいげな




落書きの壁を残したまま家が建つ。落書の街だから。施主の太っ腹に喝采を送りたい




キティもミッフィーもディズニーも、夢を売る人気キャラクターほど、えげつない著作権ビジネスをしていないだろうか?




かぶり物が流行っている。整形もひとつのかぶり物だろう。それで自信と笑顔が得られればそれもいい




こういう人たちばかりいる一角が裏原にある。いやおうなしにビジター気分にさせられた




落書は、読んだり、意味を知るものじゃない。感じるものでいい、と私は思う




田舎(だしゃ)から生まれたと言われる蔑称、「ダサい」。「カワイイ」の反語みたいだけど、このふたつ、意外に近いかも




最近の絵画は2次元のキャンバスにこだわっていない。キャンバスにできない素材はない。勇気があれば




毛細血管みたいな路地の端の端まで、この街は貪欲に使い尽くされている




若者がビールを飲まなくなった。苦い、不味いという。明らかに味覚が変わっている。いずれ世の中甘いものしか残らない?




路地の落書きを見ながら遊ぶ子供たちは、少なくても人前で表現することに躊躇しない大人になるだろう。うらやましい




デザインフェスタ・ギャラリーには大小70部屋を越えるレンタルスペースがある。訪問者の3割が外国人という。日本人も、もっと行ってみたら




ギャラリーというより、アートパークの雰囲気




「あの落書きの角を左に曲がって、その落書きのある家の2階」、なんて道案内できる街




工事現場のフェンスは、立派な広告スペース。もっともっと活用すればいいのに




世の中あらゆる分野で活躍するのはオタクたち。日本という国は、救世主たる「ものずき」の登場が待たれている




近眼も老眼も白内障も、最先端の眼内レンズで治るようになった。メガネ屋さん、目がまっ白




絵に上手下手はあっても、良い悪いはない。写真も同じだろうか




作品を見るとすぐ、「どこに飾る」「いくらする」と考えてしまう。どれだけの芸術家がそれを考えずに創作しているのか、知りたい



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/08/05(火) 08:14:09|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<阿佐ヶ谷の夏祭りといえば (2014.8) | ホーム | 東大駒場潜入 (2014.7)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/139-83b17f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ