東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

HARAJuKu street culture編

現役のとき、一番うれしかった連休はGWでした。夏休みは暑いし、年末年始は寒い。親戚巡りとか、なにかと決まった行事もあって、あわただしく過ぎてしまった、という記憶が残っています。一方、GWは、気候がいい、若葉や花もきれい、花粉症の時期もちょうど終わった頃、などなど、連休を楽しめる環境が整っています。

「GWには毎年10日間以上連続して休日を与えなければならない」、というような政令を出したらどうでしょう。そのほうが、労使ともにわりきって仕事の段取りができますし、行楽の季節ですから、連休期間の経済効果も期待できるでしょう。

それはともかく、「毎日が日曜日」の身になりますと、わざわざ混雑するGWに遠出することに意味はありません。それに、シニアが大挙して観光地に出かければ、それが混雑や事故の要因にもなるので、かえって迷惑をかけます。連休中、シニアは家で静かにしていましょう。なんて言えば、ひんしゅくをかうでしょうか。

しかし、特に連休後半は天気もよく、近場なら、ということで、原宿に行ってきました。なぜ原宿かは、特に理由はありません。直感です。あえて後付けの理由であれば、連休=混雑。だったら、一番混んでいるだろう都心の街に行ってみよう。どこだろう。そうだ、原宿だ。そんな連想だったのでしょう。

やってきました原宿駅。さっそく驚いたのが、改札制限です。車両事故も人身事故もありません。ただただ混雑によるものです。やっとのことで改札を出ましたが、その時点で竹下通りはやめて、表参道にしました。ところが、表参道も大混雑。牛歩どころか、亀歩と言ったほうが正確なくらい。明治通りを越えて、少しは楽になりましたが。キャットストリートのあたりでは、雑誌カメラマンたちでしょうか、ストリートモデルになりそうな、おしゃれな若者を待ち構えています。よさげな子が見つかると、路地に連れて行って撮影する、そんなことを繰り返していました。

よくぞ、これだけ大勢の人たちが集まってきたものだと感心した一日でした。街人の努力があれば、ほかにない特別な街に作り上げることもできる、ということにも感心した一日でした。掲載は2回に分けて、今回は、ストリートカルチャーを中心に、次回は、ストリートアートを中心に掲載します。乞うご期待!

rojist






「カワイイ」は、あいまいだけど、便利な言葉。実は何も言っていないのと同じなのに、雰囲気を壊さない。STAP細胞と同じくらいすごい発明かもしれない。だから国際語の地位を得たのだろう




肩掛けのトートバッグがさまになっている男。誰もチラ見しない、ふところの深~い街




原宿駅。陽が強すぎても弱すぎても、水が多すぎても少なすぎてもダメ。花も人間も微妙なバランスの上に生かされている




原宿には行列店が多い。多いのはいいけど、行列が公道を占拠していることに問題はないのだろうか




表参道ヒルズ前の行列。あなたは2時間並んでポップコーン買いますか?




大混雑の表参道で、輝いているモデルが通るのを待つカメラマン。でも、輝かないまま時は過ぎていく




ストリートファッションもプロの目に留まればうれしい。目に留まりたくて、行ったり来たり、ウロウロする若者がたくさん




タクシー券が使い放題だったとき、たかがタクシー券でも、使えばビジネスの流れが好転したこともある。タクシー業界も潤った。そこまで行けるかアベノミクス




原宿を知らない人はすぐわかる。この犬に近寄るから




突然スポットライトを浴びて主役登場。一瞬で人気をわしづかみしてしまった。名を「こてつ」という




ボトルが重そう。首が凝らないかな




カラダは正直だ。一度ゴムパンツをはき慣れると、元に戻すのは辛い。タバコも同じ




ひらひらスカートが見た目にも涼しい季節になった。メンズのひらひらパンツには、袴がある。流行ればいいな




非公認のふなっしーの年収が2億円との噂。アナウンサーもフリーが儲かる。でもフリーターや非正規は貧乏のまま。その違いを考えてみよう




昔、「へんなおじさん」っていう歌がはやった。変なおじさんばかりだったら、変にならない。もっと面白い世の中になっているはずだ。おじさんよ、もっと変になろうよ




"ever after"なんて、気負うから終わりが来る。"ever before"くらいのほうがいいよ




恋人なら1時間以上待ってもいいという人、あと1年たったら、10分も待てなくなる。たぶん




ロシアのフィギアスケート選手、誰だったか、キャンドルスピンがすごかった。毎日ストレッチやってるのに・・・




かっこいい部分焼けもあれば、かっこ悪い部分焼けもあるのがわかったような気がする




道の真ん中で堂々と撮っているのに、靴下の間から盗撮みたいになっている。今のご時世、アブナイアブナイ




スピード出せないし、口は渇くし、髪は乱れるし、ゴミが飛んでくる、いいことないよオープンカー。でも乗ってみたい




男35歳くらい、ロン毛、肥満。裏原あたりを徘徊する習性あり。性格、優しくて神経質、たぶん




裏原のストリートカルチャーは、外国人にもトレンディらしい。旅行ガイドにも人気スポットとして紹介されている




最近の商品は機能とデザイン、どちらが欠けても売れない。自転車も例外ではない。シャーシー以外すべてカスタム?これだけ徹底すれば気持ちいい




裏原は誰が売り子で、誰がお客かわからない。み~んな似てるから




シースルーだけでなく、オープンエアの美容室まで登場。人目が気にならない女という生物、まるで理解できない




スカートやショートパンツがどんどん短くなる。ときに下尻が見える。一方ハイウエストパンツもよく見かける。上にずり上がっている?




秋みたいな雲にびっくり。そうやって地球環境がだんだんと変わっていく。人間はゆで蛙になるのだろうか




「お似合い」は男女の間の話だけではない。居心地のいい「お似合い」の街を見つけたときの喜びは何ものにも替えがたい




怒りを抑えきれなくて、壁に向かって叫んでみた。意外にすっきりした。またひとつ乗り越えられた




パイナップルケーキの専門店。こだわり方が微妙なわりに、メンテ費用が気になる




原宿には移動販売車も多い。こだわりなんだろうね。束縛されたくないのが




赤のコーデに目がいくけど、白の羽根つきパンツがとんがってる。この街では、着るほうも、見るほうも半端じゃない




多種多様、自由奔放、これが原宿。いちいち目くじらたてちゃいけない。シャッター街より、よっぽど熱気がある




どこに座り込んでいても、なぜかオシャレ。ピクニックしてるみたい。たたずまいが違うのか。外人は得だよね




どの駅にもレンタサイクルがあると便利。全国共通会員制レンタサイクルクラブがあればもっと便利。専用道路があればもっともっと便利


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 10:45:14|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぶらり途中下車の旅。 都電とバラ (2014.5) | ホーム | ぶらり途中下車の旅。 都電と緑と赤 (2014.4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/129-cc1b58c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ