ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

水ぬるむ。崖線に沿って (2014.4)

崖線に興味をもったのは、恥ずかしながら、わずか2年前くらいです。ちょうど写真を始めてすぐ。ぶらぶらと街撮りしながら、どうして東京って、こんなに山坂が多いんだろうという疑問がわいてきました。

東京で生まれて、いままた東京に住んでいるのですから、なにをいまさらっていう感じです。平地に住むことが多かったから、地形に鈍感になっていたのかもしれません。また、山の下から上まで建物が密集していることも、自然の地形をわかりにくくしているのかもしれません。

特に山坂の多いのが山手線の内側です。ここにはローマと同じ、7つの丘があります。北から南に、「上野台地」「本郷台地」「小石川・目白台地」「牛込台地」「四谷・麹町台地」「赤坂・麻布台地」「芝・白金台地」です。その間を縫うように谷地が走っています。

丘の端では急峻な崖を目にすることがあります。特徴的な場所として、たとえば、山手線の上野・田端間。線路に沿って、4kmくらい、赤壁のような長大な崖が続きます。田端駅を横切る切通しの下に立てばその高さは感動ものです。根津神社から湯島天神を通って神田明神に至る、神社をつなぐ2.5kmの崖も印象的です。椿山荘のすぐ西、胸付坂に代表される目白台地の崖や、神楽坂を上った牛込台地にある赤城神社から西側の崖や、麻布台1丁目の山から落合坂までの、息を呑むほどの高低差などを前にすると、起伏の激しさに呆然としてしまいます。

実は今回は、国分寺崖線に沿ってポタリングをしてきたのですが、前置きの崖の話が長くなりました。ご容赦ください。国分寺崖線は、多摩川が古来からの侵食作用で出来た崖地の連なりですが、等々力渓谷の先まで、標高差20mくらいの崖が約30kmも続きます。スケールの大きさは山手線内側の崖とは比べるまでもありません。崖の下の湧水群や湿地の動植物など、都会化が進む東京においては、自然の宝庫として貴重な存在になっています。

西国分寺駅から南に坂を下ったところに武蔵国分寺跡があります。武蔵国は東京の古称です。武蔵の国を睥睨するスカイツリーが634m(ムサシ)にこだわったのも、よくわかります。しかし、天平の昔は、武蔵国の政治の中心は国府(現在の府中)であり、宗教的中心は国分寺でした。まさに東京の中心はここにあったのです。周辺はまだ発掘が続いていて、興味や知識がなければ、ただの野原に見えます。近くまで住宅街が迫っていて、ここにも開発と保存のせめぎあいの様子が見て取れました。

国分寺楼門のすぐ後ろの崖下に「お鷹の道」という、人ひとりしか通れない道があります。その横を流れる小川に湧水が流れ込んでいるので、びっくりするほどの透明度です。それにしても、崖線の傾斜は50度以上はありそうなのに、住宅がびっしりとへばりついているのには正直驚きました。崖の上につながる階段を、買い物袋で一杯になった自転車を、ふらふらしながら押し上げているおばさんがいました。都心の崖でも同じ光景を見たことがあります。防災上問題があることは言われなくてもわかっているのです。でも、崖の生活は今日も続いています。

rojist





東西1.5キロ、南北1キロの壮大な武蔵国分寺跡発掘現場。開発と保存のせめぎあいが熱い。今のところ開発が優勢か




8世紀に作られた「東山道武蔵路」がこの下に保存されている。幅12m、側溝もあった。心は天平の時代に飛ぶ




車と人間には、それぞれに心地よい道がある。両立はできない。道路計画の基本哲学として取り入れてほしい




ダンプの通る道端に咲く花もあれば、遊歩道に咲く花もある。「置かれた場所で咲きなさい」という言葉が頭に浮かぶ




尼坊跡。このまま保存は難しいから、いっそ復元したらどうだろう。座禅体験道場なんていいかも




国分寺金堂跡。世界中どこでも愛を叫べると思っていたけど、国分寺の中心は、愛は叫べる雰囲気じゃない




国分寺楼門。帰宅後遊び派と寄り道遊び派に分かれる。習性は大人になっても変わらないと思う




風水では白い花がたくさんあると金運がダウンするという。そういえば、我が家の庭には白い花ばかりある




真姿の池は心が洗われる。すべての思考は「脳」が司るのが常識の現代にあっても、「心」の役割はますます大きくなるばかり




お鷹の道の湧水。PLフィルターがまったく用をなさないほど透明だ。でも、生きていくうえでの「透明」はきついかも




湧水の小川は子ども達の遊び場。大人だってほんとは水遊びしたい。だけど何かが邪魔してる




さすがに崖線にへばりつく家は違う。玄関まではエレベーターに乗って行く




こんな家も。毎日がボルダリングみたい。足腰に障害のある人には薦められないが、丈夫な人なら予防策になる




崖線にはこんな場所もある。最初は、自ら駆け上がり、駆け下り、次に、自転車を引き上げ、引き下げてみた。結論、住みたくない




先が見えない人生。先が見えたら、どんなにスッキリするだろう。でも見えたら見えたで怖い気がする




5ヶ所から流れ込む湧水池。幽水池の雰囲気。東京経済大学の構内にある。「まむしに注意」の看板があちこちに




自転車を脇に抱えて山道を下ったら、貫井神社に。今日一番疲れた




「♪大きい真鯉はお父さん、小さい緋鯉は子供たち」。歌詞にお母さん鯉はでてこない。お母さんは女子会に行ってるんだって



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/24(木) 13:51:53|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぶらり途中下車の旅。 都電と緑と赤 (2014.4) | ホーム | 横浜山手をぼちっと (2014.4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/127-8c3d2c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ