東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

梅は散ったか、桜はまだかいな (2014.3)

春惜しむ 深大寺そば ひとすすり  (皆吉爽雨)

この句によって、深大寺そばが全国に知れ渡るようになったといわれています。そばの季語である秋や冬ではない時期に「そば」と詠んだ珍しい句です。いかなる季節であっても、深大寺に来たら、そばをひとすすりしたくなり、すすったら、句にしたくなる、その気持ちはよくわかります。

今回深大寺を訪れたのは、ひとつにはそばを食べること、もうひとつは、神代植物園です。この公園はお寺のすぐ裏手にあります。都内の植物公園では最大の約48万平米もあって、約4500種10万株の植物が植えられています。四季を通じて様々な緑や花を楽しめることで、人気があります。深大寺は家から自転車で30分、気軽に出かけられる場所なので、何度かそばを食べに行きましたが、植物園に入るのは今回が初めてです。多分。記憶にないので、そうなのでしょう。

それにしても、3月21日という、中途半端な時期ですから、梅は散りかけているだろうし、桜はまだだし、百花繚乱にはほど遠いといわざるをえません。もう少し遅くすればいいのでしょうが、それでも行きたくなったんですから、今でしょ。

行ってみたら、カメラおじさんやカメラおばさんがたくさんいました。みんな同じなんですね。みんなそろって、今でしょ、今でしょ、今でしょの声が、合唱のように聞こえてくるようです。なまじ花真っ盛りの時期より、混雑していないし、目移りもしないので、良かったのかもしれません。

今回花を撮りたかった理由がもうひとつあります。今までは28 - 300mm、F4 – 5.6のズーム1本差しで撮ってきましたが、室内などちょっと暗い場所だと、うまく撮れません。いつも不満を抱いていたところに、Zuikoより50mm、F1.8のレンズが2月末に発売されましたので、思い切って購入しました。このレンズをつけて試し撮りすることがもうひとつの理由です。

固定焦点レンズを使うのも初めてなら、花を撮ることもほとんどありませんでしたから、まったくの試行錯誤の一日でした。結果、たくさんのことを勉強しました。まず、被写体との距離を自分の足で測らなければいけないのが面倒で、すぐにズームに付け替えたり、それでは練習にならないと、また標準に付け替えたり。新レンズの前評判がいいわりに、ちゃんとAFできたはずの写真がピンボケだったり、人工頭脳のようにもっと優れものだと思っていたのに・・・。レンズの付け替えに慣れなくて、キャップを失くしたり。ちょっと時間がかかりそうですが、がんばってみます。

新しいF1.8の標準レンズで撮った写真は、コメント欄に★印をつけました。
rojist






★F1.8標準レンズで試し撮り。良し悪しや好き嫌いを超えて記念の一枚




★珍しい梅の大木。咲き誇る桜は自分大好きなタイプ、空を透けて見せる梅は他者を活かすタイプ。と分析してみた




迷路のような枝。公園の木を枝から枝に飛び移って遊んだ子供の頃を思い出した。体も今と違って枝のように細かった




★なにもない空は恐ろしい。真っ暗闇と同じだから。雲に見立てた梅花で空を汚したら世界が戻ってきた




オオカンザクラに群がるカメラおじさん。いい歳して、ここまでできる純真さがほほえましい




★F1.8レンズで、紙より薄い様を撮りたかったけど、ピンボケで残念!戒めにしたい一枚




★こっちはどうだろう。う~ん、難しい。勉強しなきゃ





★初めて見たカタクリの花。この根を片栗粉に創りあげた人に敬意を表したい。花を愛でてるだけではそういう発想はできない




ハチジョウキブシの森。重いほど引力に逆いにくいのは真理。思わずお腹をさすってしまった




大勢の中で目立つのは難しい。背伸びするより、足腰を鍛えるのが先だろう




ピンクパンパスグラス。強風の中、空に向かってシュルシュル、ざわざわ、おしゃべりが止まらない




動物のようにどこにでも移動できないが、植物には、体裁なんて気にせず、地べたをはいつくばっても生き抜く力がある




はじめて出会った「からたち」。秋に小さな白い花をつけるらしい。思わずお千代さんの歌を口ずさんでいた




中国人の好きな色といえば、赤と黄色。好きなのは勝手だけど、隣人が黄色い砂に迷惑していることを忘れないで




これもピンを外した残念な一枚。せっかくいい感じの色の世界が作れそうだったのに




梅はそろそろ散りかけだけど、いいんだ、オレは熟女好きだから




★梅は花より枝ぶりが好き。ゴツゴツした枝に可憐な花の違和感がたまらない




映し撮りが好きなせいか、ついやってみたくなる




★食用や化粧品に椿油がよく使われている。からだに良い油もたくさんあるらしい。油=悪者の考えは捨てよう




★何かが生まれ出そうに花芯が輝いている椿を見つけた。椿姫誕生?




★盛者必衰の理。生きながら死ぬよりも、いさぎよく死を迎えたい




★老化が進むと皮膚が薄くなり、抵抗力が弱くなる。植物に学ぶことがあるかもしれない




★人間の体には、14本の経絡、その上に670のツボ(経穴)があるという。指10本じゃ足りないや




モネの「白い睡蓮」に描かれている太鼓橋としだれ柳。きっと睡蓮には日本の景色が似合うことがわかっていたんだろう




そば屋ばかりじゃない。ファストフードもお土産も、なんでも「そばOO」。そばのテーマパークや~




「湯気」といえば料理が美味しそう。「スチーム」といえば肌がきれいになりそう。言い換えの妙味




おみくじの運は引くときの運。毎日引けば毎日運が変わるのが道理。一喜一憂しないほうがいい




昆虫のような角、歪んだ口、屈折した左腕、薄いあばら、疲れそうな足の踏ん張り方。滑稽だけどご利益があるらしい




鬼太郎の下駄は、脳波で自由に操って敵を撃破する。壁や天井も歩ける。子供の頃を思い出せばいい。誰もが同じような発想をしただろう




根巻きされた苗たちが嫁入りを待つ。あとは生かすも殺すも主しだい。万物の王者である人間は、その責任の重さも最大でなければならない




20軒以上のそば屋のランキングがネットにでている。♪そんなの関係ねえ♪ 商売上手のそばよりも、そば好きな職人のそばを食したい

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/03/25(火) 13:01:07|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ママデモ (2014.4) | ホーム | つるし雛に会いに行く (2014.3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/123-73121a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ