東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

36000人が走った!(2014.3)

日曜日の朝、テレビをつけたら、たまたま、東京マラソンの交通規制のニュースが流れていました。ボーッとして見ていたら、突然、「そうだ、マラソンを撮りに行こう」。強い衝動にかられました。その日は別のことをする予定でしたが、予定変更です。

今までマラソンを撮りに行ったこともありませんし、見に行ったこともありません。マラソンはテレビの特等席で見るのが一番と思っていましたから。特に、東京マラソンなんて、観客でごったがえしているだろうし、普通なら見に行こうなんていう気持ちにはならないのですが、それが見たい、撮りたい、という気持ちになったのは、好奇心が旺盛になってきている証拠です。それも、好奇心が行動に結びつくということに大きな意味があります。おそらく、右脳も活性化してきているのでしょう。右脳人間への変身をめざしている身ですから、決して悪い兆候ではありません。

新宿にはスタート直前に着きましたが、規制で都庁には近づけませんし、歩道橋の上も禁止です。以前、明石で歩道橋が倒れて大惨事になったからでしょう。しかたありません。そこで、人ごみにまぎれて、曲がり角に位置取りしました。最初に車いすのランナーたちがスイスイと走ってきました。流れるように。すごく静かです。そのあと、一般のランナーが来ました。すごい人数です。地響きがします。

車いすと一般のランナーの表情に違いを見つけました。車いすランナーは真剣そのもの、明らかに勝負にこだわっているようです。一方、一般ランナーは穏やかでニコニコ、マラソンを楽しんでいるようです。それも、よく見ていると、一人ひとりに、このマラソンに臨むに至った物語がありそうです。すべての物語を紡いだら、壮大な抒情詩ができあがるかもしれません。

新宿から、中間点の日比谷を経て、ゴールのビッグサイトの3ヶ所に行きました。どこもすごい観客でしたが、それよりも36000人ものランナーの迫力に圧倒されました。しかも見た目、半分以上のランナーがコスプレをしているのです。たくさんの観客もコスプレをしています。マラソン大会というよりも、巨大なコスプレ大会のようです。これぞ、コスプレ大国日本です。

コスプレランナーの写真集がでるくらいですから、もう定着しているのでしょう。人を撮るのははばかられるこの頃ですが、公衆の面前を走るのは、一般人であっても、すでに個人情報保護の対象から外れていると理解しているので、積極的に撮りました。どの顔も楽しそうでした。スポーツであれ、芸術であれ、仕事であれ、自分を表現することが、人間を豊かにしてくれるのだと思います。

rojist





スタート前の新宿西口。日曜朝はまだひんやり。歩道橋ももうすぐ閉鎖される。事件・事故が起きるたびに、警備が厳しくなる




「頭山」という落語がある。頭から桜の木がはえて、いろいろ展開する話。ペーソスもある




「愛してる」を言えない男が多い。言えば最後、女に主導権を握られるとわかっているから。「好き」なら言える。その場限りだから




警察やボランティアのおかげで、安心して走れる。ルールがあるから自由の価値がある




ランナーばかりじゃない。応援団のコスプレ化も進んでいる




9時5分。車いすランナーがスタート。障害があるからこそ、勝負にこだわるのだろう。自分のために




9時10分、36000人がスタート。離れていても、地響きが伝わってくる。心まで響いて、ジ~ンと熱くなってきた




スタートは難しい。雰囲気に飲まれて沈んでいく人がいかに多いか。なにごとも、自分を知り、自分に勝つことだけをめざせばいい




ランナーそれぞれに、走らなければならない理由がある。一人ひとりの物語をつづれば壮大な抒情詩になるだろう




なにレンジャーかわからないが、いま戦隊ものの俳優が大人気らしい。マスクの中も手を抜けない




けっこう濃いキャラのランナーが多い。どんなコスプレが見られるか楽しみ




新宿から日比谷に移動。屋台も特別限定メニューで盛り上げる?えっ、これで限定?




トップグループは品川を折り返して日比谷に戻ってきた。中間点を通過中。アフリカ勢ばかり。筋肉のしなやかさに感動




背が10センチ高ければ、見える世界がまったく違う。たぶん、人生も変わっていただろう




トマト?農家の人だろうか。ちょっとしぼみ過ぎ。もっと丸々して美味そうなトマトにしてほしい




高齢者と外国人が目立つ。世界中で一番走りたいマラソンが東京になる日が近いかもしれない




10キロ地点の日比谷交差点。10キロ走るってたいへんなのに、まだこの大混雑。マラソンが特別な人だけのものではなくなった




アンパンマンみたいな顔の人がいた。もっと早く気づけばピントあったのに




フルマスクで走るのはたいへん。2倍は疲れるかも。酸素不足で心配停止になる前にやめておいたほうがいいよ




女性のほうが持久力に勝る。生命力も勝る。忍耐力も柔軟性も美しさも。男を死ぬまで働かせるのも女の知恵だと、最近わかった




グリコプリッツがふなっしーとコラボして梨汁ブシャー味を出した。人気商品と人気商品を掛け合わせても成功するとは限らないのがビジネス




最高!はだしでフルマラソン。キリストより過酷な道のりかも。君は十分にメシアだよ




「日本のどこかであの女優が旅をしている」のメッセージ。大根と女優、どんなからみ?あっ、大根役者?かぶりもの変えたほうがいいかも




あらためて見ると、世の中には面白い顔って、たくさんあるようだ




ゴキブリキャラ?なんのキャラかわからないけど、存在感があるから、思わずパチリ。手の中のルミックスは容貌に似合わず可愛い




日本中、どこにでも出没するタイガースファン。走るより、ウケ狙いにご執心。ウザいよ




ピンボケだけど没にしたくない。このいいかげんなメイクが笑える




この人も負けてない。笑ってちゃんと撮れないよ。没にするのは惜しいので




イイネ!ファッション性といい、パフォーマンスといい、群を抜いていた




ゴール近くの有明に移動したら、異様ないでたちの若者に遭遇。顔を見ずに走って通り過ぎた。振り向かれたら嫌だったから




ゴール地点のビッグサイト横は、厳戒態勢。ボストンマラソンで爆発事件があったしね




ゴールを目の前にして力尽きる人がいる。成功を目の前にしてあきらめる人がいる。精神力だけでない、なにかが足りないと思う




ここにもいた。ゴール直前に、脚が痛くて前に進めなくなった人。観客は誰も心配してくれない。いっそ這っていけば、注目されるよ




ランナーが走っているうしろで、突然踊りだした人。けっこうキレがいい。でも、なぜ?




あと100m。疲れの色も見せない。かっこいいよ




恥じらいのなさがうらやましい。このままの姿で帰るのだろうか




こっちのほうがもっと恥ずかしい。走るたびに透けシメジが揺れる。女性は同姓の透け乳見て恥ずかしくないのかな




42.195キロのゴール前。険しい顔、顔、顔。それでも、人間は自らに試練を科す。ほかの動物はそんなことはしない




脚だけじゃない、長距離を走ると服に擦れて乳首が出血する人が多い。男もブラかニップレスを着用するほうがいい




しきりに時間を気にする人。このあとバイトが入っているのかな




ゴール直前までこの姿勢をキープするのは、簡単ではない。体幹がしっかりしているから美しく見えるのだろう




ティンカーベル?楽しんでるね。がんばれ~




わぁ、ピカチュー。う~~~ん、かわいくない




世界一コスプレランナーが多い東京マラソンは、世界一楽しいマラソンでもある。次は、参加者数世界一をめざせばいい




3時間台でゴールした超人じいさん。あんたはえらい!




精一杯の変顔。あんたもえらい!




こっちも変顔。本人たちは必死なんだろうが。表情筋を動かせば老け顔にならないというから、いいんじゃない




あらかわいいカメさん。甲羅が重かったでしょ。それにしても、こんなに速いカメがいるとは知らなかった




普通の人が普通の格好で普通の速さで走っても、東京マラソンでは、まったく注目されない。それでも、満面の笑み。完走おめでとう




えだまめ男。寒い日のマラソンだから、ちょうどいいかも




女性は激しいトレーニングをすると、胸から痩せていくので、結果貧乳になる。でもこの理論、外国人には通用しないかも




松田優作みたいなのが走ってきた。ちょっと間抜けっぽい。タバコくわえて、ピストルもって走るくらい、徹底してほしかった




スーパーマンなんだから、もっとしゃきっとしなさい。それにしても、伴走なのに、なんでひとりで走ってんの?




4時間を超えると、ランナーたちがぞくぞくとゴールしてくる。完走したすべての人に、おめでとう


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/03/05(水) 10:09:21|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つるし雛に会いに行く (2014.3) | ホーム | 雪のち光・・・そして願懸け (2014.2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/121-b40b7a2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (13)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (4)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ