東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

オリンピック会場ってどんなとこ?後編 (2013.11)

前回の台場・有明に続いて、今回は晴海・豊洲・辰巳・夢の島です。私の世代だと、夢の島=ゴミの島というイメージを持ちやすいのですが、初めて行ってみて、びっくり。自然豊かな都会のオアシスになっていました。大きく育った樹木と並木道、充実したスポーツ施設、熱帯植物園、素晴らしいマリーナ・・・。それでも、巨大なゴミ処分場があるので、意識してあちこちでにおいをかいでみましたが、まったく臭くありません。

東京のゴミ処分が問題視されてからずいぶん経ちますが、東京都の埋め立て処分場は夢の島が満杯になり、あらたに中央防波堤地区に埋め立てられています。それもいつ満杯になるか心配です。

焼却場の数も日本は世界一です。イギリスの22倍以上もあります。使い捨て文化の先頭を走るアメリカと比べても3.5倍もあります。焼却場の数が多いということは、それだけ、ゴミの量が多いということです。当然ダイオキシンの排出量も世界一です。なぜこんなになってしまったのでしょう。

江戸時代には社会に根付いていた「もったいない」文化が、今の時代には、なくなってしまいました。以前、ノーベル平和賞を受賞した、アフリカのマータイ女史は、「もったいない」という日本語に感銘を受けて、環境保護活動を展開されています。言葉だけの日本、実に恥ずかしいことです。

「ゴミゼロ社会」が理想でしょうが、生きている以上、どうしてもゴミは出ます。でもゴミが出ても、繰り返し再利用できたり、リサイクルして別なものとして利用できれば問題がありません。どうすればそれ以外のゴミをゼロにできるかです。例えば、リサイクルできない材質を使う容器や包装材を作らせない法律を整備するなり、リサイクルできない容器や包装材に税金をかけるなどの対策が有効だと思います。

また、以前住んでいたドイツでは、デポジット・システムというルールがありました。例えばビールを買うとき、一定のお金を徴収され、空き瓶をお店に持っていくと、お金を返してくれるシステムです。現在では、多くの先進国でも採用されているようです。わかりやすくいえば、日本では家電製品を廃棄するときに、廃棄代を取られるので、不法投棄がなくならないわけで、それが、廃棄するとお金が戻ってくれば、不法投棄は減ることになります。街中でも、使い終わった容器を専門のボックスに入れると、お金が出てくるなど。廃棄代のデポジット・システムはぜひ日本でも導入してほしいと思います。

ゴミの話が長くなりました。そうそう、オリンピック会場予定地巡りでした。ほとんどの予定地はまだ野原のままでした。今回心配に思ったのは、会場ではなく、会場をつなぐアクセスでした。選手村のできる晴海、セーリングの若洲やクロカン・ボートなどの海の森近辺も今は孤島です。なんらかの手当てはするでしょうが、ゆりかもめの延伸だけでは輸送力不足は否めません。狭い地域に観光客が集中しますから、混雑緩和措置も必要です。建物は7年あれば間に合うでしょうが、大量輸送が可能な交通網の整備は簡単ではありません。LRTの導入も長短あります。はっきりした計画の情報も見当たりません。

東京オリンピックは、コンパクトがウリだから歩いてくれ、なんてことにならないようにしてほしいものです。

rojist





田舎でも都会でも、うろこ雲はどこにでもやってくる。秋を連れてやってくる




靄に煙る晴海ふ頭。見え過ぎないほうが美しいものもある。4Kテレビなんて必要だろうか




白鳳が優勝する少し前、大鵬が亡くなった。白鳳は優勝インタビューで、大鵬への黙祷を場内の観客に呼びかけた。感動。日本人より日本人らしいとは、そのとおり




ビッグサイトや幕張メッセができる前、見本市はほとんど晴海で行われていた。竹芝桟橋からわずか5分の船旅がすごく楽しかった




選手村予定地も、今は巨大な空き地。奥に三角屋根の晴海客船ターミナルとレインボーブリッジが見える
新技術説明会が行われていた。入口は何人も黒服がいて厳戒態勢。ベールを纏った車も見える。見れないとよけいに見たくなるから不思議




新橋から晴海、豊洲、有明まで延長される環2の工事現場。環状道路ばかりたくさん造っても、都心の通行制限をしなければ、渋滞はなくならないのに




晴海大橋の東。超高層マンションの右側に新たに4棟が建つ予定。家賃は上がる、地盤は下がる、てなことにならなければいいけど
豊洲にある、築地卸売市場の代替予定地。土壌が汚染されているとして反対が多いが、もうこんなに進んでいる




オリンピックの会場をつなぐ大量輸送交通手段が心もとない。バスより電車にしてほしいな




東雲運河の手前に、体操競技場や自転車競技場の予定地が広がる。すでに工事が始まっていた
バレーボールの会場として、ここに有明アリーナが新設される予定。道をはさんで高層マンションがいくつも計画されている




巨大な辰巳国際水泳場(ドーム建物)があるのに、手前隣地に新しい水泳競技場を造るらしい。理解不能
東京湾には13ヶ所の水門があって都民を守ってくれるけど、埋立地にはほとんどないので、そこの住民は守れない




人間を滅ぼすのは人間だろう。それを止めるのは、広島・長崎、第五福竜丸、東日本大震災の悲劇を知る日本人しかいないと思う




夢の島にある巨大な清掃工場。焼却過程で得られた余剰電力は、売電され、一般家庭3万軒近くの年間消費電力をカバーしているそうだ
肌や顔をゴシゴシ洗うと、皮脂が減って肌はガサガサ、しみ・しわも増えるのが常識。年寄りの知恵も間違うことがあるんだね




ハロウィーン時期になると、全国で行われる巨大カボチャ大会。今年の日本一は485kgだって。味もよければいいんだけど




夢の島熱帯植物園。ウツボカズラに指を入れた。食べられちゃうかもって、どきどきした




オオオニバスのタライに、一円玉が何枚乗せられるかやってみたい




夢の島にあるバドミントンとバスケットボールの会場予定地。オリンピックを機にほんとの夢の島になればいいね
馬術会場になる夢の島競技場。多種多様、年中イベントが行われていることに驚いた。工事が始まると使用できないのがかわいそう




緑豊かな陸上競技場。アーチェリー競技場になるという。毎日子供達が運動している場所なのに




プレジャーボートが減っている。オーナーの7割は50歳以上。若者は車でさえ持たなくなっている。加山雄三を羨む時代ではなくなったのか




夢の島マリーナ。立体駐車場や立体墓地は、もう慣れたけど、船はどうもねえ。丘にあがった河童みたい




野生化した外来種のペットが急増している。人間の背番号制度より、ペットの背番号制度導入のほうが先でしょ


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/11/15(金) 08:43:48|
  2. 中央区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<危険度ワースト1の街を歩く (2013.11) | ホーム | オリンピック会場ってどんなとこ?前編 (2013.11)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/110-f7f0fb66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ