東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

六本木ブルース (2013.9)

ディスコ全盛の80年代、六本木は不夜城でした。ディスコクラブを横目で見ながら、ロアビルの「プレイボーイクラブ」で、バニーちゃんに心ドキドキうきうきしたこともありました。瀬里奈の接待しゃぶしゃぶの味も格別でした。新宿や新橋には「飲みに行く」でしたが、六本木には「遊びに行く」でした。ちょっと背伸びして行く大人の街、Jonnie Taylorの曲、”Disco Lady”のブルースっぽいノリが似合う、心地よい街でした。

それが今、再開発を経て、六本木は一般人に開国されました。大きな箱モノが乱立し、超高級ショップが軒を連ねています。文化・レジャー施設や公園の緑も忘れていません。歌舞伎町のような猥雑な場所も残っています。多様な要素をてんこ盛りした街に変身しました。老若男女、サラリーマン、カップル、家族連れ、外国人、水商売・風俗の人にいたるまで、地元の人、近隣の人、遠方の人にいたるまで、実に多様な人たちが集まっています。

もちろん、多様な人々に、多様な楽しみ方を提供すること自体には、なんの問題もありませんし、六本木がそれをめざすのもひとつの選択です。

しかし、東京の魅力は、狭いエリアにたくさんの尖った街があることです。浅草、秋葉原、上野、巣鴨、お茶の水、銀座、新宿、新大久保、神楽坂、ベイエリアなどなど、それぞれが、たくさんのお客を呼べる尖った街です。こんな都市は、世界でも類がありません。オリンピックを控えて、東京の注目度は、ますます上がってくるでしょう。そうしたなか、六本木が昔のような尖った街であったら、どんなによかっただろうかと思うのは私だけでしょうか。

六本木探索には延べ3日かかりました。新美術館のAMERICAN POP ART展、21_21 DESIGN SIGHTのカラーハンティング展、フィジフィルム・スクエアの写真展への出かけついでに、ミッドタウンとヒルズ周辺をさらっと歩いてきたわけです。ので、アルバムの中身も、そんな感じになりました。

面白かったのはカラーハンティング展でした。自然界には既成の色と違う色が存在しているので、その色をハンティングしてみようということで、わざわざアフリカまで行って、ライオンの色見本を作り、その色で染めた靴を作ってしまったり、色をもたない言葉を色で表現してみたり、かなりチャレンジングな展覧会でした。

色はいきものです。色はモノや空間、どこにでも存在します。加えて情報や言葉でさえ色に置き換えることができるなら、色の世界は無限に拡がります。楽しみも拡がります。

rojist





ヒルズのシンボル。世界中の情報を紡ぐという意味がある。紡ぎすぎるとからまって動けなくなるよ、ヒルズ族さん




オコジョっぽいけど。フェレットかも。どっちにしろ、飼い主さん、最後まで責任もってね




電車の中とか、公衆の面前で居眠りするのは、日本人しかいないらしい。安全なのはわかるけど、緊張感がなさ過ぎるのもねえ




この男、頼りなさそう。一緒になるときっと苦労する。今のうちだよ。別れちゃえ別れちゃえ
人を操ったり、操られたりする生き方より、自分の足で歩く生き方のほうがチャレンジングだと思う




小さい頃、影踏み遊びをした。影を踏まれたら負け。自分の影なのに、なんで自由に動かせないんだろうと不思議だった




「HOLES」(穴)という面白い小説がある。「砂の女」という映画もある。穴の底からものを見ると新しい世界観が生まれるかも




風鈴の周りが暑苦しいと、風鈴の音も暑苦しく聞こえる。かといって、扇風機の風はいただけない。風鈴の泣き声に聞こえる




この世に透明は存在しない(多分)。純粋も同じ。絶対正義も同じ。人間は、みんな汚れながら生きているんだもの




”つな”のイメージは悪くないのに、”ひも”のイメージは悪い。細い、頼りない。でも柔軟だし、意外にふてぶてしい
どこでも、なんでも、チャレンジするのは女の子ばかり。男の子は多才でなくていい。ひとつでも人に負けないものがあれば




花が呼吸するたびに、水玉のあぶくを出している。赤い花だから赤いあぶくなんだ




扁平な弥生人顔でも、縄文人より進化してるからいいやと思ったけど、パーツ毎にみると、両方の悪い所ばかり受け継いでいる。がっかりの劣勢遺伝人
水玉を見ればカルピスを思い出す。人生初めての水玉がカルピスだったから。草間弥生の言うことは正しい。水玉は永遠だ




人間はシーンとした所では雑念が沸くけど、滝行やパチンコ屋など大騒音の中だとなぜか無我の境地に入れる




おしゃれなイスだと思って、しばらく座っていたけど、ほかに誰も座らないので、恥ずかしくなってやめた




ヒルズの裏手、レジデンスの高層階は家賃月200万円近い。10年で2億円以上。世界を知らない人のやること
縁結びの神社に集まるのは女子ばかり。女って他力本願なんだね。その他力本願なところが男に嫌われるのに




レンズは丸いのに、ファインダーもフィルムも四角。なんで丸じゃないの?だったら、四角いレンズにすればいいのに




世の中ニセモノばかり。ニセモノでもいいから、ホンモノに負けないニセモノになれよ
国立新美術館。頭の大きな人は転びやすいのに、頭の大きな建物は転びにくいなんて、あるわけないよね




防衛省の敷地はミッドタウン5つ分もある。市谷にある必要はない。再開発されたら、核廃棄物の貯蔵庫でも作る?




アンディ・ウォーホールは子供の頃から毎日キャンベルのトマトスープを食べていた。だからスープ缶を描いた。アートは考え過ぎないほうがいい




言葉のカラーイメージ調査をチャートにした。パリは青紫、ロンドンは赤紫、え~東京は灰色のイメージなんだ




アフリカまで行って、ライオンを見ながら絵具で同じ色を作り、その色で靴を作ったんだって。ものごと徹底すれば、いいも悪いもない、その人のものになる
あなたが選んだ「未来の色」を紙に貼った結果がこれ。色の数だけたくさんの未来がある。私は白にしたけど




薄いものや小さいものの開発競争が終わらない。でも外見で競争すれば、限界はすぐそこにあると思う




今日はこれまで3人がオリジナル人間を作った。左端がボクだけど、平凡すぎるかな
一日の半分は時間がないとしたら、どんなすごし方をするか考えてみよう。実に有意義な時間だと思う

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/09/30(月) 12:21:08|
  2. 港区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天高く馬肥ゆる馬事公苑 (2013.10) | ホーム | 上野の森はアートてんこもり (2013.9)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/105-e10ce558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (13)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (4)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ