東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

ああ、上野駅。北の玄関のゆくえは・・・(2013.9)

『ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを 聽きにゆく』(石川啄木)
上野駅は今年7月末、130歳を迎えました。

私は、終着駅が好きです。思い浮かべるのは、クロード・モネの代表作、あの有名な「サン・ラザール駅」です。鉄骨組みの巨大屋根に煙を這わせながら、ゼイゼイハァハァと荒い呼吸を吐いて、一歩一歩、ゆっくりと入ってくる汽車の姿が印象的です。大きな窓から差し込む薄い陽光、赤帽が荷車に大きなスーツケースを山高く積み上げて、雑踏の中を縫うように歩いていく姿、もちろん無粋な改札口などはありません。低いプラットホームから裾をまくりながら列車に乗り込む女性の姿、抱き合って涙を流す人たち、笑顔を見せる人たち、ヨーロッパの終着駅にはそんな情景があります。

ゆったり構えた「サン・ラザール駅」と対極をなす、ニューヨーク、マンハッタンのセントラル・ステーションも大好きです。”Time is Money”を体感したければ、この駅に行ってください。ダークスーツの大男・大女が、ボルトのように飛ぶような勢いで歩いています。ぶつかれば大怪我をします。まるで、世界を牽引する巨大な機関車のような人たちです。

車止めの景色も、終着駅にはなくてはなりません。ところが、上野駅にある、その車止めがもうすぐなくなるかもしれません。東北縦貫線が2014年に開通すれば、線路は東京駅までつながります。東北本線や常磐線も、上野は通過駅になってしまいます。そうなれば、「北の玄関」としての役割もなくなります。

東京オリンピックが開催され、新幹線が開通した1964年、井沢八郎さんが歌う「ああ上野駅」がヒットしました。集団就職で東京に迎えられ、「金の卵」ともてはやされた若者たちへの応援歌です。そしていま、還暦を過ぎて、前期高齢者の仲間入りをするようになった「金の卵」たちは、どんな暮らしをしているでしょうか。孵化して立派な親鳥になって、たくさんの卵を産んだのでしょうか。それとも、孵化しないまま、くすみ、ひび割れているのでしょうか。

人生は人の数だけあります。どんな人生を送っていても、幸せは資産の多寡で測れないことは周知の事実ですし、「金の卵」たちが、日本の繁栄を築いてきたことも事実です。そして、上野駅が果たしてきた役割が大きいことも事実です。

いま、あらためて上野駅に大きなエールを送りたいと思います。

rojist






東京生まれなのに、上野に行くたび、なぜか郷愁にかられる。今日も「そを聴きにきた」





まじめそうな朝の足。でも、夜になると、どの足もきょろきょろうろうろ。横になってしまう足もある。足の表情は実に豊かだ




車止めのある景色が好き。でも、外国と比べると、日本のは色気がない。なぜだろう




機能的すぎて、どう見ても色気ないなあ
車止めがあるのに、なぜこの看板?運転手に失礼でしょう




超人気のカシオペア、なかなかチケットが取れないらしい。札幌まで17時間もかかるのに。私は早く目的地に着きたい派




どの駅でも、ホームは階上か地下にある。上野駅の地上ホームは珍しい。馬車がホームまで乗り入れた時代の名残りかも




発車を待つ人たちは誰もが笑顔だった。帰りもその笑顔を見せてね




誘導標識について来たら、「五つ星広場」の看板があった。えっ?ここ?がっかり感がはんぱない。小さく「待合所」でいいよ
♪ 探し物は何ですか、♪ 見つけにくい物ですか、♪ 電車の中も、♪ ホームの下も、♪ 探したけれど見つからない




2020年東京オリンピックが決まった。東京さえ安全ならいいみたいよ。被災地の人たち、言いたいことないの?
かわいい子には旅をさせろと言うけど、なかなかその決心がつかない。かわいい子だから




小学生のとき、教室や廊下の木の床磨きをさせられた。嫌だったけど、一生懸命やったらピカピカになった。次はもっとピカピカにしようと思った




男の7割以上が、女のネイルアートを嫌う。浪費癖、料理下手、不衛生などなど、イメージが悪い。でも、女はとことんナルシスト。そんなことじゃびくともしない




多くの駅で記念スタンプを押している人を見かける。どうせやるなら、スマホに取り込めるとか、クジ付とか、もっと楽しくなるように工夫してほしい
世界20以上の店の、年ごとの限定ピンバッジを数百個コレクションしている。娘に頼まれて嫌々始めたのに、しまいに集めるのが楽しみになった




コレクションの一部。女は集めて幸せ気分になりたいが、男はその世界に浸りたいという。男のほうが病的?




その昔、ここに赤帽詰め所と両替店が隣り合わせにあった。日本のようにあちこちに両替所がない街は珍しい。オリンピックまでに増えないと外国人が困る




「ああ上野駅」が歌われてから50年、集団就職の「金の卵」たちも高齢者の仲間入り。心の駅に帰ってくる人もいる

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/09/13(金) 07:52:50|
  2. 台東区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上野の森はアートてんこもり (2013.9) | ホーム | 小さなシムシティ大崎をぐるっと(2013.9)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rojist.blog.fc2.com/tb.php/103-8359a1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ