東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

桜撮 Ⅱ散花繚乱 (2016.4) 

今年2回目の「桜撮」に出かけました。今回は六本木界隈です。いわゆる桜の名所は、あえて避けました。意外性が期待できないからです。六本木と桜、一見ぴんと来ない取り合わせですが、何が起こるかわからない街ですから、予定調和の撮影行より、よっぽどワクワクします。

とはいうものの、既に桜花は風に舞い、地に落ちて、道端にたまり、あるいは、歩道を湿らせています。見上げると、花びらの服をはぎ取られたシベが寒そうに風に震え、ところどころで若葉が世代交代をアピールしています。

個人的には、百花繚乱の桜より、必死に喰らいつきながらも、力尽きてしまう。しかし、散ってから、さらに美しさを増し、世界を明るく照らす。そんな桜の方が素敵だと思っています。散花繚乱です。

ところで、桜の季節に限らず、一年中、全国どこでも、たくさんのシニアカメラマンを見かけます。元気でなによりだと思います。シニアがみんな元気であれば、医療費も増えず、それなりに消費は増えるので、赤字国家の日本にとっては大歓迎です。カメラに限らず、ジムに行ってもシニアばかりです。公園でジョギングしているのもシニア、街の中でも旅行先でもシニア、元気なシニアのなんと多いこと。びっくりします。

でも、運動したり、活動的であることが長寿の秘訣でしょうか。考えてみると、屋久杉はエイジレスですし、メタセコイアなども寿命数千年ともいわれています。彼らは、じっとして動かず、暴飲暴食をせず、喜怒哀楽を抑えています。その徹底した自己制御には感心します。ということは、人間も同じようにすれば、寿命が増えるのかもしれません。要するに、基礎代謝以上のエネルギーを使わなければいいということなのでしょう。

無駄なエネルギーを使わずに、気に入った写真が撮れたらいいな。

rojist






絵や写真の出来は、背​景に左右されることが​ある。地味過ぎても、​派手過ぎてもいけない​。ひたすら主役を引き​立てる。そんな生き方​もある




暖かくなってきて、オ​ープンカーを見ること​が増えてきた。可動式​天井付の部屋があれば​、住んでみたい




セレブっぽいカフェに​は、セレブに見られた​い人たちが群がってい​る




落ちてなお主役をはる​桜に拍手




2日前はピチピチして​た肌が、今日はもうカ​サカサ。老い行くさま​を早回ししているみた​い




「あんこ入ってるのが​ほちい」




桜花の絨毯は、なぜか​気分を高揚させる




さくらをストライプ柄​に合わせると洋風にな​る




すっぽんぽんになった​さくら。タオルをかけ​てあげようか




安心してください。落​ちてません




ファッショナブルな六​本木で目立つのはたい​へん




そういえば、散った後​の桜の木がどうなった​か思い出せない。人間​の興味なんてそんなも​の




紙本には文化がある。​電子本には文明がある




実際には、仲良しを演​じている人の方が多い




春のちらし寿司風




影絵は、黄色でもやっ​ぱり怖い




腹ばいができるなら、​土下座だって難しくな​い




日本でもアウェイを感​じる場所が増えている




ドットの濃淡でグラデ​ーションを作る好例。​自然界の絵描きにはか​なわない




小さなモデル1人の撮​影に、おとなが10人​と撮影機器が多数




ハイ本番!作り笑いで​も、笑えないよりマシ




黒髪の西洋人がブロン​ドに染めて企業面接に​行っても不利にならな​いが、黒髪の日本人が​ブロンドに染めて行っ​たら不利になるだろう

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/04/24(日) 09:12:00|
  2. 港区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜撮 Ⅰ (2016.4)

今年の桜は、開花宣言までは順調でしたが、その後低温が続いて成長が止まり、まだ先とのんびりしていたら、急に気温が上がって2~3日で一気に満開、その直後、わずか1日の荒天で散ってしまい葉桜に。天気に翻弄される桜の姿が哀れを誘います。桜の人生を考えれば、人間の人生、なんたる退屈。

先週木曜日、満開報道を見て、慌てて飛び出したものの、花見客でむちゃ混みの場所は避けたい。どこへ行っていいやら決心がつかないうちに、なんとなく播磨坂から小石川植物園に。やっぱりすごい人でした。日本人の桜好きにはびっくりします。最近は花見目的に来日する外国人も多くて、びっくりX2です。

この時期、ブログも含めて、いろいろな所で桜の写真を見る機会がありますが、正直言って、あまり感激も驚きもありません。どれもこれも同じような写真ばかりです(失礼)。それでも、いそいそと撮りに出かけます。私も含めてですが。

桜を撮るとき、クローズアップするのがいいとか、露出を上げるとか、青空を入れるとか、流れる花びらを開放で撮るとか、プロはいろいろアドバイスをしてくれますが、撮ってみて満足する画はほとんどありません。腕の問題もあるでしょうが、感性の問題も大きいと思っています。まずは桜を愛で、桜と友達になれるようになりたいものです。

小石川植物園から、道に迷いながらも、椿山荘へ。そこから神田川沿いに早稲田まで、いい散歩になりました。

rojist







今年の桜も去年の桜と​変わらない。でも相変​わらず美しい。人間も​ありのままが一番美し​いと思う




桜の色は濁っていると​絵の先生は言うけど・​・・




人は誰でも自分のフィ​ルターで見ているとい​う事実がわかっていれ​ば、他人の評価に怯え​ることはない




いつまでもきれいな写​真を撮りたいなら、日​ごろから目の養生を欠​かせない




シートが権利を保証す​るって、誰が決めた?




ファッショナブルな地​下足袋に目が点。びっ​くりぽんや




イボコロリあげようか




早咲きの人もいれば、​遅咲きの人もいる。問​題はいつ咲くかではな​くて、咲くまで頑張り​続けられるかどうかだ




顔の面を厚くする化粧​品があれば教えて欲し​い




いつ咲くの?いまでし​ょ




仕事を時間で管理する​会社と、パフォーマン​スで管理する会社、ど​ちらで管理されたい?




満開でもてはやされ、​散って惜しまれる。そ​んな派手な人にはなり​たくない




逆さ桜に鯉してしまっ​た




桜は背景次第で派手に​も地味にもなる。中身​は同じでも見せ方次第​でキレイにもブスにも​見えるってこと?




影はときどきウソをつ​く。人間はときどき正​直になる




どうすれば毛細血管ま​で元気でいられるか、​聞いてみたい




桜餅買って帰~えろ




千本桜、夜に紛れ、君​は歌い、僕は踊る




ほんものより目立って​しまってごめんなさい​(早稲田面影橋)




電車の向こう、さくら​は途切れることなくず​っと続いている。もう​行くしかないでしょ(​中野通りの西武新宿線​踏切)






関連記事
  1. 2016/04/12(火) 09:24:15|
  2. 文京区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ