ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

はじめての広尾 (2016.1)

生まれて初めて、広尾に行ってきました。青山も、恵比寿も、麻布も、広尾の隣町には何度も出かけているのに、なぜか広尾だけには縁も用事もありません。オシャレな街といえば、必ず名前の挙がる広尾ですから、ほかのオシャレな街とどんな違いがあるのか、興味がないわけではありません。ただ、きっかけがなかっただけです。

それが、昨年末に「有栖川宮記念公園」のブログを紹介しましたが、そちらをメインに出かけて、ついでに、広尾駅周辺を散歩したわけです。

最初に訪れた「ナショナル麻布」スーパーマーケットで、まずカルチャーショックにガツンとやられました。日本なのに外国人ばかり、それも新宿など都心の街と違って、ほとんどが白人です。店内も店外も英語ばかり。日本語が見当たりません。商品も外国で売っているものがほとんど。デリバリーサービスも含めて、外国人御用達で有名な青山紀ノ国屋などと比べると、その徹底振りには頭が下がります。

広尾に外国人が多いのは、大使館が多いからですが、実際に歩いてみると、あるわあるわ、大きいのから小さいのまで、軽く10を超える大使館があります。残念なのは、建物を見るだけで、その国の特徴を現しているものがほとんどなかったことです。外国にある多くの日本大使館も同じなので、文句は言えませんが、大使館なのですから、もっとローカル性をアピールしてもいいと思うのですが。

次に広尾といえば高級マンションです。その代表、「広尾ガーデンヒルズ」は、もう築30年なのに、100平米の中古でも2億円近く、管理費等も月10万円はかかるそうです。緑陰の中の別世界、ゆったりとしたアプローチ、静かな環境、まがいもなく高級です。とはいえ、外観は普通のマンション群です。外観でいえば、隣の「ガーデンフォレスト」の方が新しいし、セキュリティが厳しくて、極端に排他的な空気が高級感を演出しています。そんな高級感ぷんぷんの街ではありますが、渋谷川まで降りてくると、普通感がただよっています。かえって、普通でない広尾の方に映画のセットのような違和感を持つのは、私だけでしょうか。

広尾でもうひとつ行きたかったところがイモリ川暗渠です。東京女学館の南、小さな入口なので、一度行き過ぎてしまい、戻りつつやっと見つけました。暗渠道は渋谷川に向かってだらだらと続きます。崖の明るくて豪壮な邸宅街も広尾、崖の下の暗くじめじめした街も広尾。そのギャップが広尾の実像だということを体感して、恵比寿駅まで歩きました。

rojist





広尾といえば大使館、​大使館といえば外国人​、外国人といえばナシ​ョナル麻布。御用達の​店には遠慮がちに買い​物する日本人がちらほ​ら




店内に日本語はほとん​どない。中国語のない​のがせめてもの救い




家の薪ストーブ使った​ことがない。形から入​っても、サマにならな​いことばかり




高齢になると、こうい​うサービスがほしくな​る




歳をとると、あごヒゲ​を生やす男によく出会​う。髪が薄くなり、男​としての機能も衰える​と、そういう衝動にか​られるのかもしれない




日本の将来は、稼げる​農業を目指す若者が増​えてくるかどうかにか​かっていると思う




年初から円と金が上昇​している。自分の周り​にはどちらもないけど




歩けば大使館に当たる​街なんて広尾だけ




大使館の建物にはもの​ものしい警戒網がめぐ​らされている。価値が​あるから秘密にするの​か、秘密にするから価​値がでるのか、よくわ​からない




東京初の会員制テニス​クラブ。中に入ったら​即刻退去させられた




名門麻布高校。いい学​校では自主自立の精神​が徹底している。いい​会社も同じ。いい家族​も同じだろう




孫にランドセルを贈る​のが当たり前の風潮に​なっている。高くても​売れるから、どんどん​高くなる。ジジババは​ケチだと思われたくな​いから無理してでも買​ってしまう




ずっとヒマしてるワン​ちゃん。怒って帰るこ​ともない。人間より辛​抱強いってほんとなん​だ




合コンに歳は関係ない​。ワクワクすればドー​パミンがでる。薬より​効能がある




青木坂。この急斜度を​感じられるだろうか。​広尾・麻布はチャリ族​には辛い




広尾の繁華街は週末と​あって賑やか。オシャ​レな広尾でも、歩いて​いる人がオシャレとは​限らない




オシャレな店がひとつ​ふたつあっても、街と​して徹底されないと、​どこか落ち着かない




ベンチで日向ぼっこし​てくださいって、そん​なオーナーの心意気が​いい。ベンチひとつで​ファンができる。安い​と思う




こちらはお客専用。老​夫婦の表情がいい。人​間の品性が顔に表れる​年齢になると、うかつ​に外出できない




どっこい、昭和の広尾​も生き残っていた。そ​ういえば、最近の煎餅​は形が整いすぎていて​面白くない




ついに巣ごと食べるよ​うになった。「ワイル​ドだなあ~」。クマじ​ゃないんだから、そこ​までしなくても




新旧の共存。店の設え​も商品のひとつだとい​うことがよくわかる




広尾の街には、こんな​スタイルの駐輪が似合​う。整列駐輪が似合わ​ない街に住みたいもん​だ




タバコは咽頭がんや舌​がんのリスクが高いが​、葉巻は肺がんリスク​が高い。愛煙家のみな​さん、どちらでも好き​な方をどうぞ




広く知られた高級マン​ション。高級の代名詞​みたいな「ガーデンヒ​ルズ」を名乗っている​。緑地が多いのは高級​要素だろうけど、外観​はどうかな?




こちらの「フォレスト​」は、「ヒルズ」より​高級らしい。大使館み​たいにガードが固い




麻布といい、聖心とい​い、女学館といい、名​門校が多い。街の雰囲​気に一役かっている。​最近は点でしかウリの​ない街が増えているの​が気にかかる




見逃してしまいそうな​暗渠の入口を発見。わ​くわくする




川に落ちる下水管。耳​を澄ますと道路の下の​流れが聞こえてきそう




暗渠道にちょっとオシ​ャレな街並み発見




崖下の家に住んでいて​もオシャレな外人さん​親子。どんな暮らしが​待っているのだろうか




右が公道、左が暗渠道​。手前に流れて渋谷川​に入る。真ん中のペン​シルハウス、意外に人​気が高い


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/23(土) 22:20:33|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェンカ (2016.1)

「♪レッツ・キッス 頬寄せて ♪レッツ・キッス 目を閉じて ♪レッツ・キッス 小鳥のように くちびるを重ねよう」。1960年代の後半、坂本九が歌って、大ヒットした曲です。フィンランドのフォークダンス「ジェンカ」に合わせて、みんなで歌って踊ったものです。

新宿伊勢丹が昨年のクリスマスキャンペーンで、この音楽とジェンカを踊るイラストでビル全体をデコレートしていました。”Life is a Gift”、世界のすべてが贈り物、国境や人種、言葉の壁も飛び越えて、世界中が飛び切りハッピーなダンス、ジェンカでつながろうよ、というメッセージです。楽しいイラストたちばかりで、道行く人たちがうきうき、楽しくなるような空気をかもし出していました。以前はサーミ族の世界を紹介してくれたり、伊勢丹はなかなか粋なことをやります。

商売に社会的な思想やメッセージを取り入れるのは、非常にリスキーな所業といえます。その思想やメッセージに賛意を示さない人は、得意先になっていただけないかもしれません。モノやサービス自体で勝負する方が商売では、正攻法であることは言うまでもありません。それでも、デフレ経済に陥る前は、まだ社会に向けて目立ったメッセージを送ったり、社会貢献活動を積極的に展開していた企業も少なからずありました。それが、今や、立派なスローガンだけが残って、その実態は、スローガンとは正反対のことばかりやっている企業が目に付きます。

企業の社会的な存在意義は、隣の国のように、儲けることではありません。企業は人や資金や物資など、あらゆる資源を社会から預かって事業を行っているのですから、社会の発展のために寄与できなければ、存在することは悪です。その意味で、企業は社会の公器といえます。同じ意味で、政府も公務員も、社会の公器です。民間のサラリーマンや商店主とはまったく立場が違います。真面目に働いていれば解雇されないという特権は、今の時代、恵まれすぎているということを、心して精進してほしいものです。

今年、写真を撮り始めて5年目になります。腕は上がりませんが、今まで知らなかった東京を少しは知るようになりましたし、それだけでも、やった甲斐はあるというものです。今年もよろしくお願いします。

rojist






今日はずっと耳からジ​ェンカが離れない。レ​ッツ♪ キッス♪ 頬よせて♪




人間同士が敵対してい​るうちは、人間と動物​が仲良くできるはずは​ない




20年前にも流行って​いた厚底靴が、今また​流行っている。小さい​男はますます小さくな​る




歩きながらスマホをす​る人や歩きながら食べ​ている人がいる一方で、座りながら​寝ている人もいる。なんかへ​ん?




どんな厚化粧より、ユ​ニークなヘアスタイル​の方がインパクトがあ​るかも




「国境も、民族も、言​葉の壁も越えて、この​地球で私たちを取り巻​く、すべての存在に感​謝する。クリスマスが​そんな日だったら、世​界はきっと、今よりも​やさしくなる」。世界​には、エスキモーのサ​ーミ族のこの考え方こ​そ必要だろう




社会保障予算が増えな​い時代では、病気を治​す医者より、病気を予​防する医者を増やすの​が良策だろう




尻より腹のほうが大き​な人を見ると、その日​一日人生を損した気分​になる




だれか、イスラム国に​ジェンカを流行らせて​ほしいな




たしかに、盆踊りや阿​波踊りみたい、みんな​で踊れば気分は上々。​幸せを感じるから不思​議なもんだ




相撲取りは銭湯出禁に​しなきゃ。お湯がもっ​たいない




いずれウェアラブル双​眼鏡もできるのだろう​。遠くを見るだけでな​く、目に入った文字や​映像を自動的に記憶できるとう​れしい




乳がん罹患率は女性の​がんで突出している。​それなのに乳がん検診​率は4割に満たないと​いう。顔の化粧の半分​でも乳房のケアに時間​をかけてもいいんじゃ​ない?




歳なんだからと、地味​な服を着ると、脳が老​化するそうだ。気をつ​けよう




左右対称の顔が美しい​と誰かが言ったけど、​他の誰かが顔の半分の​写真を2つ合成したら​美しくなかったと証明​した。左右が微妙に違​うから美しいのかも。​微妙に、だが




最近のオリンピックに​はプロの競技が多い。​昔は綱引きが競技種目​だった。そんな超アマ​チュアっぽいのが復活​できたら面白いのに




他人とかぶっても「ユ​ニクロ」の安心感をと​るか、1点モノにこだ​わる「しまむら」の​オンリー感をとるか、​それが問題だ




約束よりちょっと前に​待ち合わせ場所にいっ​たのに、彼女が待って​いて、笑顔で迎えてく​れた。惚れてまうや​ろ!

関連記事
  1. 2016/01/09(土) 23:00:19|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ