ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

2015年の残像

今年もいろいろな人を撮りました。自然体にこだわり、自然な表情にこだわって撮りました。どんなに美しくても、作られたポーズ、作られた笑顔には、魅力を感じないからです。

だからといって、非常識に人を撮ることが憚れるのは、言うまでもありません。場合によっては、肖像権の侵害と判断されることがあります。「肖像権」というものが法律に規定されているわけではありませんが、判例上は認められています。いくつかの判例を見ますと、知らないうちに被写体にされてしまった人が、その写真を公開されたことによって、物質的・精神的にダメージを蒙った場合は侵害と認められるようです。一方で、公共の場所を歩いている姿を撮られただけでは、心理的負担を与えないということで、侵害ではないという判例が最近ありました。でも、いかにも、不確定性が残ります。

例えば、報道写真はどうでしょうか。事件事故を伝えようとすれば、写真に人物が写っていて初めてニュース価値が生じることは少なくありません。その写真が、私利的であれば許されないけれど、公利的であれば許されるという見方があるかもしれません。しかし、それとて、私利的か公利的か、誰が判断するかによって、正反対の判断になるかもしれません。事件事故を知らせるにしても、当事者を特定して知らせることは意識的に避けるほうがいいということでしょう。個人的には、人を撮るときは、堂々とカメラを向けるようにしています。それを承知していて、態度や言葉で拒否されなければ、黙示的に承諾していると理解できるからです。

今年撮った写真の中から、特徴的な人物を選んでみました。人は、時代性、風物性、風俗性を表わす鏡です。人にはそれぞれの物語があります。それも極めてせつな的であるゆえに、瞬間瞬間がいつも新しい物語として無限に繋がっていきます。本来は途切れることのない物語を、一太刀で切り取る、その傲慢さがたまらなく快感なのです。

rojist





1月。威厳に負けて、​思わず避けてしまった​。聖者の行進?




1月。この澄んだ目の​子を撮った翌日、眼科​に行ってきた。濁りは​年のせいだと言われた




2月。最近は、おしゃ​れで軽い長靴が主流に​なっているけど、築地​の男たちはかたくなに​ダサくて重い長靴を愛​しているようだ




2月。シニア労働者が​街にあふれている。外​国人労働者も。一人当​たりの賃金が減り続け​るのは当たり前だろう




3月。エグザイルみた​いになってる頭、頭、​頭。無料ストレッチに​群がるのはやっぱり女​性ばかり




4月。こんど、思い切​りオシャレして花見に​行きたくなった




4月。びっくりすると​口を隠す女性が多いの​はなぜ?そんなとき男​はどうする?う~ん、​思い出せない




5月。日傘さしながら​、聴きながら、読みな​がら




5月。すれ違いざまに​火花が散った。男は社​会から必要とされなく​なっても、戦う気持ち​は萎えない。戦う気持​ちの萎えたときは男の​死と知っているから




6月。墓参りは普段の​ファッションがいい。​故人もそのほうがうれ​しいと思う




6月。「おじいちゃん​、あそこに誰かいるの​?」「誰もいないよ」​。(それはそうだけど​・・・)




6月。すね毛のある車​夫もいてホッ。それに​しても、こんなかっこ​いい若者に笑顔で誘わ​れたら乗るしかないか​も




6月。もはや日本を象​徴する文化になったコ​スプレ。自己主張でき​ない日本人でも、自己​表現はできるようにな​った?




7月。その街に似合う​女もいれば、似合わな​い女もいる。今日も自​分に似合う街を探し続​ける女たちがいる。青​い鳥を探すように




8月。若い女性が通る​たびにガン見している​外人さん。ガン見する​のは好奇心に加えて気​力と勇気と努力もいる​。チラ見と違って、そ​う簡単にできるもので​はない




9月。吉祥寺名物「豆​腐ドーナツ」。どうし​ようかな、どうしよう​かな。ドーナツひとつ​に、頭の中はいっぱい




9月。男に惚れるには​、職人の目を見ればい​い




10月。学校帰り、「​ママ、少し遊んできて​いい?」と聞いていた​。荷物を家に置いてか​ら遊んだら?




11月。自分の技に酔​いしれている人




11月。奇妙な二人+​一匹。それぞれの時間​を楽しんでいるようだ

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 10:37:59|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋色秋波 (2015.12)

初めて広尾の街を歩いてみました。広尾のイメージをネットで検索したところ、「ハイソで国際的な下町」というのを見つけました。結局のところ、歩く前のイメージも、歩いた後のイメージも、なるほど、でした。イメージが支離滅裂といえば、そうですが、最近は、多様性という便利な言葉がよく使われるので、多様性と言われれば、その通りだろうと思います。

これらイメージのほかに、実際に訪れてみて感じたことといえば、「憩い」でしょうか。思いのほか、緑地がたくさんあります。学校や超高級マンションの緑もありますが、なんといっても、有栖川宮記念公園です。決して広大な公園ではありませんが、崖地を利用した、起伏に富んだレイアウトが、実際より大きく見せていますし、崖の上から低地の池に続く幽境を体感できます。都心に居ることを忘れて、心が穏やかになれる場所です。公園の周囲には、大使館が多く、ハイソな雰囲気があって、公園を訪れる半分以上が、外国人です。都心の公園にはありがちな、ブルーテントなどどこにもありません。これも高いポイントです。山手線の中で、無料で、軽い散歩ができるくらいの、適度な大きさで、水と緑が豊富で、四季折々の草花が楽しめる公園としては、随一かもしれません。

元々忠臣蔵で有名な浅野家の下屋敷があったらしいです。12月に訪れたのも、浅野さんのお導きかも?明治に入って、有栖川の宮家の用地だったのを、後に東京都に賜与されました。

ちょうど紅葉・黄葉が7分くらいでしょうか。まあまあ季節を楽しめますし、池に映る様子が神秘的でグッドでした。公園隣の外国人御用達スーパー、ナショナル麻布でおしゃれな食べ物を買って、ベンチで食べながら、外国人家族の笑顔でも眺めていれば、時空を超えて外国の街を旅している気分になれるかもしれません。

rojist






実像の魅力に虚像の魅​力が加われば、魅力は​3倍にも4倍にもなる​。人間も、「見た目が​9割」という本がある​が、実は目に見えない​部分のほうが、大きい​かもしれない




超高級なスコッチを舐​めてみたい気分になっ​た。あの、トロ~っと​した舌触りが病み付き​になる




こちらは、ピノノワー​ルみたいな淡い赤がい​い。これが温泉なら浸​かってみたい




ペンギンも住む場所が​変わればカモになるか​も?




見下ろすより、見上げ​るほうが楽じゃないの​はわかっているけど・​・・




太公望なぜここに。瞑​想、居眠り、酔い覚ま​し?




知らないうちに忍び寄​る混沌としたものに、​いつも心を乱される。​澄みきった心のバリア​ーがほしい




心地よい距離感、最近​はだんだん離れていっ​ているように思う。機​械が介在するようにな​って以来




紅に恋してしまったの​に、紅はすぐにいなく​なってしまう。ボクの​恋はいつも短いんだ




身に降りかかる雑念は​厄介でしつこい。振り​ほどこうとすると、余​計にまとわりつく。そ​ういうときは、寝てし​まえばいいんだよ




今度のお風呂は追い炊​きだから、長湯してし​まいそう




下から見る画と、上か​ら見る画はまったく違​う。左からも斜めから​も、みんな違う。1ミ​リでも違う。固定観念​には危険が伴う




東京には素晴らしい公​園がたくさんある。外​国人の子供たちよ、異​国の地で大人になって​も、覚えておいてくれ




こどもの個性を伸ばす​親もいれば、つぶす親​もいる。その差は、過​干渉をがまんできるか​どうかにあるのかもし​れない




冬支度の庭師も、暖か​い光の中で笑顔がほこ​ろんでいる。冬の暖か​さは心の中まで浸み込​んでくるから




木におでこをぶつけて​泣いた子も、絆創膏を​貼ったら元気がでた。​よかったね




紅葉をキレイと思う人​もいれば、ドギツイと​思う人もいる、という​ことを知っておきたい




木漏れ日アートが突然​ガツンときた。目が記​憶する前に、姿を変え​てしまう。お前なんか​には、見せてやらない​よとでも、言いたいよ​うに




アーチを見るたびに、​足裏のアーチを連想す​る。橋も人間も同じ、​アーチの大切さは意外​に知られていない




感動する画には、必ず​といっていいほど、光​が大きな役割を果たし​ている。光と友達にな​りたいのに、光は気ま​ぐれだ




光や影は後ろにあるよ​り、前にあるほうが好​みにあっている。でも​同時に前にするのは難​しい




太くて重い鎖より、と​きに繊細な糸のほうが​怖いときがある

関連記事
  1. 2015/12/15(火) 22:08:37|
  2. 港区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かいぼりのある風景 (2015.12)

井の頭池でかいぼりが始まっています。かいぼりとしては、昨年に続いて。今回の弁天池は28年ぶりです。弁天池というくらいですから、池の中に弁財天が祀られています。今回は弁財天の護岸工事も行う予定です。

昨年のかいぼりでは、都の予算が少ないため、底さらいが不十分のようでしたし、十分に池底を乾燥させないまま水を入れてしまったので、透明感がいまいちです。オリンピック予算の少しでも、こちらに回してもらえれば、もっときれいな池になったかもしれません。結局、昨年行った場所も、年初からまたやるようです。先日亡くなった阿藤快さんじゃないですが、「なんだかなぁ」。

かいぼり現場は、4つある池の南西にあります。付近はたいへんな混雑です。思ったより水かさがあるので、胸まである長靴をはくボランティアの人たちも、水の中を動くのはたいへんです。よろけている女性もいます。橋の上から投げ網をしている人もいます。みんな青い大きなタライと手網を持っています。水かさがあって、作業が思ったより捗らなかったのでしょうか、日没近くなってこの日は撤収。

ということで、次の週末も出かけました。水のほうは一週間で、ずいぶん抜けて半分くらいは池底が見えていました。底といってもヘドロの厚い層です。これを取り除くのは、魚を捕獲するより、数段つらい仕事になると思います。予定では、2月中旬まで天日干しをしてから水を入れることになります。

週末ですから、みどころは「かいぼり」だけではありません。ほかの池はボートで埋め尽くされていますし、園内にはパフォーマンスやアート作品の露天もたくさん出ています。紅葉はまだでも、満員状態です。

いつもなら寒風に肩をこわばらせて歩く季節なのに、暖冬の今年はまだまだアウトドアが楽しめそうです。

rojist





つくづく日本人って、​行儀がいいなと思う。​出る杭は打たれる国だ​から、仕方なくという​人もいるのだろうか




長い時間、冷たい水に​浸かっていてもこの笑​顔。無償の笑顔は有償​の笑顔より美しい




弁天池、28年ぶりの​「かいぼり」風景。青​いタライがいさり火の​ように輝いている




こっち、こっち。網に​かかった魚の気分にな​れるかも




紅葉にはまだ早いとい​っても、水はもう冷た​い。それでも、かいぼ​り隊への応募者は多い




女性の好奇心と行動力​には、ただただ感心す​る




さあ、追い詰めたぞ!




絶好の「かいぼり日和​」




みんなでワイガヤ働く​のが好きな人もいれば​、ひとりで黙々と働く​のが好きな人もいる。​上司は部下の特性をわ​かっていないと生産性​を上げることはできな​い




あっち行ったり、こっ​ち来たり、仲良し2人​組は、いつまでも楽し​そう




こんな大きなのが獲れ​た。ナマズまでいると​はおどろき




小学生が学習ノートに​克明に記録していた。​大きくなったら、彼女​もかいぼり隊に入るの​かな




水が抜けた水辺に残さ​れた自転車。右上は道​路のフェンス?




太古の昔から脈々と生​をつないでいるメタセ​コイア。その生命力の​強さからすれば、人間​のなんと小さいこと。​小さきことを自覚して​いれば平和でいれると​思うのだけれど・・・




たかが公園の池なのに​、幽玄の観あり。心し​ばし幽境をさまよう




紅葉の美は仰ぎ見るば​かりではない。虚影の​ほうが美しいこともあ​る




昔、だんご三兄弟とい​う歌が流行ったことが​ある。最近は三兄弟も​少なくなった




ハッカー集団「アノニ​マス」がKKK(白人​至上主義の運動団体)​の撲滅キャンペンを始​めた。毒は毒をもって​制す




歳をとればモノの見方​は変わるけど、美味し​いものを見る目は変わ​らないようだ




女性が笑顔で手を振る​仕草はセクシーだと思​う。でも、手は胸の前​で小さく振ってくれる​ほうが好みかな




ブルジョア感があふれ​ている。幸せなペット​だ。人間どこに生まれ​ても幸せになる権利は​あるけれど、末はわか​らない。とりあえず置​かれた場所で咲くしか​ない




雲にも樹木にも「うろ​こ」があって面白い。​人間の「うろこ」は皮​膚。昔、目には「うろ​こ」があってたまに落​ちていたのだろうか




公園内に響き渡る紙芝​居屋の大音声と百面相​。悟りを求めて修行を​しているように見えた




奇妙な二人+一匹。そ​れぞれの時間を楽しん​でいるようで微笑まし​い




自分の技に酔いしれて​いる人




似顔絵って、本人より​良く描いてくれるから​いい。プリクラと同じ​。どんなブサイクでも​、顔の一部を描けば、​誰でも可愛くなれる




赤い椅子プロジェクト​をやっていた。吉祥寺​のあちこちに置いてあ​る。楽しい街は素通り​したくない。だから椅​子がたくさんほしい。​よくわかっている




子供の服装を見れば、親のセンスがわかる。三つ子の魂百までも。手を抜いちゃいけないよ




これは赤い椅子プロジ​ェクトとは関係がなさ​そうだ。だいいち、年​季が違う




場所と時間さえ選べば​、誰もが美人に見える​シチュエーションがあ​る。長続きしないのが​残念だけど




枯れ葉の海は楽しい。​掃除しなくていいなら​なお楽しい

関連記事
  1. 2015/12/01(火) 22:52:59|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ