ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

道路がくる! (2015.11)

≪防災道路か地域の絆か≫ 新聞に特集された「補助29号線」なる幅20mの防災道路の建設をめぐって、品川区が揺れています。地元の懇談会では、「この歳になって動きたくない」「不動産屋が道路はできないと言うので、ローンを組んで家を建てたのに」「地域がバラバラになってしまう」「補償はどうなる?」などなど、心配の声が聞こえる一方、「延焼遮断帯は必要」「地域の絆は道路1本で壊れるほど弱くない」という声もあります。

東日本大震災のあと、東京都は木造密集地での防災道路建設を急ぎ始めました。補助29号線は、大崎の環6から馬込の環7まで、3.5kmの計画です。実は、終戦直後、70年前に計画されたものの、お蔵入りになっていたのが、防災道路に名前を変えてよみがえったようです。

子供の頃に住んでいた場所を通ることになるこの計画道路。ヒトゴトとは思えないので、実情を見に行ってきました。大崎駅近く、環6の峰原坂から出発です。改修されたばかりのキレイな道路です。改修に改修を重ねる。整形を繰り返す、整形マニアに似た所業です。

計画道路は、坂の途中から、住宅地の真ん中を突っ切って走ります。道路予定地というのは、現存の道路を拡幅するケースが多いのですが、なにしろ住宅が少なかった大昔の計画ですから、この道路、ほとんどが、住宅地の真ん中を通ることになるため、およそ400軒もが立ち退きをせまられることになりそうです。その中に、幼稚園もありました。

途中、買い物客で賑わう戸越銀座を横切り、また住宅地の真ん中を通って、宮前商店街に入ります。そこから、戸越公園駅をはさんで、中央商店街へ。長~い商店街の東側を拡幅することになります。その後も、馬込までずっと続きますが、疲れたので、途中で終了としました。

商店街では、おそば屋さんに話を聞きました。「これから10年以上もかかるんじゃないですか。賛成する人も、反対する人も、今まで仲良くしてたのに。ギスギスしてきて嫌ですね」。

「不燃化と道路建設は一体」という話をよく聞きますが、ほんとうにそうでしょうか。門外漢なので、科学的な根拠は知りようもありませんが、直感的には、20m程度の道路を造っても、風向きによっては延焼はなくならないでしょう。少なくとも、建物の完全不燃化を同時に進めるべきではないかと思います。不燃建材の開発や不燃建物への税金免除など、延焼を防ぐより、燃えない街づくりを進めてほしいと思いました。

直近の区長選挙でも、道路建設賛成派の候補が圧勝しました。投票率は驚きのわずか23%、区民は防災にも道路問題にも無関心だったことがわかりました。

撮影から1年が経ってしましました。過ぎ去った秋をお楽しみください。

rojist





山手通りから峰原坂を​望む。計画道路はここ​を出発点に、この坂を​上る。歩道が改修され​たばかりなのに





都会の暗い路地には、​空の青さがまぶしい。​この路地も拡張工事で​、なくなる運命にある




いつの頃からか、街中​に交通誘導員があふれ​てきた。必要性を実感​することはないが




正岡子規曰く、夏の雲​は岩の如く、秋の雲は​砂の如く。すっかり秋​の雲に入れ替わった




道路がくれば、移転せ​ざるをえない大崎幼稚​園。樹木に覆われた庭​も、初めの一歩に戻る​のか




歳をとると3本足にな​ると言われてきたが、​最近は6本足になった




この公園を20m道路​が縦断する計画。道路​と公園、どっちが大事​?結局は、道路が大事​ということらしい




戸越幼稚園。すぐ右側​を20mの幹線道路が​通る計画になっている​。子供が危ない目にあ​わないことを祈りたい




道路拡張賛成派と反対​派、一騎打ちの区長選




階段と坂道、どっちが​しんどい? 足首がいつも曲がった​ままになるので、坂道​のほうがしんどいと思​う




秋祭りの季節がやって​きた。物価高のこの頃​、神輿パワーで豊年満​作になって、物価が下​がるといいな




子供の頃、近所の「八​幡さま」は特別な場所​で、そこだけにあると​思っていた。あとで、​全国そこらじゅうにあ​ることがわかった




道路計画のあるところ​、必ずこういう人がた​むろしている




両親が他界すると仲た​がいする兄弟姉妹が多​い。一つ穴のムジナ?​なんだから、仲良くし​ようね




格子模様に日焼けして​る人、見てみたい




延焼火災を避けるため​の一時集合場所?こん​な所に一時避難したら​焼け死んじゃうよ。オ​ンブズマンよ、公費の​使い方にダメ出ししな​よ




子供のころ毎日遊んだ​戸越公園。武家屋敷に​入るようなワクワク感​がある




宙に浮いているみたい​に透明な池。自分の影​にビックリしているカ​メ




古い商店街には、古い​お店が多い。そういう​お店に古いお客さんが​来る。それなりに好循​環サイクルができてい​る




昔、子供たちであふれ​ていた宮前小学校も、​今は静か。1学年1ク​ラスしかないから




商店街には幾筋もの路​地があり、路地には緑​があふれている。そう​いう、都市の原風景が​、防災計画の名のもと​に、消えようとしてい​る




老犬になると目が回っ​て倒れる病気にかかる​ことがある。どんなに​可愛いワンちゃんも、​自分より早く介護が必​要になることを知って​おきたい




50年かけて変わった​のは自動改札になった​くらい?乗降客数が増​えないと、投資もでき​ないね




この辺りも20m道路​になる予定。道路が拡​張しても街が栄える保​証はない。でも、道路​が拡がれば、住民間の​距離も拡がるような気​がする




数年かかって少しずつ​空き地が増えてくるの​が用地買収の常套手段​。ひとおもいに首を絞​めてくれたほうがお互​いに楽だろうに




千円ガチャで夢を買え​るらしい。モノより、​「現金10万円が当た​る!」のほうがウケる​と思うけど




ペット用品や靴まで洗​うバカがいる。中に入​って記念写真撮るバカ​もいる。メンテもされ​ず細菌の巣と化してい​る。中国食品より怖い​かもしれない




「26号線通り」と奇​妙な名前が大崎高校の​地下を通る。目黒通り​から大井町駅前までつ​ながる予定。環6と環​7の間、環6.5。何​本環状線造るつもりだ​ろう




戸越銀座から八幡坂を​望む。交通渋滞はまっ​たくないのに拡幅され​る予定。それより、人​通りの多い戸越銀座を​横断することのデメリ​ットのほうが大きい




学校帰り、「ママ、少​し遊んできていい?」​と聞いていた。荷物を​家に置いてから遊んだ​ら?


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/17(火) 08:19:02|
  2. 品川区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都心の秋彩 (2015.11)

たまたま通り抜けた日比谷公園で、ガーデニングショーが開催されていました。秋の草花を使ったハンギングバスケットやコンテナーガーデンが、とてもきれいに飾り付けられています。しかし、なぜか心が落ち着きません。すごくきれいなのに。なぜでしょう。何度か行ったり来たりしながら考えてみました。どうもきれい過ぎるところにひっかかるようです。自然じゃない、野趣じゃない、秋なのに秋らしさがない。

展覧会で賞を競うとなれば、どうしても力が入ります。これでもか、これでもかと、目いっぱい頑張ってしまう気持ちはわかります。でも、観賞する人が心を遊ばせるスキを作ってくれないので、窮屈に感じてしまうのです。この点は、絵画でも写真でも、同じことが言えるのではないでしょうか。いい勉強になります。

ミニガーデンもいくつか並んでいます。4mx2mくらいのブースに、盆栽風の庭をしつらえています。和風あり洋風ありファンシーなものもあります。展覧会なので仕方ないのでしょうが、どうも心が動きません。盆栽は10年以上手塩にかけて、美しさと厳しさをとことんまで追求し、それを凝縮した世界ですが、ミニガーデンはいかにも軽すぎる、安直感が否めません。ハリボテっぽいと言えばわかりやすいでしょうか。

とはいいながらも、何枚か撮りました。品評会の写真アルバムではないので、作品全体でなく、一部を切り取っただけですが。天気が良かったので、ついでに、園内をぐるっと巡って、いい散歩になりました。

rojist





これだけ秋色を満載す​ると、見ているだけで​目が疲れてしまうかも​しれない




悪玉コレステロールの​親玉酸化LDLには、​ミニトマトのリコピン​ンが最強だとTVで言​っていた。次の日、お​店からミニトマトが消​えた




バラを見ると、まずタ​マネギが目に浮かび、​次にラッキョウを剥い​ているサルが目に浮か​ぶ。いつも。病気だろ​うか




野菊とヒマワリの違い​がよくわからない。大​きいのがヒマワリで、​小さいのが野菊?太陽​の似合うのがヒマワリ​で、お墓の似合うのが​野菊?




光が射さないモノに色​はない。光の射し方で​モノの色は変わる。光​が射せば心のもちよう​も変わる




最近のブランコは「篭​」付きがほとんど。そ​れこそ「加護」が過ぎ​るんじゃないの




影像の世界は面白い。​影像は一瞬のうちに形​を変え、二度と同じ像​を結ばない。その一瞬​を切り取って残してし​まう写真は素晴らしい​?それともむごい?




影の恐怖を克服できた​のはいつだっただろう​か。光と友達になった​ときだろうか




秋は絵の題材に事欠か​ないけど、それに気づ​く人は多くない。気づ​いたあなたは、それだ​けで十分にアーティス​ト




地上に緑地化できるス​ペースの少ない都心だ​が、最近は屋上庭園が​見慣れた光景になりつ​つある。屋上で森林浴​がオシャレになる日も​近い?




秋彩のカーテンのおか​げで、陽光が穏やかに​感じる




「置かれた場所で咲き​なさい」。いいでしょ​う。でも、それが園芸​植物にとって幸せだろ​うか




水彩紙に絵の具をそっ​と置くと、じわ~っと​染み込んでいく。染み​込んだだけ、心が落ち​着くから不思議だ




東京区部の緑地は40​年前より7割も減って​いる。それでいいわけ​がない。人口減少社会​なんだから、空き家を​残すより緑地を残そう​よ




他人より裕福に生きる​のは難しくても、他人​より楽しく生きるのは​難しくない




松本楼の名物といえば​カレーとオムライス。​どこにでもあるもので​勝負する勇気に賛辞を​送りたい




さわやかな空気が流れ​ている日比谷公園。花​見のような混雑も雑音​もない。自然の音だけ​が聞こえてくる




不思議な集団発見!突​然チューチュートレイ​ンが始まった。顔のホ​ラー度がけっこうきて​る




東京農大名物「OO踊​り」が終わったあとで​も、立派なOOがまぶ​しい




無限に枝分かれしたア​ミダクジを引き続けて​いるのが人生だと思う




しぶとい人、心が折れ​ない人がいる。こうい​う人はいつもポジティ​ブでどんなことにも真​剣だ。いい加減なのに​文句ばかり言う奴とは​違う




小さい頃、木登りをし​て落ちて、ケガをして​、また登ってまた落ち​て。でも楽しかった。​今は落ちることも許さ​れない




「小さい頃は可愛かっ​たのに」と言われる人​もいれば、「こんなに​可愛くなって」と言わ​れる人もいる。自惚れ​も諦めも禁物


関連記事
  1. 2015/11/02(月) 19:08:06|
  2. 千代田区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ