東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

新宿の朝、働く人たち (2015.2)

毎週2回は、朝、新宿に出かけています。日本一危ない街といわれる歌舞伎町を通りますが、危ない人はまだ寝ているようで、平和な空気が流れています。時々は、朝帰りで奇声を発している人や、千鳥足の人、路上で寝ている人を見かけます。なかには、女性もいるので驚きます。海外をひとり旅してレイプされる女性がたくさんいますが、それと同じくらい危険な場所だということがわからないのでしょう。

新宿くらいの繁華街になると、タバコの吸殻や、ペットボトルに空き缶、などなど、ゴミの山で、夜明けの道は汚れています。立小便の跡もあります。やっかいなのが排水溝です。それにしても、人はなぜ、ゴミを排水溝に捨てたがるのでしょう。破れ窓理論が証明しているように、荒んだ街並みには荒んだ心が似合うので、荒んだ人たちが集まってきます。マナーの悪い外国人旅行者が大挙して訪れている昨今ですから、少しでも手を抜けば、ますます荒んでしまいます。ロサンゼルスのダウンタウンのようになってしまっては、あとがたいへんです。

それでも、朝、歩いていて気づくのが、掃除をしている人たちの多いことです。区の清掃員のほかにも、ボランティアの人もいたりして、汚れるそばから掃除しているので、意外にキレイだったりします。ワールドカップでは、日本のサポーターのゴミを片付ける行為が世界中に驚きを持って賞賛されましたが、新宿をきれいにしよう、という人たちのおかげで、新宿がひところよりも、清潔で安全になってきたような気がします。シンガポールのように、ゴミひとつ落とすだけで罰金を課すことなく、きれいな街づくりができれば、それだけで、世界に誇れると思います。

そういうわけで、今回は、新宿の朝、路上で働いている人にフォーカスしました。普通に働いている人を撮るのですから、地味な画になりますが、彼らに対する感謝の気持ちを精一杯表現したつもりです。

rojist






365日10時前には行列ができるパチンコ屋の開店前。まだ柔らかな空気が流れている




もうすぐ開店。BGMの音量が上がって、店員も客も緊張が走る




違法駐輪の自転車をヒステリックに撤去する街もあれば、鷹揚に規制する街もある。その差はどこにある?




新宿の朝ではよく見る光景。ずっと夢から醒めたくない人は、ほっといてあげるのも親切かも




元新宿コマが高層ビル(正面)に生まれ変わりつつある。これをきっかけに、歌舞伎町が普通の街になれるか、興味はある




「職務質問」という本には、歌舞伎町にうごめく人たちが精緻に書かれている。やっぱり日本一アウトローの街だった




新宿の朝は、納品・配送の車が右往左往している。人は時間制限があるから頑張れるのだろう




測量の仕事は、好景気なら民需が、不景気なら公需があるので安定している。狙い目かもよ




消費需要の大きな部分を占める住宅市場。10年後、住宅着工数が減り続けて、21世紀初めから半減するらしい。新産業を見つけないと日本経済がジリ貧になる




看板や壁の落下事故が頻繁に起こっている。安全検査は欠かせない。下向いてスマホいじってると、ケガするよ




「半沢直樹」の土下座シーンのように、人前で膝をつくことには抵抗のある人が多い。たとえ仕事でも。だから、この人はえらい!




笑うのが健康にいいといっても、なかなかそういうチャンスはない?そう思っている人が病気になるかもよ




シニア労働者が街にあふれている。外国人労働者も。一人当たりの賃金が減り続けるのは当たり前だろう




インフレになっても「格安」はなくならない。同じモノなら安いほうがいいに決まっている




落ち葉の掃除は楽じゃない。ムリに掃こうとすると落ち葉は逃げる。人を育てるのも同じ




違法駐輪がなくならない。「駐輪禁止」ポスターより、「ここの放置自転車は自由にお使いください」ポスターのほうが効果あるらしい




ダブルサイズのベッドに、応接セットもある。クッションまで付いて。ホームレスも快適性を求めている




グリコの「置きお菓子」が人気らしい。社内にたくさんのお菓子を置いて、食べただけおカネを払うシステム。置いた会社の考えが理解できない




喫煙スペースがなぜか物悲しい。少しずつ首を絞められているような




初めて気づいた商売。身を助ける情報もあれば、身を滅ぼす情報もある。くわばらくわばら


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/23(月) 21:30:54|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京の台所に潜入 (2015.2)

いまだにすったもんだしている築地市場ですが、ようやく引越しの時期が決まりました。来年11月上旬です。引越し先は、現在の場所から直線距離で2キロメートルくらい南にある豊洲です。たかが2キロ、されど2キロ。なにしろ、約23万平方メートルもある巨大な施設ですし、900にも及ぶ業者の大がかりな引っ越しです。それに、あまり指摘されていませんが、扱うのがナマモノですから、よほど道路事情を改善しないと、2キロの違いが命取りになる恐れだってないわけではありません。

この機会に業務を拡大したい業者がいる一方で、2割弱は資金難や後継者不足を理由に移らないといわれています。彼らは東京の台所を担う大切な人たちですが、ほとんどが零細業者です。冷蔵庫や水槽など設備を新しくするといっても、そう簡単ではありません。都の事情で引越しせざるをえないわけですから、新たに設備投資をするときは、都が利子に相当する分を別途援助するなど、特別な支援を行ってもいいのではないでしょうか。

築地市場には2年くらい前に行きましたが、引越しを控えてどんな変化があるのでしょう。外国人が激増しているという話もありますし、久しぶりに訪れてみることにしました。

平日にもかかわらず、すごい人出です。でも、そんなことにはお構いなしに、ターレが高速通行しています。業者にとっては朝の1分を争う戦場ですから当たり前のことです。歩行者用通路などありません。前後左右、どんな小路からも突然現れます。音がしないので、ぼやぼやしていると、轢かれてしまいます。轢かれても自己責任です。イスラム国に入るのと同じです。

観光客の半分近くが外国人らしいことに驚きました。ほんとうに楽しそうです。目が輝いています。場内のすし屋の前にも行列しています。日本だけは、普段食べないナマモノも平気なんでしょう。

場外市場に場所を移すと、場内以上に賑わっています。今はですが。場外は引越ししないので、独り立ちしなければいけません。来春には新しい街に生まれ変わる計画がありますが、いずれにせよ、銀座まで1キロ、東京駅や日本橋まで2キロという立地を活かせるかどうかにかかっています。期待しましょう。

今日は、朝から熱い男たちの、熱い意気を感じた一日でした。

rojist





久しぶりに早起きして飛んできたのに、築地場内の朝はもう終盤に差し掛かっている




場内は人よりもターレが優先。ものすごい数のターレが縦横無尽に動き回っている。働きアリの群れのように




魚介類は新鮮さを保つために大量の氷がいる。人間は新鮮さを保つために何が必要だろう




来年11月、あの高層ビルのずっと向こうにお引越し。規模が規模だけに、移転の段取りに興味が尽きない




残飯を狙うカモメたちが空を舞う 。海は見えないけれど、海を感じることができる




最初にタコを食べた人、あんたはエライ!「食」文化勲章に十分値する




この街では、大きな荷台の重い自転車、黒チャリが現役でんばっている。でも長寿社会で生涯現役って、辛いものがある




車もターレもバイクもリヤカーもチャリも人も、いっしょくた。信号もない。こんなに雑然混沌とした街はほかに知らない。カオスの街と名づけたい




あちこち朝から行列が絶えない。行列は食欲を誘うから、一日中築地にいたら食べ過ぎてしまう




今日一番の美人さんたち。それにしても、日本人より、日本の魅力をよく知っている外国人が増えているようだ




よたよた歩きのおじいちゃん。ずっと昔から場内で買い物してきたのだろう。危ないから気をつけて




屋内でも、ターレががんがんに飛ばしている。イスラム国に行くのも、ターレの前で写真を撮るのも、自己責任




ダンベルでトレーニング中のおじさん。力勝負だもんね、この仕事




巨大な建物の中なのに、一年中濡れている。一年中お肌しっとり




柔らかな自然光は心の中まで熱を届けてくれる。LED照明のメリットは否定しないが、自然光のようにはいかない




くまもんがくまもんを呼んできたみたい




子供を乗せて走ってあげたら、キャッキャと喜ぶだろうな。子供って、ちょっと危ない経験をさせるほうがいいと思う




発泡スチロール箱の処分場。ぜんぶリサイクルされる。大量の氷も融けてなくなるし、魚はお腹に入るし、築地市場が扱うものはみんなエコ




戦場のような朝の仕事も、職場をきれいに掃除して終わり。オフィスの仕事だって掃除して終わるのは当たり前だと思うけど




築地の守り神、波除神社。立派なお尻をチラ見してしまい、雑念で気持ちがこもらなかった




千社札も、これだけ貼ればアートになる。色札、重ね札、無許可札だけはやめてほしい




お歯黒獅子。歯磨きだけでいつも真っ白な歯にできたらノーベル賞ものだね




最近は、おしゃれで軽い長靴が主流になっているけど、築地の男たちはかたくなにダサくて重い長靴を愛しているようだ




築地がいっぱい詰まっているグッズ。外国人が買っていった。まあ、そうだろう




竹下通りのような場外。場内が移転しても、同じ賑わいを保つには相当な努力が必要だろう




オシャレにリバイバルされたカーゴバイク。電動にしたら一般にも流行るかも。子供を乗せても安全だし




小さなホルモン丼の店。「ガリタ出没注意」のステッカーが食欲を誘う




今日のおみやは、たい焼きでなく、まぐろ焼き。築地だからどっちでもいいと思うけど。小倉+あんず餡の中トロは不思議に美味だった





関連記事
  1. 2015/02/11(水) 15:42:27|
  2. 中央区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ