東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

横浜たそがれ (2014.8)

「真夏の夜景を撮りに行こうよ」と誘われて横浜にやってきました。写真を撮るようになって約3年、初めての夜景撮りです。今まで意識して避けてきたわけではありません。ただ、面倒だっただけです。

午後5時頃、野毛の商店街からスタートです。ここには約120の店舗がありますが、そのほとんどは飲食店です。初めての野毛ですが、事前のイメージは、「小汚いおやじの街」でした。東横線がみなとみらい線と直結したため、昨年、東横線のターミナル駅だった桜木町駅が廃止されました。それ以降、客足が3割減ったと言われているので、さぞや閑散としているだろう、そんな街撮りもまた興をそそる、そんな思いを描いていました。

実際に訪れた野毛は、まだ寝起きのたたずまいの中にありました。かったるい空気が充満しています。薄暮というにも少し早い。ゆっくり歩いているのに、蒸し暑さが服にまとわりついて、気持ちが悪い。おやじ臭がしていないか、気になります。

通りかかった老舗のジャズ喫茶「CHIGUSA」、隣はピアノバー。なんだ、なかなか、しゃれてるじゃん(浜言葉を使ってみた)。それほど広くない店が、おじさんたちで、ほぼ満員。壁を埋め尽くす巨大なスピーカーに向かって、誰もが整然と座っている、まるで映画のスクリーンを見ているように。オーディオファンに無駄口はいりません。ただ座って、音楽の世界に漂う、それだけで幸せ。そんな雰囲気でした。たしか、わが家の倉庫に、30年以上前に使っていたターンテーブルがあったはず、アンプもスピーカーも、LPだって何枚もあったはず。今度出してみようと思います。

もう一軒、気になったお店に「旧バラ荘」というのがありました。通りかかったときは、まだ開店前でしたが、妖しい貼り紙が何枚もあって、それに店名が店名なので・・・。帰宅してからも、頭から離れません。寝ぼけ眼でネット検索をしたところ、すぐに見つかりました。戦後まもなく誕生したときが、「バラ荘」というバー。惜しまれながら2006年に閉店して、野毛通信社という会社になりました。その後、元旅行会社の営業マンが「旧バラ荘」としてバーを開店しました。飲食の経験もないのに。きっとバラ荘が大好きだったんでしょう。あのアラーキーが、JRのガイドブックの表紙に撮ったのが、このお店だそうです。表紙に這う真紅色のコピーには、「ネオン色した掏りガラス。遠くで聞こえるアコーデオン。ストーリーが始まる。ヨコハマ」とあります。なんとも、そそるではありませんか。

野毛が旧市街だとすれば、みなとみらいは新市街です。舗装されて道幅も広くなったとはいえ、まだ路地のある野毛の街、そこから10分足らずしか離れていない、みなとみらいは、隣町とは思えないほど、異世界のたたずまいです。この日も親子連れで大混雑しています。高層ビルが林立する様は、壮観ですし、きれいではあっても、なぜか心が動きません。東京でも、豊洲や台場などの新世界に魅力を感じないのと同じなのかもしれません。何が足りないのかを考えてみたところ、作り物にありがちな、無味乾燥感が勝ちすぎるのでは、街に深みと暖かさが足りないのでは、そんなところでしょうか。門外漢なのに生意気ですが、都市計画の理念を根本から考え直せないものでしょうか。

日がとっぷりと暮れてから、再び訪れた野毛にびっくり。さきほどの静寂さがウソのように、大賑わいしています。外に行列を作る飲食店もたくさんあります。蒸し暑いのに、冷房の効いた店がほとんどありません。店の中も外も、むんむんしています。夏休みの家族ずれや学生たちではない、明らかに勤め帰りの感じですが、ワイシャツ姿が少ないところを見ると、IT系のサラリーマンでしょうか。男も女も、若者が目立ちます。わけ知り顔の外国人たちもちらほらいます。

どっこい、野毛の飲み屋街は生き残っていた。この事実を知っただけでも、ほろ酔い気分のせいだけではなく、ほっこりした気持ちになりました。

rojist





午後5時、野毛の飲み屋街のたそがれ時。まだ寝起きのかったるい空気が漂っている




大岡川の土手に覆いかぶさるように建つ都橋商店街。「ブルーストリート」と名づけてみた




たこ焼き屋さんの開店前、慌しくも、静かな時間が流れる。わずか2坪に満たない場所にも、毎日小さな物語が紡がれていく




一番気になったお店。名前といい、妖しげな貼り紙といい、妙にそそる。実は知る人ぞ知る店だという。人は歴史を知ると見方も変わる




野毛で見つけた、こじゃれたジャズ喫茶にピアノバー。イメージはおっさんの街だったのに。百聞は一見にしかず




ジャズ喫茶の夜。お客の誰もが巨大スピーカーに行儀良く正対している。誰も無口で、ここにはながら族はいない




この夜の蒸し暑さはハンパないけど、飲んでる人も待ってる人も、みんな外にいる




突然出会った美空ひばりの像。似てるような似てないような。周りは飲食店、サウナ、馬券売り場。かわいそうなひばりさん




あっ、危ない!傾いた電柱からトランスがすべり落ちそう。と言いながら、落ちるところを見たがっている自分がいる




4人しか思い浮かばなかったんだろうか、中国の有名人。まだほかにいるよね。メニューみたい




こんなボインの馬が競馬をしていたら、順位はどうでもよくなってしまうだろう




駅の構内に置いてあったけど、れっきとした芸術作品らしい。でも近寄ると匂いがする。先入観は難物だ




ジョギングの途中だろうか。スポーティなのにアンニュイな雰囲気が妙にセクシー




ビルは何でも映す巨大なスクリーン。脚本も演出もない、ただ事実のみを映す。ウソつきは近寄らないほうがいいよ




モデルは総合芸術のパフォーマーだと思う。どんなTPOでも一瞬で相手に好感度を与えるのは、簡単じゃない




わざわざランドマークと名乗る必要はないけれど、どの街にもランドマークはある。あなたの街のランドマークって?




ずっと夜景を撮りたかった赤レンガ倉庫だけど、実際に目にしたら、感動しなかった。感動する心をいつまでも持ち続けることは難しい




闇のない夜は、夜じゃない。闇の住人は闇を求めてどこへ行ったんだろう




人生には決まったレールが敷かれていると言う人がいる。いや、そもそも自分の前にレールなどはないと言う人がいる。いやいや、どちらに一歩を踏み出すか、毎日あみだくじを引かされているのが人生だと言う人もいる

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/08/24(日) 09:28:50|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿佐ヶ谷の夏祭りといえば (2014.8)

日本全国「なつ~!」。体感温度が40度を超える毎日、猛暑を通り越して極暑、酷暑と言ってもいいでしょう。いやいや。沸暑、焼暑、焦暑。いやまだまだ。炎暑、地獄暑でしょう。雷雨の激さも、観測記録を塗り替えたというニュースを聞いても驚きがありません。異常が日常になってしまったということでしょうか。恐ろしいことです。ずっと前は、もっと優しかった、こんなにヒステリックじゃなかった。あれ、何のことだったっけ?そうそう、天気のことです。

あちこちで夏祭り真っ盛りです。ちょうど旧暦七夕の時期なので、阿佐ヶ谷に行ってきました。会場となっているパールセンター商店街には、たびたび行きますが、実に楽しい、わくわくする商店街です。都内でも5本の指に入ります(私見ですが)。600mもあるアーケードには、大型店がひとつもありません。それでも一年中人であふれています。「歩行者天国」都内第1号ですが、北関東と鎌倉を結ぶ旧鎌倉街道として、800年以上の歴史を持つ道でもあります。

七夕といえば、玉飾りと短冊ですが、ここ阿佐ヶ谷は、たくさんの手作り「張りぼて」が人気です。その意味では、仙台や平塚より楽しいでしょう。還暦を過ぎて、今年61回目の七夕祭。たくさんの人がかかわってやることですから、途中、いろいろと、苦労やトラブルもあったでしょうが、ずっと続けていることに敬意を表します。もしかしたら、利益共同体ではなく、運命共同体だからこそ長続きしているのかもしれません。

夏休みとはいえ、平日なのに、すごい人出。お店も、ここぞとばかりに、大声でアピールします。店員さんも、お客さんも、若い人が多くて、活気にあふれています。楽しい七夕祭です。ちょうど、阿佐ヶ谷神明宮で、バリ舞踏祭をやっていましたので、その写真も掲載しました。

アニメフェスやジャズフェスでも注目されている阿佐ヶ谷、知名度さえ上がれば、いずれ住みたい街ランキングの上位にランクアップするかもしれません。

rojist





円満夫婦の間には、いつも天の川が横たわっているのだろう




仙台や平塚とは一味違う。どこが違うって?もっと「七夕なう」っぽいかな。よけいにわからない?




下を歩く人も混雑しているけど、100体に及ぶ「はりぼて」もけっこう混雑している




お店独自のPR「はりぼて」もたくさん。こういう時は、あまり商売っけ出さないで純粋に楽しもうよ




真夏に雪の映画が大ヒットしている。暑いのにサンタがくる南半球のクリスマスより、まだ理解できるかも




みごと、優勝(区長賞)の「アナ雪」。七夕祭りも流行語大賞みたいに、世の中の流れに敏感にならないといけない




生徒も参加。夏休みの宿題のひとつかも




下を通る子どもたちには、一番人気だったゆるキャラ。子どもは外見を気にしないのに、どうして・・・




巨大トトロにも、たくさんの人だかり。プラネタリウムみたいに、みんなが上を見ているから面白い




なぜかこの顔の「ネコぼて」が多い。なんだろう?世の中ほとんどが知らなくていいことだと思えば気が楽だ




伝統的な浴衣もいいけど、こっちのほうがおしゃれ。私も似たようなプロポーションなのに、かわいくないのはなぜ?




今年の美少女コンテストの優勝は12歳だって。ママと娘の闘争本能ははんぱない。その分闘争放棄の亭主が増えている




「労働は商品ではない」と国際的に宣言されてちょうど70年。ブラック企業、ブラックバイトがますます増えている皮肉




子どもが寄ってこない店。なんでこんなモノ置いたんだろ。店主に聞いてみたい




商店街の七夕祭だから、どの店もイチ押しを盛んにプッシュしてくる。匂いが混じって、こういうときのアーケードは困る




もう少し、おいしそうにできないの、サンジェルマンさん。小学生の家庭科じゃないんだから




知らないゆるキャラばかり。自分が世の中に疎いのか、主催者のひとりよがりなのか。どうでもいいか。天の川に流そう




パイロット不足が深刻で減便が相次いでいる。新幹線の運転手も同じ。いずれ運転が無人化される時代になるのだろう




地元のアニメ制作会社の出しもの。アニメの街をめざす阿佐ヶ谷らしい。そういえば、駅そばにアニメストリートができたんだって?ていない




屋根の上で、音楽に合わせて踊るうさちゃんたち。焼き鳥屋で、うさぎ?もしかして、うさぎの肉?




右が銀賞、左が銅賞の「はりぼて」。でも、メッセージが伝わってこない。努力は認めるけど




ムンクに大和。メッセージ性は十分だけど、TPO考えたほうがいいと思う




個人的には気に入った「はりぼて」。繊細かつダイナミックでもある




夏祭なのに、浴衣姿は子どもばかり。せっかくだから、女性の浴衣ファッションコンテストをやってほしい




ハリウッド版が公開中のゴジラ。今年還暦を迎えてなお元気。負けてられないね




夏祭りの福ボックスセール。こういう子どもたちが、いずれ福袋に群がるようになるんだ




エコPRの「はりぼて」も多い。悪いことじゃないけど、家庭に細かな分別を強いるより、包装材を規制するほうが先じゃないの




中国製食品と対極にある、オーガニック、マクロビオティック、・・・。安心安全は食品も、エネルギーも根っこは同じだろう




日本ではお札の顔はみんな右向いて左顔を見せている。感情を司る右脳とつながっているので、表情が豊かだから。そういえば、左顔が描きやすい




終わったら解体して、すぐに、来年の「はりぼて」を考えないと。たいへんだけど、みんなが見てくれるから、がんばれ




似顔絵の描き始め。まだ少し緊張してるかな




途中経過を見せたらこの表情。かわいいね




日傘男子が増えているらしいが、まだ見たことがない。傘に帽子に花粉メガネにマスク。いずれ一年中顔を隠すようになるのだろうか




最近前髪でおでこを隠す女子が多い。見せるほうが聡明で美しく見えるのに




「ねえ、少し食べさせて」「ダメ、ずっと仲良くしていたいから」




神明宮で、なぜかジャワ舞踏。バリヒンドゥの精霊信仰と日本の多神信仰との親和性が高いのだろう




イスラム国家でも、仏教遺跡やヒンドゥの伝統文化を継承しているインドネシア。健全だと思う




ジャワの踊りは、明るくて優しくてエロチック。会場がドーパミンで満たされる




楽しく踊れば、周りも楽しくなれる。笑顔でいれば、周りも笑顔になれる


関連記事
  1. 2014/08/13(水) 12:46:01|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

URaHaRa street art (2014.8)

しばらく行かない間、原宿はまた膨張していました。肥大といえば失礼ですが、進化といえば褒めすぎでしょうか。原宿駅から表参道を行って、明治通りを越えたあたりから、青山通りまでの広い地域は、誰が名づけたのか、「裏原」(ウラハラ)と呼ばれています。スペース的には、駅から明治通りまでの、いわゆる「表原宿」の5倍以上もあります。

竹下通りと表参道をメインストリートとする表原宿に対して、裏原のメインストリートは表参道のほかには、原宿通りと南北のキャットストリートです。今回は裏原地区のあちこちで見るストリート・アートが中心です。アートと言いましたが、実は落書きです。しかしこの落書きがこの街に不思議にフィットしています。落書きというより、英語のグラフティのほうが似合います。

グラフティアートでは、NYのクイーンズが有名ですが、裏原の落書きも、グラフティ+アートとして認められるようになれば、それを見に集まってくる人たちも増えて、より面白い街になるのではと思います。

「前衛芸術」という範疇は、いつの世でもラディカルで、イリーガルで、アナーキーで、デストラクティブなものです。それが、ごく限定的な空間を占拠している間は、文化に成りえませんが、それが、ひとつの街を占拠するくらいに膨張してくると、「前衛」が「文化」に変わる瞬間がやってきます。裏原にはそこの極みを目指してほしいと願っています。いや、もう「文化」の領域に達しているかもしれません。

ただ、夜中に住人の許可も得ず、スプレーしていくようなことは厳しく取り締まるべきです。そのかわり、住民の理解を得ながら、街ぐるみで、落書きスペースを確保するとともに、アーティストを公募して、選別し、レベルの高い作品を展示していってはどうでしょう。期待しています。

rojist






国立駅が趣をなくした今、都内にある停車場風の駅舎は原宿駅だけ。いつまでもガンバレ




超軽量シューズに慣れた今、硬くて重い靴が押入れの奥に山になっている。そろそろ処分どき




「永遠」「forever」が好きな人たちは、きっと会話に「絶対」という言葉を使いたがると思う




せっかくのキレイな落書きに、汚い落書きを重ねないでほしい。それが落書きのルールだと思う




落書きと壁絵との違いがあいまいになってきた




姉妹かな。似ているね。落書きバックでも絵になる彼女たち。落書きをパブリック・エクステリアのひとつに認めてくれた人ってすごいと思う




汚れたガレージの中。うわべじゃないよ中身だよって言いたいげな




落書きの壁を残したまま家が建つ。落書の街だから。施主の太っ腹に喝采を送りたい




キティもミッフィーもディズニーも、夢を売る人気キャラクターほど、えげつない著作権ビジネスをしていないだろうか?




かぶり物が流行っている。整形もひとつのかぶり物だろう。それで自信と笑顔が得られればそれもいい




こういう人たちばかりいる一角が裏原にある。いやおうなしにビジター気分にさせられた




落書は、読んだり、意味を知るものじゃない。感じるものでいい、と私は思う




田舎(だしゃ)から生まれたと言われる蔑称、「ダサい」。「カワイイ」の反語みたいだけど、このふたつ、意外に近いかも




最近の絵画は2次元のキャンバスにこだわっていない。キャンバスにできない素材はない。勇気があれば




毛細血管みたいな路地の端の端まで、この街は貪欲に使い尽くされている




若者がビールを飲まなくなった。苦い、不味いという。明らかに味覚が変わっている。いずれ世の中甘いものしか残らない?




路地の落書きを見ながら遊ぶ子供たちは、少なくても人前で表現することに躊躇しない大人になるだろう。うらやましい




デザインフェスタ・ギャラリーには大小70部屋を越えるレンタルスペースがある。訪問者の3割が外国人という。日本人も、もっと行ってみたら




ギャラリーというより、アートパークの雰囲気




「あの落書きの角を左に曲がって、その落書きのある家の2階」、なんて道案内できる街




工事現場のフェンスは、立派な広告スペース。もっともっと活用すればいいのに




世の中あらゆる分野で活躍するのはオタクたち。日本という国は、救世主たる「ものずき」の登場が待たれている




近眼も老眼も白内障も、最先端の眼内レンズで治るようになった。メガネ屋さん、目がまっ白




絵に上手下手はあっても、良い悪いはない。写真も同じだろうか




作品を見るとすぐ、「どこに飾る」「いくらする」と考えてしまう。どれだけの芸術家がそれを考えずに創作しているのか、知りたい



関連記事
  1. 2014/08/05(火) 08:14:09|
  2. 渋谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ