東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

されど仲良し、実篤公園 )2014.6)

「君は君、我は我なり、されど仲良し」

大好きな言葉です。自立しているけれども、お互いをリスペクトし合う。ご存知、実篤先生の処世訓です。

「みんなで渡れば怖くない」の言葉に代表される、日本人の特質は、多かれ少なかれ、農耕民族に共通するかもしれません。World Cup 2014での、サムライブルーの戦い方にも現れていますが、個の力を引き出しながら、チームとしての持ち味がうまく出せるときは、総力以上の力を発揮できるけれど、個の力が出過ぎて前のめりになると、チーム力が落ちてしまう。日本に真のスーパースターが生まれれば優勝できるかもしれませんが、日本人の特質を考えると、抜群のチーム力を育てることが優勝への近道なのかもしれません。それとも、両方が揃って初めて、となるかもしれません。

甘え合い、もたれ合い、傷をなめ合うことなく、シンドイけれど、まずは自分の足で立ってみようよ。立てない人には手を差し伸べるのは当たり前だとしても、夫婦も、親子も、労使も、弱者も、国民それぞれが、がんばってみようよ。周りには、生理的に合わない人や、信条的に合わない人がたくさんいます。そういう人とは、敵対せずに遠ざけるにかぎります。実篤先生は、そんなことを言いたいのではないでしょうか。「人」という字も、ふたりが寄り添っている形よりも、縦線が2本寄り添っている形「||」のほうがいいのかもしれません。

今回は、その実篤先生の住まい跡、実篤公園に行ってきました。きっかけは、朝日新聞の記事です。黄金色に光る「ヒカリモ」が写真付で紹介されていました。「神秘の輝き」とあります。期待に胸膨らませて、といったところです。

園に入ると、「ヒカリモ」の看板があちこちにあって、迷うことなく、余計に期待が膨らみながら現場に到着。菖蒲園に板敷きの通路が渡してあり、「ここから見えます」みたいな案内文が貼られています。懇切丁寧このうえなしです。でも、拝観した一声は、「なにこれ、光ってない」でした。曇り空だったので、その後太陽がでたところで、小走りに再び現場へ。でも、やっぱり光っていません。西向きなので、西日が当たれば光るかも。でもそれまで待てませんから、一応、ドス茶色の汚物溜まりみたいなモノをパチリ。それにしても遠い。望遠300mmでも小さい。近寄れないのが残念。新聞には見ごろと紹介されていたショウブも、一輪だけ。残念な結果に終わりました。

そこで、実篤公園から自転車で10分ほどの、蘆花公園にも立ち寄りました。実篤公園の数倍もある、巨大な公園です。トルストイに心酔して、雑木林をこよなく愛した蘆花が好みそうな、「武蔵野」の面影がありました。「青葉の頃其林中に入りて見よ。葉々日を帯びて、緑玉、碧玉、頭上に蓋を綴れば、吾面も青く、もし仮睡(うたたね)せば夢又緑ならむ」(蘆花の文そのまま引用)。素直な性格とまなざしを羨ましく思います。大好きなあじさい「アナベル」が群生している様子にも出会えて、元気をもらいました。

今回は、武者小路実篤と徳富蘆花という2大文人の居宅跡の散策となりました。いずれも、たいへん広大な敷地でした。最近の小説家は、小説を書くだけでは、豊かな生活をおくることができないどころか、生活に困窮し、本を書く前に、印税の前払いを頼み込んでくる人がたくさんいます。モノ書きしかり、絵描きしかり、文化人が食べられない時代というのは、豊かな時代なんだろうか、幸せな時代なんだろうかと、考えさせられてしまいました。

rojist








実篤先生の絵。お互い、違いを探したらキリがない。もういいかげんに、仲良くしようよ




実篤公園。地下茎は敷地の境界を気軽に越えて、隣家にヒョイと顔をだす。あんた誰って?そんなの関係ねえ




かぐや姫の物語。竹の生命力にあやかったのだろうか?今日はタケノコご飯にしよう




右下の茶色っぽいのが、「ヒカリモ」。特別天然記念物って、言われてもなあ。知らなきゃ廃液溜まり?




菖蒲園で、唯一咲いていた。同じ花にも、勢いのある花もあれば、元気のない花もある。どっちにも命はある




あじさいは、酸性土壌だと赤、アルカリ性土壌だと紫。中性は青。あなたの身体は何色?




この世の中、歪んでいないと誰が断言できますか?




人生、辛いことばかりという人がいる。でも、とりあえず、辛いは面白いということにしておこうよ。今日は




世界中、すべてがおぼろげに見える。視界不良。そういうときこそ、心の眼で観てみよう




クモの糸にピントを合わせるのは、針の穴に糸を通すより難しい。このクモあまり几帳面な性格ではないとみた




水鳥はいつも鏡をみている。でも悲しいかな、死ぬまで一張羅。オシャレができない。人間であることに感謝




「美しい花」と思えるかどうかが問題だ。富士フィルムのCMにあった。「美しい人はより美しく、そうでない人は、それなりに・・・」。それでいい




顔色が悪いから、ちょっとほほ紅をさしてみたらって、あなたが言ったから。どう、変わった?




女性ホルモンと似た効果があると、人気のザクロ。子宮に似ていなくもない。形が似れば効果も似るは、理にかなっているかも




「転がる石に苔はえず」。活動的な人は常に新鮮の意味もあるが、落ち着きのない人は能力が身につかないの意味もある。結局はあなた次第ということ




「遠近に 滝の音聞く 若葉かな」(蕪村)。滝行人気が衰えない。静寂より騒音の中にこそ無の境地があるのを知っているから




日本は成長に向かっているのか、それともカオスに向かっているのか。それは日本人自身が決めることになる




実篤の言葉に共通していること。「あるがままを認めて動じない」。それができない年寄りのなんて多いこと




蘆花公園にて。トルストイに心酔した徳富蘆花が1907年に移り住んだ旧家。死ぬまで雑木林を愛した




蘆花邸から外をのぞむ。脱法ハーブを吸わなくても、頭が壊れそう。こんな環境で文章を書けるのは、違う意味ですごい!




枝だけの襖絵。単純なモチーフでも、10号だと様にならないが、200号だと様になる絵がある。だから面白い




おしゃれな透かし障子戸。どこに使う?今の都会、いかに見せるかより、いかに見せないかに神経を使っている。プライバシーとは何?




蘆花もスケッチを好む。文字の得意な左脳人間、絵の得意な右脳人間という偏見は、そろそろ払拭されるべき




蘆花公園にも竹林。「珍竹林」ではない。見事な竹林。ざわわ、ざざ~、ざわわ、ざざ~。潮騒の音が聞こえてきた




アジサイは「おたふく」がいい。肉厚でぷっくりして、健康そう。誰が名づけたのか、言いえて妙




もうひとつ、好きなあじさい。白い貴婦人とも呼ばれる「アナベル」。だれ?後ろに紛れ込んでるのは。丸いからって、違うでしょ




鳥対策で張ったばかりの網に、さっそく鳥が激突していた。それまで、ああでもない、こうでもないと言い合っていたボランティアのみなさんの笑顔がこぼれた




ヤグルマギク。雑草育ちでもこれだけ目立つことができる。そんな生き方、働き方、育て方って、かっこいいと思う




野原にかわいい花が咲いていると寝転びたくなる。幸せな気分って、一生懸命探さなくても、どこにでもありそうだ


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/06/30(月) 10:11:50|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川越喜多院で自分さがし (2014.6)

ご存知「アナと雪の女王」の主題歌 “let it go”に、「ありのままの姿見せるのよ ありのままの自分になるの」という歌詞(和訳)があります。でも、考えてみれば、ありのままの自分でいたら、すべてうまく行くかといえば、そうはならないところがこの世の中です。とかくこの世は生きにくいのです。それに、「ありのままの自分になる」を、自分勝手でいいんだ、自分さえよければいいんだ、と曲解されても困ります。

では「ありのままの自分になる」とは、どういうことなのでしょう。個人的な考え方で恐縮ですが、それは「今の自分を素直に見て認識すること」です。自分を肯定することでも、否定することでもありません。自分の良いところ、悪いところを自己観照するということです。それができれば、我欲が消えます、嫉妬が消えます、迷いが消えます。

でも、自分を素直に認識できたからといって、人格的に優れた人になるわけではありませんし、スーパーパワーを得られるわけでもありません。生身の人間ですから、悩みもあるし、辛いこともあります。ただ、その辛さを受け入れて、辛さとともに生きることができれば、楽になります。言えることは、ムリを重ねて成功したり、ムリして友達を増やしたりして、結果、ストレスを溜め込むより、少なくとも、楽に生きることができます。

そんな生き方をしている人に、羅漢さんがいます。彼らは、釈迦の弟子のうち、悟りを開いた高僧でした。以前、川越の喜多院で五百羅漢を撮ってきて、ブログに載せたことがありますが、最後の一篇だけ残っていましたので、今回紹介させていただくことにしました。

今までに紹介した羅漢さんたちは、私が無責任なセリフを付けたために、俗人ぽくて、喜怒哀楽がはっきりしていて、とても悟りを開いた高僧にみえません。羅漢さんの人格まで歪められてしまったかもしれませんが、あくまでも悟りを開いた高僧です。でも、だからこそ、羅漢さんを人間味あふれるように描いてみたわけです。

今回のアルバムで興味を持った方は、以前に掲載した3篇のアルバムも楽しんでいただけたら幸いです。
2013年4月:川越喜多院で自分さがしVol.1
2013年5月:同上Vol.2
2013年7月:同上Vol.3

rojist





オレの心臓見せてやるよ。またやってるよ。手突っ込んで取り出してやんなさいな




なんか知らんけど、鳥がよくオレの頭にフン落とすんだよ。でも、こうして塗りこむと色と艶が出るんだな、これがまた




オレの頭にもフンしてくれないかな。脂っ気なくてかさかさなんだ。スキンクリーム塗ってんだけどなぁ




そう、そこそこ、いいね。男の足なんか揉んで嫌じゃないのか。ええこの人、ワタシのタイプですから




「幸福だから笑うんじゃない、笑うから幸福なんだ」って誰かが言ってたから、真似してんだ。仏典読むより簡単でいいぞ。ウソだと思ったらやってみなよ。わぁっはっは~




猫背なんてと、バカにしたらあかん。毎日ゲームなんぞやっとったら、こんなんなるぞ




オレこうみえてもボーリングうまいんだぜ。アベレージ200超えてんだから




あんさんにも教えといてやるわ。こうして親指の先でわきの下ちょんちょんするやろ。うひゃあ~、超気持ちええ。二人だけの秘密やで、これ




こうして頭をこすりながら経を唱えると、1円玉が100円玉に変わるって教えられたんだけど。もうあれから30年もこすってるよ




こうして膝の裏に手を突っ込んで膝を曲げると、膝痛が和らぐんだ。ほんとよく効くよ




オレのあだ名、羅漢の石破ってんだ。笑っても怖いんだってよ。そんなの知るか




オレなんかビーグルって呼ばれてんだ。オレの嗅覚、はんぱないんだぜ




なんでロクロ回してるときに、おカネ置くんだよ




だ~れだ。やだ~スギちゃん、隠すとこ違うじゃない




いつもなら後頭部たたけば、舌が出るんだけど、最近舌の調子が悪くて。こんど舌磨きしてみるか




赤ん坊のときから、食べるときは、ずっとこのエプロン。気に入ってんだ




いくらなんでも大き過ぎるだろ、この歯間ブラシ




雨降ったのはしょうがないだろ。お前はテルテル坊主じゃないんだし。そんなことで泣くなよ。そこの人、あんたもなぐさめてやってくれよ




あんた、なにサボってんだよ。ちゃんとお経あげなきゃダメじゃん

関連記事
  1. 2014/06/19(木) 08:59:00|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨があがったから (2014.6)

「雨が好きか」と聞かれれば、私は「嫌い」と答えます。テレビの天気予報士が、雨の予報をするとき、それも台風とか雷雨とか、荒れる天気を予報するとき、言葉では「用心してください」などと言っていても、なんとも、うれしそうな表情を垣間見ると、腹が立ちます。朝、雨が降っていると、娘はお気に入りの長靴に傘をさして、ルンルン気分で出かけます。わけがわかりません。

どこかの写真ブログで、「雨だから写真を撮りに行かないという人とは友達になりたくない」と言っている人がいました。私は友達になれません、今のところ。なにしろ、私の写真は、雨ダメ、夜ダメ、旅ダメなのですから。そんなんですから、趣味は何ですかと聞かれても、「写真」とは言えません。まだ。

先週は1週間くらい、ずっと雨模様でした。それも、しとしと型でなく、土砂降り型です。しとしとなら、なんとか許せます。でも、土砂降りは許せません。さっきまで機嫌がよかったのに、突然、怒りだすような。女のヒステリーはそんなもんだとわかっていますから、ある程度なら許せますが、天気のヒステリーは百害あって一利もありません。

いつか、雨があがったら撮りに出かけよう。そう思っていましたが、スッキリしません。やんだと思ったら、また降る。そんなことが繰り返していました。ひょっとすると、このまま何ヶ月も降り続くんじゃないだろうかと、不安になってきます。東京が沈没してしまったらどうしよう。皇居の東側はほとんどが海抜3m以下なのですから。ありえないことではありません。

ということで、やっと雨があがった金曜日、近所の公園にカメラをもって散歩に出かけました。カメラを構えたおじさんたちが何人もいました。へ~~。1時間足らずでしたので、写真は少しだけです。でも、この機を逃したら、お蔵入りなので、記録として公開しました。

rojist






雨が止んだあとの水溜りは、真珠のように輝いていた




毎日の生活にウツウツしたら、股覗きすればいい。まったく新しい世界を発見できるかも




雨があがったばかりで、ほかに誰もいない公園。ひとり(ふたり)占めだ~




雨雲から抜け出した飛行機が、汗をたらしながら逃げていった




水に映った自分にうっとりして、ナルキソスにならないでね、カメちゃん




往生際の悪い雨が、また雨紋をつくりに戻ってきた




自分の半生のわだちを見ることができたらどうだろう。う~ん。やめておこう。見てもしょうがないような気がする




小さいとき、ブランコに立ち乗りして、力を入れてこぐ。頭と体が水平になるくらいこぐと、大人になったような気がした




池から川へ。雨のあと、いつもより水の勢いが強い。しぶきがかかって気持ちがいいみたい




あ、ボクが映ってる



関連記事
  1. 2014/06/16(月) 10:57:24|
  2. 杉並区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早稲田でガウディ発見! (2014.6)

以前、バルセロナを訪れた際、アントニ・ガウディ建築を見て廻ったことがあります。「お~」「へ~」「わぁ~」「う~」。言葉にならない、それくらいの感想、いや、感動でした。ガウディ作品は、未完の大聖堂、サグラダ・ファミリアを含めて、7つの建造物が世界遺産として登録されています。個人名の付いた世界遺産はダヴィンチとガウディだけ。しかも、ダヴィンチは「最後の晩餐」のある教会一つが登録されているのに対して、ガウディのほうは、一人で7つもの建造物が登録されているのです。

市内の住宅「カサ・バトリョ」では、一緒に行った友達が、気分が悪くなって倒れてしまいました。なにしろ、天地がわからなくなるほど、半端ない曲線デザインや、常識的な色彩感覚を破壊するようなモザイクタイルなど、常軌を逸する世界にいたために、脳が拒否反応を起こしたに違いありません。そのときは、鎮静剤を飲んで、ホテルで寝ていたので、正気を取り戻しましたが、とにかく危険な建造物でした。

そんなガウディ建造物に似たものが東京にもあることを知りました。作家は、梵寿綱(Von Jour Caux)という、ふざけた名前です(すみません)。日本のガウディという異名があるくらいですから、相当に危険な人物なのでしょう。

作品はあちこちにあります。まずは、代表作の、「ドラード早稲田」に行って来ました。早稲田大学の正面、早大通りに面しているので、すぐにわかります。今年が、ちょうど築30年です。本人の言葉を借りると、「虚構化された現実を神話的世界の『夢見る力』で再生すること」を試みた、ということのようです。わけがわかりませんので、現物を見てみます。

誰が見ても、一見OOホテルでしょう。なるほど、ガウディ建築に似て、直線がほとんどありません。凸凹しているのも、色彩感覚も、“傾きモノ”の面目躍如といったところです。俄然興味がわいてきました。

実際に賃貸マンションとして使われているため、内部には入れませんが、周囲と玄関ホールだけでも、十分に楽しめました。建物の周りだけで、1時間も撮ったのは初めてです。明らかに不審者でした。

その後、向かいにある早稲田大学に侵入。全面ガラス張りの明るい学食から、緑あふれた大隈庭園を眺めながらのランチは格別、格安でした。ごちそうさま。

rojist





早大通り。一見OOホテル風の「ドラード早稲田」。おそるおそる異界に近づいてみる




ちょっと近づいてみた。第一印象は「凸凹してる」。頭が混乱して、ほかの印象が浮かばない




玄関前。この建物の雰囲気には、ダリの溶ける時計を採用してほしかった(時計屋さんにはムリなお願いだけど)




奥に洗濯物が見える。パラボラらしきものも見える。どんな人が住んでいるんだろう




「バロック」から連想するもの。アベノミクス、新国立競技場、4Kテレビ、大阪・・・




屋根のあるのがベランダ、ないのがバルコニー。洗濯物を干すのがベランダ、愛を語るのがバルコニー。どっちがほしい?




顔や体型に流行やファッションはいらない。十人十色であっていい。他と非なるものをめざそうよ




床屋、散髪屋、理容室、バーバー、どんな呼び方でもいい。美容室には行きたくない




家のどこかにターンテーブルが眠っている。LPも眠っている。ちょっと昭和の音でも聴いてみようか




禁止令が出てタトゥを消す市役所職員がいる。求職のためにタトゥを消す人もいる。オシャレでやるなら、描けばいいのに




小さいとき、魚のうろこを食べると、皮膚がうろこになると思って、魚がきらいだった。大人になっても、目にはまだうろこが残っているらしい




「緑の黒髪」や「透き通る白い肌」という比喩的表現がある。ほんとうだったら、気持ち悪い




見た目に捉われて人生を決めるのは、大いなる賭けだと思う。給料に捉われて仕事を決めるのも、大いなる賭けだと思う




心理学では、水玉好きは感性派、ボーダー好きは論理派だって。あなたは?




ウソをつくとき、男は目をそらすが、女は相手を見つめる。しょせん、勝負にならない




いよいよ玄関から侵入。凸凹して危ない。最近は平らでもつまづくのに。このマンション、高齢者には勧められない




気をつけないと、舐められちゃうよ




ガウディに加えて、ミロの世界観?あちこちスパニッシュなんだ。ついでに、1階にスペイン料理店を誘致したらどう




十二支?郵便受けの口が小さ過ぎない?丸めたり、細長くしたり、郵便屋さんたいへん




なぜだか、入国書類に瞳の色を書かされたことがある。瞳が1万ボルトもあれば書かされるのもわかるけど




耳や鼻は、傾けたり、鳴らしたりするぐらい。それに比べると、目や口はうるさ過ぎるくらいに、ものを言う




従順な犬よりも、マイペースな猫が好き。どっちも好きな人って、実はどっちも食べるのが好きっていう意味じゃないかと疑っている




工芸品と美術品の境界があいまいだ。美術工芸品に統合して、実用品と観賞品に区分けすることを提案したい。そのほうがわかりやすい




早稲田のえんじ色は、野球部コーチの出身校シカゴ大学の校色だという。色に歴史あり




豚汁小、野菜と牛肉の黒胡椒炒め、旨辛豆腐、ご飯、お茶。緑の庭&女子大生見放題。しめて441円の学食




学食からの眺め。スピードシートや立ち食い席など、長居禁止のコーナーがある。早稲田で食育は学べない




いつもコンビニ食の学生で賑わっている大隈庭園。1万坪もある。今どきの都心では100坪でも大豪邸だというのに




まじまじと見る人はいないのに、誰もがその存在を心にとめる。死の間際まで。時計台はそれでいいと思っている




遠くの美人に近づくのは躊躇するけど、望遠レンズで近づくのは躊躇しない。これって、性格や行動を歪める遠因になるかもと、最近は心配するようになってきた

関連記事
  1. 2014/06/06(金) 16:34:43|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ