ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

神宮大興奮 (2013.10)

10月26日(日)、久しぶりに東京六大学野球を見に行きました。スワローズファンなので、神宮球場にはたびたび行くのですが、六大学はめったに行きません。今回は特別に、法大の西浦が先週のドラフト2位でスワローズに指名されましたので、どんな選手なのか、実際に見たいこと、2年後のドラフト1位指名確実の明大2年生投手、上原を見たいこと、明大が対法大で2勝すれば優勝すること、など見どころがたくさんあったからです。

日曜日の野球は法大が先制し、後半に明大が逆転勝ちしました。それはそれで、面白かったのですが、プロ野球には見られない、大学野球だからこその、独特の華やかさと緊迫感に思いのほか酔わされました。ただ残念なことは、野球観戦が目的とはいえ、カメラを持っていかなかったことです。

それを悔やむくらいならと、月曜日に連ちゃんで行ってきました。もちろん、今度はカメラ持参です。まず、応援席で撮影させてほしいと、明大応援団にかけあってみましたが、応援席は撮影禁止が絶対ルール、ということで、交渉決裂です。そこで、応援席の隣の内野席で、ドサクサ紛れを狙うことにしました。

途中何度か、注意されましたが、紳士的(?)にドサクサショットを撮りました。応援団のみなさま、優しい「教育的指導」ありがとうございました。応援団は半ば公人と見て顔出しにさせていただきましたが、一般観客には配慮をしました。これでご容赦ください。試合は8回にようやく追いついた明大が、延長12回に勝ち越して、めでたく優勝。明大としては、33年ぶりの春秋連覇だそうです。

今回、明大応援団のホスピタリティのすばらしさに感動しました。野球の応援をしたことのない人、野球に興味のない人も、まったく心配がいりません。応援団はジェスチャーや歌詞ボードなど、必要最小限の行動で、大人数をぐいぐい引き込んでいきます。イニングの合間のちょっとした時間でも、飽きさせません。応援団の楽しいトークあり、ブラスバンドの演奏あり、チアリーダたちの笑顔と優れたパフォーマンスあり。十分に楽しませてくれます。終わってみれば、誰もが幸せな気分になれます。誰もが明大ファンになれます。それくらい、応援団・チアリーダー・ブラスバンドの三味一体の、計算された身のこなし、かつ自然に観客を取り込むテクニックには脱帽です。スポーツ観戦というよりも、むしろ上質のエンターテイメントを楽しんだ気持ちになりました。

rojist





グリーンカーテンが陽射しを遮ってくれる、神宮球場前の通り



甲子園と並ぶ野球の聖地、神宮球場。オーナーが明治神宮だから聖地?



いかつい応援団が、優しい手つきで校旗を組み立てている。球場に入るときは、帽子をかぶれと先輩から声がかかった



野球見物なんてしそうもない身なりの女子たちも集まってきた
たびたび「しー」のサインがでる。応援団はただ大騒ぎしているだけじゃない、相手に対する思いやりがそこかしこに。正直かっこいい



メイジローもスタンバイ。「カツゾー、カツゾー、メーイージー」



いよいよ応援もスタート
最初からエンジン全開の大音声



今日の天王山、応援で圧倒するぞ
でも飛ばしすぎじゃない?もう声が枯れちゃったみたい



吹奏楽部も音出し
チアリーディング部も盛り上げる



試合開始前に応援席に活を入れる団長。試合終わる前に青筋切れないようにね
試合開始のあいさつ。人間関係の初めの一歩は「あいさつ」から



まだ余裕。笑顔で応援。これから長丁場が待っている
応援歌の歌詞ボードを見せて一緒に歌ってもらう。きめ細かさは徹底している。観客を自然に乗せてくれる



野球そっちのけで、どこみてんだよ。おじさん、うれしそう



さあさあ、応援も乗ってきたぞ



タオルも振れば、腰も振る。応援も「振れ~振れ~」



振ってる振ってる、みんなで風を巻き起こしてる
笑顔がいいね。昔の応援団と様変わり。大衆迎合とは違う、怖いだけより、一体感は間違いなく強まってきた



チアリーダーが笑顔だと、みんなも笑顔になれる。笑顔パワーってすごい!



ただでさえ重い楽器を抱えているのに、演奏もするし、声も出す。将来、亭主を尻に敷く姿が見える



たまにはチラチラ見せるから観客はよけいに興奮してくる
バックネット裏には記者やプロ野球関係者がちらほら



チアリーダーが手分けして応援席の上から下まで、観客を乗せながら歩き回る。ムダな動きがまったくない。会社はこういう女子が欲しい



応援団に負けてないチアリーダー。すてきな青春しているね



おじさんたち、なんでそんなにブスっとしてるの?少しは笑顔見せてよ



10年後くらいに移設される球場は正面の伊藤忠ビルのすぐ隣。残業すれば特等席になる
何種類もあるカンペのひとつ。ただの「オー」というカンペまである。親切このうえない



こんなカンペもある。応援席にはたくさんのお年寄りもいる。おそらくカタカナがちゃんと読めないと思う



3点リードされた5回、代打柴田の2ランでやっと得点。さあこれから。ムードが高まってきた
興奮してくると、思わず立ち上がってしまう。その気持ちよくわかる



この人もノリノリ
野球見物には不似合いなモデル風美女の登場にも、燃えてる観客には野球のほうが興奮するらしい



5回2点を返したところで上原投入。2年後、ドラフト1位指名確実の逸材。今季も大車輪の活躍



団長の絶妙トークに思わず笑顔のチアリーダー



口ずさみながら、団長が楽しそうに踊ってる。怖いけど、根は優しい上司が人気らしい今の時代。めざせ人気上司



明大チアの名物、リバティタワー。上に乗っても、観客に笑顔振りまくのを忘れない
狭くて高い場所で組み体操は危険。それも笑顔でできるなんて、練習のたまもの



組み体操も無事終わって、やり終えた満足の笑顔がこれ



俺ってかっこいいかも。自分自身に酔っている若手応援団員
かわいい仕草が萌え~



8回4番岡のタイムリーでついに同点。右の内野席は1100円。左の学生席は500円なのに、盛り上がれるし、運動にもなる



学生席のおじいちゃん。控えめな応援がほほえましい



また出た「しー」。このジェスチャーひとつで千人以上がし~んとなる。この統率力見習わないと



延長戦突入。「絶対勝つぞ」「絶対勝つぞ」。さらにヒートアップする応援団



わたしたちも負けずに、がんばって応援しよう



観客も、タオルをはちきれるほど振る
延長12回、2番高山、3番糸原の連続タイムリーで2点リード。興奮全開の応援席。優勝まであと1回



フェンス脇に控える数十人の若者達(多分ベンチ入りできなかった選手)も乗ってきて、チアダンスを踊りだした



観客の応援も最高潮に。もう立ったまま応援するぞ
勝利の踊りで走り回る人。勝負は終わるまでわからないよ



昨日8回投げたエース山崎が抑えで登場。この人は来年のドラフトで1位指名されるだろう



優勝の瞬間。1番になることよりも、1番を続けるほうが百倍も難しい。でも今は喜びだけあればいい



応援席へのお礼。土下座はしなくてもいいから、頭はいくらでも下げるほうがいい
お決まりの胴上げだけど、この想い出は死ぬまで忘れない



優勝に思わず涙してる人がいる。歳を取れば取るほど、感動を大切にしたい



チアリーダーのみなさん、おつかれさま。最高の笑顔で記念撮影。休む間もなく次は秩父宮だね



最後に「白雲なびく駿河台・・・」を合唱。法政とのエール交換も忘れない。戦いは来春に続く



遠い昔を思い出しながら、腕を振り、校歌を口ずさむ3人組。応援しなきゃいけないから、死ねないよだって

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/10/29(火) 17:21:15|
  2. 新宿区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大井でトゥインクル (2013.10)

前回の馬事公苑に続いて、今回のテーマも馬です。突然馬好きになったわけではありません。たまたまです。

たまたま、16日の夜、大井競馬場で「ハイセイコー記念」レースが行われることを知りました。このレース、元々は青雲賞という名前でしたが、ハイセイコーが記録した優勝タイムが、40年経った今日まで破られていないこともあり、この国民的スターの偉業を称え、「ハイセイコー記念」に改められたそうです。

そもそも大井競馬という地方競馬出身の馬が、中央競馬に出ること自体が至難のことです。それも、中央競馬の頂点にまで登りつめてしまったのですから、日本中が驚愕至極のできごとでした。時は高度成長期、誰もが自分の人生とだぶらせてハイセイコーの活躍を応援しました。日本国民のあこがれの星でした。わずか3年間でしたが、その頃はジャイアンツより人気があったかもしれません。あの頃のことは、今でも覚えています。

懐かしさから、ハイセイコー記念を見に行こうと思ったのですが、当日は、台風26号の直撃で、夜半から朝にかけて暴風雨が吹き荒れました。ほぼ諦めていましたが、午後になって、引き続き風は強いものの、陽もさしてきましたので、思い切って出かけることにしました。

80年代、事務所のあった浜松町から大井競馬場まで、モノレールで2駅でしたから、会社帰り、男女数人が連れだってよく遊びに行きました。全員が競馬新聞を丸めて持ち、耳に赤ペンをはさむのがお決まりのファッションでした。勝った人が浜松町に戻ってからみんなにおごるというルールもありました。楽しかった思い出があります。

結局メインレース発走まで待てずに帰りました。光量不足もあり、また流し撮りもうまくいかず、がっかりでした。でも数十年ぶりの競馬見物を十分楽しめました。

ダートの白砂がライトに映えてキラキラ光り、まさに「Tokyo Twincle」しています。昼の競馬はギャンブルですが、夜の競馬はエンターテイメントでした。

rojist





地方の星、庶民の星、ハイセイコーの雄姿。引退記念のCDで唄われた「ありがとう、友よ、さらばハイセイコー」。また会いにきたよ




競馬場の隣に馬の宿舎がある。カッポカッポとのんびり歩く音が響く。糞の匂いが不思議に高揚感をかきたてる




さあ、競馬場に到着。指定席を買わなければ、入場料100円で一日中熱闘観戦ができる。すごいコスパだと思う
陽がまだ高いのでパドックもまだのんびりムード。西日を受けて光るトモが美しい




場内には予想屋のブースがたくさん。人の意見を聞きすぎると余計に迷ってしまうのが人間




勝ちそうな馬を決めたら、連勝複式のマークシートに記入。迷うのも含めて楽しい時間
馬券を自動販売機で買う時代。競馬場に女性が多いのもこの時代




ゲートが開きました!横一線のスタートです!




夜半から朝まで風速30mの台風だったので、ダートはまだ重馬場。蹴り上げた砂もちょっと重そう




ライオンヘアがいいね。馬を見るときの女は野生の匂いがする




パワースポット通いが女子の一番の開運行動らしい。だからパワースポットがどんどん増える
昔は特別なとき「よそ行き」を着た。今は「勝負服」「勝負下着」を着る。でも勝ち負けにこだわり過ぎると結局負けることが多い




馬は筋トレしないのに、筋肉がしなやかでムダがない。躍動美。実に美しい




地響きが伝わってきた。ムチが入った4コーナーからが本当の勝負。人生も同じ




寒くなってきたのでみんな室内へ。一番高い指定席は1人1万円。ちなみに、中央競馬の一番高い席は3千円。恐るべし地方競馬
オッズが気になるお年寄り。退職金をつぎ込むギャンブル依存症の高齢者が多い。仕事で得られなかった興奮に酔いしれる。いつ止めるの?今でしょ




レースが終わるたび、ただの紙切れとなった馬券が乱れ飛ぶ。日本国債がこういうふうにならなければいいけど




夕焼け空は赤くない。白・灰・橙・黒、実にたくさんの色。彦魔呂風にいえば、「夕焼け空が雲のちらし寿司や~」




陽が落ちてくると腹が減るのかな。どんどん人が集まってきた。メニューは糖質と脂肪のオンパレード
こちらも昭和テイストのお店。ハムカツがなつかしい




暮れ時の女子は誰でもきれいに見える。でも夕日はあっという間に落ちてしまう




失われていた、もうひとつの月が姿を現した。月が月になれなくても、もうひとつの月としての生き方がある。それもまた尊い




スタートは混沌としていても、いずれ雄雄しい姿として現れればいい




スローシャッターではブレるのに、人間の目はスローでもブレないのがすごい。でも私の目はいつもブレている




馬は負けると泣いたり、暴れたりする、負けた相手も覚えているらしい。競争心があるということ。本番に弱い馬もいるところが人間っぽい




競輪・競艇・麻雀・パチンコ、競馬もギャンブル。だけど競馬が一番不確実性が高い。愛と信頼が勝つ条件に加わるから。そこに品格を感じる

関連記事
  1. 2013/10/18(金) 14:03:16|
  2. 品川区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天高く馬肥ゆる馬事公苑 (2013.10)

大陸で育った乾燥した空気が、ようやく日本の空を覆うようになりました。空のずっと高いところに、刷毛で掃いたようなすじ雲を見つけると、「ああ、秋だなあ」、と思います。夏のじめっとした、肌にまとわりつくような、不快な空気とサヨナラできるのがうれしくて、さして目的もなく、ぶらぶらと外にでてみたくなります。

やってきたのが馬事公苑。場所は、世田谷の住宅地の真ん中、敷地は5万坪もあります。馬術の向上や騎手の養成を目的として設置され、1964年の東京オリンピックのときは馬術競技の会場にもなりました。開発にあたって、武蔵野の面影を残したいという人たちの願いがかない、1本の木も切ることなく大切に移植したとのことです。

「開発」か「保存」、いつも争点になります。結局「保存」が負けてしまうのですが。日本の法律の思想が開発優先だからです。といって、現状のまま保存するのが正解ということでもありません。難しい問題です。この話、別な機会にします。

馬事公苑を歩いていたら、馬つながりで、ふとある言葉が頭に浮かびました。「人間万事城塞が馬」です。幸福や不幸は予測できないことの例え話としてよく知られています。日本的な言い方をすれば、「終わり良ければすべて良し」。反対に言えば、「終わり悪ければすべて悪し」です。

一つ一つの仕事には終わりがあるし、相手との会話にも終わりがあります。男女の仲にも終わりがあります。このように終わりは特別なものではありません。終わりは実に日常的であり、日常は小さな終わりの積み重ねです。そして、その最後が人生の終わりなのです。

誰でも、「死」を前にして、幸せな人生だった、楽しい人生だったと思いたいでしょう。
でも、どうすれば「終わり良ければ」にできるかです。たくさんハウツー本を読む人がいるでしょうし、あえて終わりを考えず、日々楽しいことだけをやっている人もいるでしょう。

私は、いつもこう考えるようにしています。「雨が降れば傘をさす」。そうです、当たり前のことを、当たり前にする、です。人間なら誰しも私利私欲が先走ることがあります。感情が先走ることもあります。そういうとき、一度深呼吸して、何が当たり前なのかを考えてみることです。

馬肥ゆる秋は人肥ゆる秋でもあります。お互い注意しましょう。

rojist





掃き清められた場所に一歩を踏み出すと気が引き締まる。その気持ちを毎朝持ち続けたい




愛馬、愛妻、愛社、愛国。世の中愛があふれているのに、事件や争いがなくならない。愛は少なすぎても、多すぎても良くないのかも
本番直前は、大女優だって緊張でガチガチになる。大観衆を前にしても、笑顔を忘れない。いまどきの女子高生はすごい




こらこら、晴れ舞台なんだから、もう少しの間我慢しようよ




基本、ショートが好きだけど、ロングならポニーテイル。でもシッポを左右に揺らしながら歩いている女子を見ると幻滅する。まっすぐ歩けていない
江戸時代の移動手段は籠、通信手段は飛脚。なぜ馬車を創らなかったのか、不思議




家族みたいに扱われる動物、いつも着飾っている動物。でもそれって動物にとって幸せなの?人間が傲慢すぎてはいけないと思う




白馬、白鳥、白狐、白に神性を感じる日本人。色だけじゃない、身の回りに八百万の神がいる日本。でも、今は神無月
世の中には適切な空間的距離があると思う。距離がありすぎれば共鳴できないし、近すぎるとうっとおしい




流され方にも上手下手がある。ぶれない生き方にも上手下手がある。とにかく、下手こかないように注意しよう




伝統行事の母衣引(ほろひき)。何人も背中に乗せているくらいの風圧がかかる。馬には相当の負担だろう
なぜかヒゲをはやす高齢男子が多い。正確な数字は知らないが、髪の毛と反比例してると思う。ごま塩のヒゲはただでさえ不精に見える




西欧では、蹄鉄が魔よけや幸運のお守りとされている。何でも魔よけや幸運のお守りになりうる。そう信じればいいのだ




泥はね運転の罰金、わずか6千円と思うか、たかが6千円と思うか。いやいやそういうレベルの話でなく、歩行者に対する「お・も・い・や・り」の話
当たりくじ偽装の出版社があった。福引のガラガラもそう、昔から信用していなかったけど




ローライズジーンズ。縦の縫い目と尻の割れ目が微妙にずれているのが気になって




競馬場でも、場外馬券売り場でもない。ただ馬が好きなだけ
こどものほうがカメラ慣れしてる。会話も大人より冴えてる。タレントになれそうなこどもばかりって、ちょっと怖い




幸か不幸か、人工呼吸の経験がない。相手によってテンションが下がるかもしれない自分が情けない
「カワイイでしょ、三つ編みとリボン。あ、じろじろ見ないでよ。ウエスト気にしてんだから」




今年のお月見、すっかり忘れてたけど、ススキを見て思い出した。思い出せたからちょっと安心




自分の子供をかわいがる親の様を「猫っかわいがり」という。馬主さんの「馬っかわいがり」はそれ以上という。馬の目みてるとわかる気がしてくる




「汚い手で触られまくって、せっかく髪型きめたのに、めちゃくちゃだよ。早くシャンプーしてもらいたい」「こら、手噛むぞ」




速い馬は脚が細い。速い馬は尻周りが太い。人も同じ。尻筋を鍛えれば、ヒップアップして足が長く見えるというけど・・・短いものは短い




乗馬クラブの若者達。高校のとき体操競技のあん馬をやっったけど、動く馬上での技は難度高いね
最終回、視聴率42%をたたき出した「主役」半沢直樹が、銀行からたたき出された。ものごとが自分中心に回り始めたら注意しよう


関連記事
  1. 2013/10/11(金) 08:28:15|
  2. 世田谷区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (12)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (12)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ