ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

ポキと行く三鷹の旅 後編 (2013.8)

三鷹の旅の後編です。三鷹のキャラクター「ポキ」は、写りたがりなので、前編では、せっかくの、いい感じの写真も、「ポキ」が入ってしまったばかりに、コメディタッチというか、おふざけ写真になってしまいました。それもいいでしょう。一緒に旅をしていると、だんだん「ポキ」が好きになってきました。もちろん、今回も一緒です。

まず訪れたのが、天命反転住宅。「死なないための住宅」という、大そうな触れ込みの集合住宅です。日本より、海外で知られているかもしれません。東八道路沿いにあるので、見た人もいると思いますが、とにかくビックリです。しばらく言葉が出ません。総天然色なのです。「さまざまな身体能力の違いを越えて、人間の持つ可能性に気づかせてくれる。今まで不可能と思われていたことが可能になるかもしれない=天命反転が可能になる。だから死なないための家」、だそうです。よくわかりません。体験してみなければわからないでしょうから、ここまでとしておきます。

今月5日、国立天文台のハワイ島にある、すばる望遠鏡が、第2の木星を発見したというニュースが流れました。ということで、話題の国立天文台にも行ってきました。天文学的には、すごいことなんだろうと思います。ただ、一般人の興味は、小学校のときに覚えた「すい きん ち か もく どっ てん かい めい」が、数年前に、冥王星が太陽系の惑星からリストラされて、「すい きん ち か もく どっ てん かい」になったばかり。それが、今回「すい きん ち か もく もく どっ てん かい」に変わるかもしれません。あわただしいことです。

世の中、諸行無常ですから、ここは、気持ちよく変化を受け入れましょう。天文とは関係ありませんが、高度成長時代に、「げつ げつ か すい もく きん きん」のつもりで働けって、よく先輩に言われたことを思い出してしまいました。

この国立天文台、三鷹の研究施設だけで、約55千坪もあります。この広大な敷地に、建物はまばら、8割以上は森というか空き地。天文台ですから天空の観察であって、動植物は対象ではありません。印象としては、いかにも、もったいない。個人的には、古くは「陰陽道」、新しくは、小説「天地明察」のファンですので、天文学の味方のつもりですが、それにしても、この広大な空き地は、もっと使い道はあるだろうにと思いました。

天文台の施設のひとつに、子午線の計測機があります。子午線は赤道と両極を結ぶ直角線です。それを見ながら、連想ゲームのようですが、「直角死」という生き方をあらためて考えてみました。やりたいことをやって、一生懸命に生きて直角死する。ストンと。

でも、それはそんなに簡単なことではないでしょう。自堕落な生活をしてもいいといいうことにはならないし。むしろ、心と体がいつも喜んでいられるように、普段から気を使って生活をしなければいけないでしょう。直角死はけっこうチャレンジングな目標かもしれません。

三鷹でたったひとつの田んぼ、ほたるの里にも行ってきました。「はけ」と呼ばれる国分寺崖線から、たくさんの湧水が流れてきて、田んぼを潤して、それから、野川に注ぎ込んでいます。セミ、トンボ、チョウチョ、やっぱり三鷹は田舎なんでしょう。

「ポキ」、よくがんばったね。お疲れさま。

rojist





「ここは、天命反転住宅。ぼくは難しい説明ができないから、ネット検索してね。死なないための家だって。大きくでたね」



「色とりどりの住宅に囲まれると、ぼくまでウキウキポキポキしてくるよ」



「生活道路のすぐ脇にアートの館がある。最初はびっくりしたけど、だんだんなじんできた。アートと日常は共存できるかも」
「部屋の中まで総天然色なんだって。夜ちゃんと寝れるか心配」



「これは国立天文台で一番古い建物。60年以上赤道の黒点を観測してきたんだって。今日も頭を修理してくれてるし。まだ働けるよ」



「最近、冥王星がリストラされたので、すいきんちかもくどってんかい。そうでんな。急に大阪弁っぽくなった」
「これは、子午線観測所。赤道と両極を直角に結ぶ線。線だけど、世の中に線は存在しない。線を引くことは文明であり、アートなのだと思う」



「ねえ、ぼくのヘルメットにぴったりじゃない」 (こら、どきなさい、写真が撮れないよ)



「早く魚釣りに行こうよ」
「この子、トンボ取りに来たんだって。田んぼのあぜ道をいったりきたり。獲れるまで帰らない。すっごい根性。ぼくはムリ」



「ここはホタルの里。みんな湧き水なんだよ。ぼく、こんなに髪の毛ボサボサだったっけ?わぁぁ~、落ちちゃうよ」



「セミさんのように、あと一週間しか生きられないとしたら、何するだろ。ほんとあせる。セミさんはえらい、命のかぎり力いっぱい生きている」



「頭が冷えてきもちいい~~~。シャンプーもってくればよかった」



「ぼくの汗は、ねとねとして臭いのに、水車の汗は、冷たくていいにおい。うらやましいな」



「ここは、近藤勇の生家にある、天然理心流の道場。小技より気迫を重んじたんだって。現代人も学んだらいいのに」
「このドームは戦闘機の防空壕だったんだ。戦争末期は飛べる飛行機も少なくて貴重だったからね。どうせ残すなら、人間の防空壕にしてほしかった」



「実際には、こんな感じかな。最近戦争モノを、かっこよがってる人が増えてる、戦争賛美し過ぎないように見せ方気をつけてほしいな」



「丘の上にベンチがひとつ。360度見渡せる。何も考えない。ただただ、誰も吸っていない空気を吸えることが、ちょっとうれしい」



「ここは調布飛行場の端っこ。うつらうつらしていたら、突然轟音がした。すっごいビックリした」

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/08/22(木) 09:13:02|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポキと行く三鷹の旅 前編 (2013.8)

以前、「吉祥寺が住みたい街No.1のわけ」の記事を書きましたが、その隣町、三鷹も、吉祥寺ほど目立っていませんが、なかなか面白い街です。徳川将軍家の鷹場が合併してできたのが地名の由来になっているくらいですから、とても都会的な街とはいえません。オシャレでもありません。はっきり言えば、都会より、むしろ田舎寄りでしょうか。

ただ、田舎寄りでも、三鷹にはキャラクターがいます。名前を「ポキ」といいます。世の中、ゆるキャラブームですが、着ぐるみではありません。小さなぬいぐるみです。ハデさはありませんが、十分にかわいいと思います。「ポキ」の生みの親は、スタジオジブリの宮崎駿監督です。姿かたちは、トトロに登場する「まっくろくろすけ」をイメージしていただければ、あ~なるほど、です。ということで、「ポキ」の公式プロフィールには、「生息地は三鷹の森。ポキポキと小枝を折るような鳴き声が特徴」と紹介されています。

ということで、今回は、「ポキ」に三鷹を案内してもらうことにしました。

三鷹といえば、太宰治、武者小路実篤、山本有三、三木露風などなど、多くの文人が住んでいましたが、なかでも、太宰治の人気はとどまるところを知りません。今年で死後65年も経っているので、太宰治の面影を残す場所はほとんどありません。それでも、彼の命日、桜桃忌だけでなく、三鷹駅から1キロほど、禅林寺のお墓には、年中供花が絶えません。

今回は、太宰ゆかりの三鷹駅周辺のほか、戦争の面影を残す三鷹駅の北側と、自然豊かな南側の大沢方面を訪ねました。見所が広域に分散しているので、結局、自転車で4回も通うことになってしまいました。とにかく、暑い盛りですから、ポカリを欠かさず、休憩も入れながらの散歩です。年寄りの熱中症のほとんどは室内で発症するくらい、歳をとると、暑さを感じにくくなっていますから、喉が渇かなくても30分ごとに水分を摂るのがいいでしょう。

三鷹駅北側の地図を見ると、三鷹から武蔵境駅までの線路の北に、野球のボールの縫い目のような形をした奇妙な道があります。これは、戦中戦後に鉄道だったところの跡地です。この道は、さらに北、現在は武蔵野中央公園や都営団地の広大な土地がありますが、その場所が、世界有数の航空機メーカーだった、中島飛行機のエンジン工場があった頃、引込み線として使われていました。当然米軍に狙い打ちされ、めちゃくちゃに破壊されました。戦後少しの間、野球場となって、現ヤクルトスワローズや六大学野球が使いました。引込み線も、三鷹から球場駅まで旅客用となりましたが、それも今は遊歩道に変わりました。


今回、撮った写真の枚数が多くなりました。冗長になりすぎると、飽きてしまうので、まずは駅周辺+北側の写真を紹介します。南側の写真は次回に紹介させていただきます。

さあ、「ポキ」がおすすめの場所を、一緒に楽しんでください。

roji






この子は、ここ、三鷹の森で生まれたポキです。今日はポキの案内で三鷹を旅してみます



「ぼく、あそこにいるトトロみたいに有名じゃないけど、三鷹のことはなんでも知ってるよ」



「やっぱり故郷の空気はおいしいな」
「平日なのに、こんなに並んでるなんて。もう疲れちゃったよ」



「ここ山本有三記念館は、敷地1200坪もあるよ。小説が一つ二つ売れただけで、この大豪邸。今の小説家だったらムリだね」



「あ~あ、足がしびれてきた。どうすればいいのか、うつ”手”がないよ」



「踏まれても蹴られてもくじけない主人公を、名もない小さな路傍の石に見立てた、山本有三の小説。でもこれじゃ路傍の岩だよ」



「気持ちいいから、ちょっとお昼寝」「あ、だめだ、目が閉じない」
「こっちのほうがふかふかで気持ちいい」



「わあ、草の上って、けっこう危ないんだ。それにしても、すっごくおシャレな注意書きだね」



「いい日陰見つけたと思ったけど、けっこう暑い。それに通る人が見ていくし。見世物じゃないのに」



「これ太宰治の無銘碑。無銘碑なのに、たくさんの人が知ってる。向こうに見える大ケヤキ辺りに身投げしたらしいよ」



「これが禅林寺にある太宰治のお墓だよ。一年中供花が絶えない。ぼくもそんな慕われる人(?)になりたいな」



「ここは、みたか井心亭といって、お茶会や歌会なんかやる、市の施設だよ。下連雀の瀟洒な住宅街にぴったり」
「これ見て。太宰治の旧居から井心亭に移植した百日紅だよ、もう咲き始めたんだ」



「ケツ痛て。なんでこんなとこ座らせんだよ。ほら、人がくるよ。わあ、みっともない。早く!」



「ここ、ガレットがおいしくて人気なんだ。まだ呼ばれないけど、小さくて見えないのかな」



「食後は、少し運動しないとね。ここはぼくがいつも遊んでる井の頭公園」



「晴れた日には、ここ三鷹陸橋から富士山が見えるよ。たくさんの種類の電車が見れる穴場。電車の見本市みたい」
「この陸橋は、古レールを使って作られたんだって。だから80年以上経っても丈夫なんだ」「ちょっと、ちょっと、こんなとこに、捨てないでよ」



「整備中の旗がかわいい。乗り物は人の命にかかわるんだから、心をこめて整備してほしいね」



「車より電車のほうがエコなのに、政治家は道路ばかり作りたがる。票になるからだね」



「電車の好きな子どもは、いろいろな能力が高まるって専門家が言ってたよ」



「ねえキミ、なんでそんなにシワやタルミがいっぱいなの?苦労したんだね」



「この辺り、戦時中は中島飛行機(上)、戦後はスワローズの球場だったんだ(下)。でも西隣には進駐軍の将校住宅があって、まだ戦後は終わってなかった」
「向かいの都営住宅辺りが、武蔵野野球場駅だったんだよ」



「ここから先がグリーンパークという野球場だったんだ。結局1年しか使われなかったけど」
「百均でも、最近は、こういうのが人気らしいよ。ハンドメイドなところがいいね」



「戦時中、この道が中島飛行機への引込み線だったんだよ」「あ~、のど渇いた」



「兄弟みたいだね。ぼくも欲しいな、かわいい妹」



「セミをみつけて、アミをかける。たったそれだけのことだけど、名人もいればヘタもいる。どんな単純なことにも言えるね」


関連記事
  1. 2013/08/12(月) 08:43:58|
  2. 都下、その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Ginza reflected -映射される銀座- 2013夏

日本全国に「銀座」と名のつく場所はいくつあるでしょう?人によって、数はまちまちです。いちいち数えることに意味はありませんが、数百はあるようです。しかし、○○銀座は山ほどあっても、ただの銀座は、一ヶ所しかありません。まぎらわしいので、ここでは銀座のなかの銀座ということで、「THE 銀座」としておきます。

最近のTHE銀座にはディスカウントショップが増えてきて、少し目障りではありますが、今も日本で一番「おとなの街」であり、「ハレの街」であることに異論はないでしょう。なぜだかわかりませんが、歩いているだけで、自然と背筋が伸びてしまうのです。

そのTHE銀座のシンボルのひとつ、松坂屋が88年の歴史を閉じました。日本で初めての、土足で入れるデパートでした。屋上遊園地ができたのも、ここが最初でした。ときどきはお世話になったことでもあり、最後の日に記念写真を撮りにいきましたが、入場制限されるほどの買い物客でごったがえしていました。皮肉なものです。

アベノミクス効果で、今年に入ってデパートが好調とのことですが、詳しくみると、バカ売れしているのは一部贅沢品だけで、その他の衣食住に関わる商品の多くはマイナスです。ちなみに、スーパーの売上もずっとマイナスです。長いスパンで見ても、凋落傾向に歯止めがかかってきたとはいえません。今夏の線香花火にならなければいいのですが。

ついでに、松坂屋周辺のTHE銀座を歩いていると、この街にはウインドウが多いことにあらためて気づきました。まるで、遊園地のミラーハウスのようです。こんなウインドウに反射させながら写しこんだ虚像は、実像にはない、計算できない面白さを見せてくれます。

「そうだ!これを撮ってみよう」。

ということで、松坂屋を撮りに行った初回は晴海通りと銀座通り、2回目は晴海通りの西側、3回目は晴海通りの東側に分けて、すべての通りを歩きました。出来上がったアルバムが「The Ginza reflected -映射される銀座-」です。

なにしろTHE銀座です。面白い被写体はいくらでもありますから、そのまま撮っても、面白く撮れますが、反射させながら撮るとなると、いかに難しいかを実感しました。撮りたいものがあっても、反射させるものがなかったり、あっても材質が悪かったり、角度が悪かったり。それらをクリアーしたとしても、日光や照明の位置によって、PLフィルターでも調整できなかったり。そうこうしているうちに、被写体がいなくなったり、変化したり。これらの条件を備えたシーンにはめったに出会えません。それでも、ひとつの街で、写りこみ写真だけを集められたのは、それがTHE銀座だったからでしょう。

写りこみ写真については、昨年の法改正で、写真に写りこまれた著作物には、著作権が発生しないことになりましたので、よほど悪質でなければ、自由に撮れるようになりました。ましてや、反射させながらの写りこみは、それ自体に運と技術と感性が必要ですから、当たり前といえば、当たり前です。もちろん、肖像権の問題には気をつけなければいけませんが。こんな楽しみ方もあるのでしょう。

rojist




サヨナラ松坂屋。銀座の風景がまた変わる。閉店セールといっても、年中やっているものもある。注意しよう



土足で入れる初めての百貨店だったそうな



ユニクロビルから松坂屋を見下ろす様は、小売業界の力関係そのまま
閉店メッセージ。(松坂屋は)「いつか生まれ変わるだろう」。企業活動で「いつか」はありえない。たったの一行なのに、痛々し過ぎる



シャツに乳首が透けないように、縮小手術をする男が増えているらしい。男の乳首もワイセツになる時代がくる?



最近は、開花宣言も梅雨入り宣言も当たらないことが多い。自然界の不思議に追いつけないから、科学は進歩する
「はくちょう」は硬いけど、「しらとり」は柔らかい。人間も同じ。うまく使い分けるほうが生きやすいと思う



銀座の名店がオタクショップに?確かめてくる価値はある



落書きは迷惑という固定観念を捨てよう。逆転の発想で人が集まる



銀座には丸源ビルがたくさん。そういう、儲かっている奴ほど脱税する。昔は納税が生きがいの経営者もいたのに
そういえば、レゴブロックがまた流行りだした。レゴやプラモは脳にいい。少なくとも液晶画面で遊ぶよりは



数寄屋橋交差点がスクランブルなのに、なぜ四丁目交差点はスクランブルではないのだろう。なぜだか知ってる?



手もみ、爪もみ、肩もみ、足裏もみ・・・もめば命の泉湧く(?)
新しい歌舞伎座は古さと新しさのコンビネーションが素晴らしい。古いものの再生、やればできるじゃない



海外旅行シーズン。かわいい子供を見つけて、頭をなでてはいけない。特にアジアでは絶対ダメ。犬もそう。女性もそう・・・多分



飛びすぎ疑惑で騒がれたプロ野球のボール。人間も、外見を変えなくても、中身を変えれば飛躍できるチャンスがある



犬好きは協調性があってアウトドア派。猫好きはマイペース人間でインドア派。どっちでもいいけど、ペットの臨終までちゃんと面倒みてほしい
花を贈る文化が根付かない日本で、銀座には驚くほどたくさんの花屋さんがある。銀座ではどんな人がどんな人に贈るんだろ



富士山が世界遺産に。でもこれ以上汚さないでほしい。入山制限が難しいなら、入山料を1万円にしてもいいと思う



健康には、5色野菜がいい、ビタミンA・B1・C・・・、鉄分も、肉も、いや魚、日本人なら米だろう。言うとおりに食べて肥満になる
ワインブームなんていうけど、日本人のワイン消費量は1年にこのボトル2本分だけ。とてもじゃないけど、ブームなんていえない



日本ではサングラスの普及率が低い。サングラスに対するネガティブなイメージが根強いせいだろうか



場外馬券売場の周りに予想屋がちらほら。新聞もTVも選挙予想屋。予想屋が商売になる社会って、考えてみるほうがいい
ことさら「勝負服」をアピールする意味がわからない。外出するときは、いつでも勝負服じゃないの?



記念日や大晦日にしか上げない外国と、いつでもどこでも上げる日本の花火。職人のレベルが違うのは当然

関連記事
  1. 2013/08/01(木) 08:46:11|
  2. 中央区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (13)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (49)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ