東京路地ランキング

文化遺産として残しておきたい路地をランキングしてみました

東大駒場潜入 (2014.7)

東大生の志望職種に異変?「プレジデントFamily 2014夏号」によると、四半世紀前、東大生のうち約3割が公職をめざしていましたが、今や2割を割っているという記事がありました。医学や法曹界などの専門職も減っているそうです。

その分、増えているのは、民間企業です。実際の就職先でも、文系はメガバンクがトップ3、その次に3大商社が続きます。理系トップはずっと日立です。毎年日立に50人も入っているのですから、埋もれている博士がごろごろいるはずです。それでも、行きたいというか、先生が薦めるそうです。

保守的といえばそれまでですが、なんとも割り切れません。徐々に減ってきてはいるものの、国立大学、特に東大には、多額の国費が投入されています。国としては、投資というほうが正しいかもしれません。問題は、それに見合ったリターンが国家にもたらされているかどうかです。

公職や大企業に勤めることが国家に役立っていないとは言いませんが、これからの日本の行く末を考えれば、農業の高度産業化のために能力を発揮してもらうとか、過疎地での医療介護に従事してもらうとか、国立大学の卒業生なのですから、これからの日本のために、先鞭となるような仕事に、もっと積極的強制的にかかわってもらうような仕組みにならないものでしょうか。また、これからは、地方が元気にならなければいけませんから、片道切符で、地方自治体に行ってもらい、地域主権に命をかけて取り組んでほしいとも願っています。

はたして、東大はどういうところで、東大生はどんな人たちなのでしょうか。ということで、今回は、東大駒場キャンパスに初潜入してみました。写真を通して、少しでも感じ取っていただけたらと思います。

本郷も広大ですが、駒場も負けずに広大です。敷地の三分の一くらいは使われていないので、売却すればいいのに、なんて、小市民的ですみません。正門を入ると、本郷の安田講堂に似た時計台が聳えているのが見えます。敷地の東側の端には、本郷の三四郎池にちなんで、一二郎池があります。イチョウ並木も似ています。本郷のコピーのようでもありますが、生協購買部や学食は新築だけに、清潔できれいです。暗くて汚いというイメージだと、受験者数にも影響するそうです。少子化の現実がここにも現れていました。

学食はいいですね。コスパが抜群です。それに、カロリーや塩分や栄養バランスがレシートに印刷されています。明るいテラスで、ママ友や子供たちもランチを楽しんでいます。都心にいることを忘れさせてもらえるひと時でした。

rojist





安田講堂事件を思い出させる時計台。過激さを増すごとに変質していった学生運動の目的。結局、学生たちは要求し続けることが目的になっていたのだろうか




500m近くも続く緑の並木道。みんなが笑顔になれるのは、緑の空気を吸っているから?




その異形で周囲を圧倒するヒマラヤ杉に、隠れるように博物館がある。存在感ではひけをとらない




ちょうど、ジャコメッティの特別展をやっていた。リトグラフは初めて見た。オリジナルの書体も面白い




気に入った作品。描いていないのに、描いてある、空間を想像させる描き方が面白い




博物館のファサード。意味を調べれば理屈になってしまう。いまは、美しいと感じるだけでいい




構内には、三角屋根の建物があちこちにある。心して入れよ、と言っているように




ここにも三角屋根。森の中には洋館が似合う




その洋館のような校舎の前に、「葉っぱのベンチ」というモニュメントがある。格好の遊び場になっている




ローマの水道橋のようなアーチが美しい




生協の売店は、スーパーマーケットくらいの大きさがある。生鮮以外なんでも売っている




そういえば「生協の白石さん」という有名人がいた。白石さんほどのウイットはないけれど、生協職員の誠心誠意さが伝わってくる




こんな消しゴム知らなかった。なんかすごくいい感じ。買ってみた




「柿の種チョコ」って何?これも知らない。探してみよう、買ってみよう




東大女子@大学院校舎建設現場。東大女子に見えないのは反則じゃない?




この季節にピッタリのさわやかファッションがかわゆいよ。バッグがちょっと暑苦しいかな




構内のあちこちに掲示板があるけど、誰も立ち止まらない。だから掲示板を真剣に見るフリをした。もしかして、あの人、すごい人かもしれないと思われたかな




朝から晩まで満員の学食(2階もある)。メニューの多さははんぱない。量り売りのデリもある。しかも安い!




領収証に摂取したカロリーなどの情報。これいい。街のレストランもそうしてくれたらいいのに




勉強している人が2割以上。パソコンで作業している人も。談笑している人もいるが、大声出す人皆無。これが東大学食




テラスで食事中。2階から撮ったところをジロ。さすが東大女子、周りが見えている




レストランランチのママ友と比べると、まともな金銭感覚の学食ランチのママ友




こっちはピクニックの親子。とても東大構内には見えない




生協書籍部。一般書の品揃えも充実しているのに、お客がほとんどいない




学食横のレストラン。学食より高いのに、ここにも学生がたくさん。仕送りする方の身にもなったらどう




本格フレンチレストラン、ルヴェサンベール。2階は教師専用のクラブだって。東大教授は特権階級なんだ




駅から1分、東大正門を入るとATMがある。でも駅前にATMはない。これって、どうなの?




明るくてキレイな学食の前の広い庭。税金なんだよね、う~ん。でも学食で安く食べられたからいいや




居心地の良さそうな図書館。寝てても怒られない。エアコンも効いてる。でもホームレスは入れない




東大の体育会系女子は、ゆる~い感じが多い。運動している自分が好きだからやってる、みたいな




座禅部のモットーは、「食う、寝る、坐る」。ただのろくでなしと、どう違うのかわからない




準硬式野球部の若者。動画でスイングチェックをしながら練習していた。毎日積み重ねてれば、必ず芽がでるよ




子どもたちにすれば、一緒に遊んでくれるお兄ちゃん。いつか君たちも、このお兄ちゃんみたいになれたらいいね

スポンサーサイト
  1. 2014/07/25(金) 09:34:46|
  2. 目黒区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目黒のらかんさんに会いに行く (2013.4)

今日は初めての目黒です。一番のお目当ては、羅漢さん。理想をいえば、羅漢寺のリアルな羅漢さんを撮りたかったのですが、残念ながら撮影禁止です。なにしろ古いものですから、1体修復するのに、数百万円もかかるそうです。美術館の絵画と同じですね。しかたありません。それでも、会いに行ってよかった。大満足でした。

まず羅漢堂で、続いて本堂で、実物大に近い数百の羅漢さんたちにお目見えしました。そのリアル感が半端ではなく、し~んとしているのに、なにかザワザワと衣擦れの音がしているような、ヒソヒソ会話をしているような、誰かに見られているような、摩訶不思議な感覚に陥りました。本堂の中心に座す大きな釈迦如来像も、ビンビンくるほど、圧巻の存在感です。仏教界最高位の釈迦如来となると、めったに拝顔できる場所はありません。それが、都心で、しかも手の届くほどの近くでとなると、日ごろ信心が足りないことも忘れ、ただただ、ありがとうございました。

ということで、羅漢寺の羅漢さんは撮影できませんでしたので、パンフを撮影して終わり。その代わり、目黒駅から3分の大円寺でリアル羅漢を撮影しました。このお寺、江戸三大火のひとつ、行人坂火事の火元といわれています。折からの強風で、北東方面に燃え広がり、なんと白金、江戸城、神田を経て、上野や浅草まで焼き尽くしたといいますから、ただ驚くばかりです。その犠牲者を供養するために50年かけて造ったという羅漢像が、北側ののり面いっぱいに広がる様は壮観です。羅漢像のほかにも、寺の敷地のあらゆる場所に石仏が置かれていて、大きな寺ではありませんが、「石仏パーク」と呼べるくらい楽しいところです。

次は、1155年の歴史を持つ古刹、目黒不動尊(瀧泉寺)です。パワースポットとしても人気ですが、パワーを感じやすい人もいて、気分が悪くなる人もいるそうです。そのときは、電柱など電気を通しやすいものに両手をあてて、「おん きりきり おん きりきり おん きりきり うんはった」って唱えると楽になるらしいです。信じるも八卦、信じないも八卦。

空海によって日本に紹介された不動明王ですが、ライバル最澄の天台宗のお寺にご本尊として置かれているのも、面白い縁です。後に、天台宗が密教を取り入れたそうですが、宗教界のエライさんたちも、繁栄するためには、清濁合わせ飲んだり、白を黒と言ったりするんでしょうね。出家世界も俗世間と、なんら変わることはないということなのでしょうか。どうもよくわかりませんが。

せっかく密教に触れたついでに、真言密教の呪文(マントラ)を紹介します。
  のーまく さんまんだー ばーさらだん
  せんだー まーかろしゃーだー そわたや
  うんたらたー かんまん
言葉自体がパワーを持つ呪文ですから、左脳人間の癖である、ひとつひとつの意味味を理解する必要はありません。ひたすら無心に唱えればいいそうです。毎日唱えていると、動じない心(不動心)が養われ、心配と不安と恐怖の心がなくなります。考えてみれば、人の生活なんて、特別に楽しいこと、幸せに感じるを積み重ねなくても、心配・不安・恐怖の気持ちがなくなれば、それだけで幸せだと思います。子供のころによくやった、「こわいの、こわいの、とんでけ~」と同じ。あれ?痛いの痛いの、でしたっけ?いずれにしても、唱えれば、自ずと心が強くなり、すべての物事が常に最善の方向で開けてくるというわけです。

これだけの絶大なパワーをアピールすれば、いずれ、スピリチュアル女子の聖地になるかもしれません。目黒に山ガールの行列ができる日も遠くありません。

rojist





大円寺の石仏群の総見。世紀のショー始まり、始まり



ふつう、たくさんの眼の前では緊張するのに、ここではかえって穏やかになれる
「目は口ほどにものを言い」、でも眉形ひとつでも表情は変わる。でも目と眉のアンバランスな人がいる



先細りの道と先広がりの道、どっちに行ってみたくなる?
わぁお!正面だと恥ずかしいから、少し目線をずらしてみた



カンフー映画にあるような、自分が頭の上を飛び歩くシーンが頭に浮かんだ



小学校のとき、ずっと一番前で、「前へならえ」をしたことのない奴が、いつもぼやいていたなぁ
外出のときはいつも帽子をかぶっている。かぶらないと風邪ひきそうで、ますます手放せない



役割の違う右手と左手を合わせれば、心が一つになる、仲良しになる。右手が自分、左手が神仏でもある



一人ずつ顔、表情、仕草が違う。一緒に話し出したら騒音でなく轟音になりそう



壮観な羅漢像。掃除されていないのが残念でならない
草の帽子をかぶせてもらって、うれし恥ずかし的な?



みんな1mくらい先を見ているみたい。それぞれ、何を見ているのだろう
花瓶?徳利?まさか、フラスコ?きっとフラスコだ



仏教だけでなくキリスト教でも、聖者には光背(後光ともいう)が描かれているときが多い。現代人でも時々オーラを感じる人がいる
サル顔の人でも聖者になれる



あったんだ、昔から、肩たたき。坊主だって人間関係あるからストレスたまるよね
この自然な立ち姿、いいね。優しさが感じられる。こんな先生、こんな上司ばかりなら、いいのにね



肩こり解消法で、首から肩にかけて3本の筋肉があるので、それをストレッチしてる
まいったなぁ、誰かこの枝とってよ、と言っているみたい



志村のマネしてんのかな。手だけじゃなくて、顔もやりなよ
こんな愉快な顔されちゃ、こっちまで楽しくなる



合掌がななめってるのがカワイイ。いい人に見えてきちゃう。仕草ってだいじだね
尼僧だろうか、いや頭にタオルをかけているだけだろうか。胸みればわかるか



この人は忍者みたいな合掌。印を結ぶ形ってたくさんあるらしい
どうしたんだろ。こんな姿を造る方も造る方だけど。本人の了解とったの?



こんなに太いロウソクなら、手で持ってても熱くないかもしれない。あっ、だめだ、ロウが垂れてくる
江戸時代に漁師が海から引き上げた「とろけ地蔵」。悩みをとろけさせてくれるって。え~、自分がとろけてるのに?



後ろのほうの羅漢さん、ごめんね。たまに席替えしてあげればいいのに



春と秋が同居しているみたい。補色関係だからいい感じ



うれしそう。お菓子大好きなんだね
金粉ショーじゃないんだから、やりすぎないでよ



ふつう下向く地蔵さんが多いのに、上向きなのが、なぜか楽しそうに見える
こんなところにおみくじ結ぶって、きっと粘着質な性格とみた



ワニは怖いけど見える。最近目に見えないマダニが怖い。尖った葉の先にいるみたい
魚に胃カメラ入れてるのかな?これすごい不思議。誰か知ってたら教えて



履物の脱ぎ方で性格がわかるという。自分では気づかないところを、人はよく見ている。気をつけよう



自分の好きな番号ってあるよね。番号と理由を聞けば、それぞれに長い物語がありそう



博物館みたいな雅叙園。この異空間には、デズニーランドでは体験できない興奮がある
漆喰造りの壁絵が江戸の世界へ誘ってくれる



ちょっと暗いけど、男子用トイレ。水が流れる橋を渡って、左が小、右が大
久しぶりに滝の音を聴いた。わずらわしさを流してくれるようで、思わず立ち止まってしまう



日本画みたいな絵になった



思ったこと。へたくそでも、同じことを長年続けていれば、石をも穿つように、一人前になれるんだぞ
シンデレラ城じゃないよ。エンペラー城は日本で初めてのアレ



三国連太郎が逝った。「戒名は要らない、三国連太郎のままで逝きたい」と。自然に普通に逝ければ至上の幸せと思う
おそらく、以前お寿司屋さんだったんだろう。その愛着の強さに感動する



迫力満点の羅漢寺のリアル羅漢さんは撮影禁止なので、パンフを撮影



なんでもありの世界がここにも。とにかく生き残らないと



ドレミファソラシド♪
いい檀家があれば、こんなビルだって建てられちゃう世界



パワースポットとして人気の目黒不動尊。そこかしこ、なんとなく、それらしい空気が流れている
縁結びって、恋人や結婚相手だけじゃなくて、広く人間関係ってことなんだ



良縁を求めて、こんな希望が・・・。ちょっときついなあ



日本初のダービーが開催された目黒競馬場のレーストラック跡。「第4コーナーを回りました」。地響きが聞こえてきそう



その日本ダービーは、今年5月26日、第80回を迎える



今日の小さな旅も、無事カエルことができた。感謝

  1. 2013/04/16(火) 17:11:38|
  2. 目黒区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
FC2ブログへようこそ!

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (8)
中央区 (10)
港区 (11)
品川区 (5)
目黒区 (2)
渋谷区 (14)
新宿区 (19)
中野区 (11)
文京区 (7)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (1)
台東区 (8)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (4)
杉並区 (10)
練馬区 (1)
板橋区 (2)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (48)
未分類 (2)

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 東京風景写真へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ