ロジストの路地街めぐり

路地にうごめく森羅万象に寄り添ってみたい。

風光る板橋 (2018.5)


風薫る5月です。光のどけき5月です。一緒にして風光る5月。そんなタイトルのアルバムにしました。

今回は板橋です。板橋好きの人たちには、ごめんなさい。「いたばし」、なんとも地味な響きです。板橋は以前にもチャリで走り回ったことがあります。旧中山道、志村一里塚、赤塚公園、東京大仏、高島平、ハッピーロード、大谷口、たくさんの路地も巡りました。住めば都だと思いますが、ざっと有名どころを巡った限りでは、都会にも田舎にもなり切れない、中途半端な地域という印象しか残りませんでした。

ということで、今回はあらためて、JR板橋駅から、加賀公園、旧中山道、お寺巡りをしながら中板橋近辺で東上線の南側を行き、環七を超えて最後はときわ台駅前の天祖神社まで歩きました。初めての場所もあるし、最高の季節でもあるし、なんとか面白いシャッターチャンスに出会えるのでは、という期待に胸膨らませての出発です。

旧中山道では、地域センターのおじさんが、近所の本陣跡など名所を案内してくれたのですが、どこも看板だけです。看板を見て感激する人など誰もいないことが、なぜわからないのでしょう。何かしら歴史を残せたはずです。また、数年前に訪れた遍照寺が、廃寺となり跡形もなく、壊れた墓石や仏像が道端に散乱していて、とても悲しくなりました。街の名前になっている石神井川にかかる「板橋」は、木目調ですがコンクリート製です。詐欺にあったようで残念です。橋脚だけ鉄骨にして橋部分は木材にこだわってほしかったです。そういう名前なんですから。旧中山道という、せっかくの文化遺産を観光資源として生かせないのは、明らかに自治体と地域民の怠慢の結果です。膨らんでいた期待が一気にしぼんでしまいました。

その後も、都会にも田舎にもなり切れない中途半端な街を歩いて、最後の天祖神社は、意外に大きめの神社で、よく維持管理され、地域住民もひっきりなしに訪れていて、気持ちのいい空間でした。

それ以後は歩かず、気持ちいのいいまま帰りました。

rojist




飲み屋街に似合わない自然光




光は誰にも公平




日影から日向への瞬間




控え目なシンガー




段々花




水遊びなんて子供の遊びと思っているハト




科学は自然のサポート役くらいでいい




出番を勘違いした天の川




すべてのものにあるもの、寿命




”半”透明と”不”透明の違いは大きい




花に埋もれて動けない高級車




今昔物語




今昔物語 その2




廃寺の残骸哀れ




天然ドライクリーニング




加齢黄斑変性検査




父子めし




ふんどし干し




装飾過剰の理容店




二次元こいのぼり




マイカー通学




深呼吸同好会




聞けないけど気になる




補色の世界




道路端会議




治外法権の仕事




街のお休みどころ、天祖神社




お辞儀されて嫌がる人はいない





スポンサーサイト
  1. 2018/05/10(木) 21:36:26|
  2. 板橋区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤塚(2012年11月)

赤塚は、限りなく埼玉に近い東京にありますが、荒川も近く、水利に恵まれ、起伏の激しい土地を利用して、古墳時代から村落があったようです。みどころとしては、赤塚城址公園、東京大仏、そして、赤塚植物園、3つの緑地帯が南北に連なっています。この緑地帯はその昔、山城でしたが、それがはんぱない山城で、周囲がすごい崖地なのです。北側の荒川低地に面した崖は、都内で最高度の崖だそうです。この崖は東に1.5kmくらい断続的に続きます。また、公園の西に氷川神社がありますが、そこまでのわずか300mが谷底の様相を成し、南の植物園までの約1kmも続いていました。

そこからずっと南に行くと、東上線の下赤塚駅がありますが、その北東500mくらいのところに路地がいくつかありました。この辺りも土地の高低差が激しく、近くを流れる小川の跡なのか、農業用の水路の跡なのかわかりませんが、暗渠となっています。細い路地が5差路になっているところを見つけたときは驚きました。路地の5差路なんて初めてです。

普通の地図には等高線が描かれていないので、今回のように行ってみてびっくりすることもよくあります。特に自転車で街乗りをするとき、簡単に高度のわかるような地図があれば助かるなあと思いました。

rojist




赤塚城本丸跡の公園。樹木の向こう側は都内最大の崖がある。人っ子一人いない公園って全然楽しくない




 
年季の入っている赤塚城址の梅林
奈良・鎌倉に次いで3番目に大きい東京大仏。奈良のいかつさ、鎌倉の穏やかさ、東京は金正恩に似てる





金色堂を月に見立ててお月見といこう
小さい秋みいつけた





赤塚4丁目から5丁目にかけて、かなり大きな窪地が続く





路地だけの5差路なんて見たことない。小川の合流地点かも





赤塚の坂の過激さは驚くばかりで形容のしようがない

  1. 2012/11/09(金) 22:54:23|
  2. 板橋区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

板橋(2012年7月)

今回は板橋です。おめあては、旧中山道の仲宿、それと、起伏の激しい若木・大谷口です。位置的には、先週巡った十条の西側にあたりますが、東西3キロ、南北4キロの広い地域なので、今回も自転車で巡りました。

先月の北千住(日光街道の最初の宿場町)と、今回の板橋宿(中山道の最初の宿場町)を比較してみますと、街の賑わい、歴史を保存しようという住民パワー、どちらをとっても、あきらかに北千住に軍配が上がります。北千住はターミナル駅なので、比較したらかわいそうな面もありますが、正直、「この街が好き」、「この街に人を呼びたい」という気持ちに大きな差があるように感じました。端的な例が石神井川にかかる「板橋」です。地名の元になっている橋ですが、現在はコンクリートの味気ない橋です。旧街道ですから、そもそもが狭い道です。現在は商店街ですが、車の通行が多すぎて、とてもじゃないですが、安心して買い物ができる状態ではありません。すぐ隣を国道が通っているのですから、旧街道の方は、車両通行を禁止するなり、規制するなりして、宿場町の雰囲気を守ってもよさそうに思います。板の橋を復活させるのもいいでしょう。理念の違いなので、それ以上は言えませんが。

ヨーロッパを旅したことのある方は気づかれたかも知れませんが、大都市を除いてほとんどの街では、許可された一部の車を除いて、都心部への車の進入が禁止されています。人はP&R(パーク&ライド)という、少し離れた大型駐車場に車を停めて、徒歩で買い物や散策をします。都心部にある名所旧跡も徹底して保存しています。安全と環境保護のためには、多少の我慢をする、という理念を、日本人も受け入れる日が来ることを願っています。
がんばれ!板橋!

さて、若木地区ですが、上板橋駅から北に少し歩くと、どんどん下っていきます。緩やかに、ときに激しく下っていきます。崖上までざっと見て20mを越えるくらいの場所もあります。30度を越える日なので、低地に湿気がこもって、服にまとわりつきます。期待した路地もほとんどなくて、気分は最悪。

もうひとつの大谷口地区は、最寄の駅から徒歩では厳しい距離のところにあります。目印は日大板橋病院です。この辺りは、台地に谷が食い込んでいる、いわゆる谷戸という地形です。若木地区と同様に、下り始めるとどこまでも下っていきます。戦後、谷底の溜池を埋め立てて作られたスラム地区は、21世紀になって解体され、今はその面影すら残っていません。おめあての路地もほとんどなくなっていました。

酷暑のなか、自転車を担ぎ上げるほどの高低差のある、若木と大谷口を探索しましたが、いい写真が取れず、くたびれました。ロジストとしては残念でしたが、残したい路地がある一方、地域生活の改善のため、残してはいけない路地もあるので、今回は納得の一日でした。

rojist





約300mの幅で低地が続く若木地区




 
こんなに高低差がある
若木地区の底にあった学校。閉鎖されてから7年間放置状態。グランドがじめじめしていた





所有権のない廃棄物を盗んでも罪に問われない一方、所有権のないものを持ち去る人にカラーボールをぶつけたら傷害罪になるのでは?





今年も夏がやってきた。これだけ徹底すれば効果は二の次でいいんじゃない





志村一里塚、道の両側に一対ある。これだけしっかり残っているのは都内に二ヶ所だけだそうだ。隣の旧家は竹材店





旧中山道沿いにある土蔵造りの米店。煉瓦積みの壁が面白い





旧中山道から入る路地には、お墓や馬市場の名残りが





板橋宿最大の旅籠跡地。煉瓦塀が歴史を物語っている





こども動物公園。こどもは親の鏡。無限の愛を注いでほしい





せっかく「板橋」っていう名前なんだから、こだわってほしかった





旧中山道から入る路地は、人ひとりやっと通れる迷路だった





そば通おすすめの店(下板橋)。店は庶民的だがコスパは十二分。乱切りのそばは美味しかった





大谷口をどんどん下っていった先に、さらに下る路地があった





練馬区を走る環八のおしゃれな防音壁。車道側の汚れのメンテが心配

  1. 2012/07/05(木) 10:36:04|
  2. 板橋区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rojist

rojist

Author:rojist
東京生まれ東京育ちなのに、知らない東京ばかり。ヒマだし、カメラ買ったし、ボチボチぶらぶら散歩してみようかな。気が向いたときに。

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア




検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

QRコード

QR

カテゴリ

一枚の物語 (0)
最新ランキングはこちら (1)
路地ランキングについて (1)
日々のこと (16)
千代田区 (10)
中央区 (13)
港区 (11)
品川区 (6)
目黒区 (2)
渋谷区 (15)
新宿区 (20)
中野区 (18)
文京区 (9)
荒川区 (5)
豊島区 (7)
江東区 (3)
台東区 (9)
墨田区 (5)
大田区 (2)
世田谷区 (5)
杉並区 (13)
練馬区 (1)
板橋区 (3)
北区 (5)
足立区 (1)
葛飾区 (0)
江戸川区 (1)
都下、その他 (53)
未分類 (2)

最新トラックバック

フリーエリア